★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ペ・ヨンジュン、韓流後輩チャン・グンソクに助言"作品は裏切らなくて"
2012年04月03日 (火) | 編集 |
俳優チャン・グンソクが先輩ペ・ヨンジュンから暖かい助言を受けた。

チャン・グンソクは最近ソウル、小公洞ロッテホテルで開かれたKBS 2TV新月火ドラマ'愛の雨'(脚本オ・スヨン. 演出ユン・ソクホ. 製作ユンスカラー)製作発表会でペ・ヨンジュンとのエピソードを言及した。

この日チャン・グンソクは同じ韓流スターとして先に韓流市場を切り開いたペ・ヨンジュン、ソン・スンホンなどを言及するとすぐに"私が今その方らに対してむやみに話すことができる位置ではない"と明確に線を引いた。

引き続き"ペ・ヨンジュン先輩に偶然に会ってユン・ソクホ監督作品を撮った助言を聞いた"として"ユン・ソクホ監督がしようというとおり俳優がよくついて行った時その結果が絶対裏切らないこととした"と助言を受けた事実を伝えた。

ペ・ヨンジュンはKBS 2TV '冬のソナタ'を通じてユン・ソクホPDと縁を結んだし以後韓流スターで背伸びする出発点になった。 チャン・グンソクもまた、ユン・ソクホPDの'愛の雨'を通じてペ・ヨンジュンの軌跡と道を共にしている。 すでに韓流市場に認知度を構築したチャン・グンソクはペ・ヨンジュンよりもう少し有利な位置で開始をするという点が少し違う。 だが、ユン・ソクホPDに会ってペ・ヨンジュン以上の位置づけを固めることができるかはもう少し今後を見ることだ。

これに'愛の雨'に臨む彼の覚悟は格別だった。 この日チャン・グンソクはその間SBS '美男ですね'やKBS 2TV 'メリは外泊中'と同じようにロマンチック コメディ(ロコ)を主にとって正劇指向の正統メロに挑戦することに対して"最近ドラマ指向がそうした。 'ロコ'ジャンル自体があまりにも面白味はあるが'愛の雨'のようなドラマは私に成長できるドラマになるようだ"と答えた。

また"若くてキャラクターが強い性格の漫画のような役割よりは正劇のこういうキャラクターを通じて、また、先輩俳優等を見てはるかに習うことができるのが多いそうだと考えた"と付け加えた。 引き続き万能エンターテイナーキャラクターとして自身の強い性格がキャラクターにあらわれないようにすることが自身がずっと解いていかなければならない宿題と強調した。

劇中チャン・グンソクは1970年代純愛的な愛を描く多情多感な性格の美術学もソ・イナ役と現時代の仕事と愛に自由奔放なフォトグラファーでありソイナの息子ソジュン役を担った。 中年のソ・イナ役はKBS 2TV 'ブレイン`で熱演したチョン・ジニョンが引き受けた。

'愛の雨'は1970年代アナログ時代の純粋だった愛の情緒と2012年デジタル時代のトレンディーな愛の方法を同時に塀は総20部作の正統メロドラマで時代と世代を越えて愛の本質を扱った。

ドラマ'秋の童話' '冬のソナタ' '夏の香り' '春のワルツ'などで韓流ドラマ熱風の始めを開いたユン・ソクホ監督と'秋の童話' '冬のソナタ'を一緒にしたオ・スヨン作家の10年ぶりの出会いで注目された。 チャン・グンソクは少女時代、ユナとともに初めての呼吸を合わせた。

[マイデイリー 2012-03-30 18:20] 元記事はこちらから

20120403-5.jpg

※最後まで監督を信じてついていけば作品は裏切らないかあ。日本では大ヒットが約束されているようなもの、確かにそうかもですね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。