★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 現場で話すドラマ成功の法則ベスト3
2012年04月03日 (火) | 編集 |
放送会社が最も神経を多く使うのはメイン ドラマの視聴率だ。 視聴率は広告収入を決定するバロメーターで各放送会社の命運が走ったといっても過言ではない。 最近総合編成チャンネルはTV朝鮮が100億以上を入れた大作<韓半島>の失敗で放送戦略の大幅修正に出た。 このようにドラマ視聴率は放送会社運営に大きい影響を及ぼすのが事実だ。 現場製作者が話すドラマ成功の法則が別々にあるだろうか。 製作者が共通して話すドラマ成功の法則三種類を取り出した。

■なる性呼んだ原作を捉えろ

30%を越える視聴率を記録しながら幕を下ろしたMBC水木ミニシリーズ<太陽を抱いた月>は作家チョンウングォルの同名小説を原作にする。 チョン作家はKBS2 <成均館スキャンダル>の原作の<成均館儒者の毎日>を書いた主人公だ。 製作会社のパン・エンターテインメントパクドンア会長は“2年前から原作を買ってこの作品を準備してきた”としながら“才気溌剌な原作を土台にした几帳面な台本作業が成功要因”と話した。

パン・エンターテインメント側が5月放映を目標に準備中のドラマ<カクシタル>(KBS2)も有名漫画がホ・ヨンマン画伯の作品を原作にしたドラマだ。 100億ウォンが投入される大作ドラマというものも話題だがすでに漫画で検証受けた作品という点で目を引く。 すでに<銭の戦争>でも<大物>等ヒットドラマの原作者の漫画家パクイングォンは“現在の連載中の漫画はもちろん企画しておいた漫画らまで放送会社らと原作版権を置いて交渉中”と話した。 放映中のSBS週末劇<バカ ママ>も作家チェ・ムンジョンの同名小説を原作にしている。

原作は国内作品に限定されない。 ケーブルチャンネルtvNで放映されて好評を受けた水木ドラマ<一年に十二男>はドイツ作家マルチナ パウラの同名小説を原作でした作品だった。 これのために各外注製作社はいわゆる‘ストーリーハンター’で呼ばれる職業群が登場した。 これらは国内で出版される小説や漫画、オンラインに連載中の漫画に至るまでドラマ化するほどの作品を選別する役割を受け持つ。

■子役俳優で始めなさい

最近ヒットした<根深い木>と<太陽を抱いた月>などのドラマは子役俳優たちの演技が大きい話題を集めた。 <根深い木>でハン・ソッキュの子役で登場したソン・ジュンギや<太陽を抱いた月>でキム・スヒョンの子役を引き受けたヨ・チングが彼らだ。 子役俳優らの人気のために本来ドラマ主人公の成人演技者が負担を感じるほどであった。 放送関係者では優れた演技力を持った子役俳優の起用がドラマ成否を罪右するという公式ができた。

このような公式を後押しでもするように最近激しい三巴戦を払っている放送3社水木ドラマは全部子役を前に出している。 MBC <ザ・キング トゥハーツ>と、またSBS <屋根裏部屋の皇太子>、KBS2 <赤道の男>などは子役の分量で差があるだけ劇序盤子役を前に出して注目つかみに出た。 これらドラマの中<赤道の男>でオム・テウンの子役を引き受けたイ・ヒョヌとイ・ジュニョクの子役を引き受けたイムシワンは目につく演技ですでに視聴者たちの視線をひきつけている。 <屋根裏部屋の皇太子>でも皇太子パク・ユチョンの幼い時期を演技中であるチェ・ウォンホンと世子嬪役人チョン・ユミの子役キム・ソヒョンなどが目を引く。

放送作家チュ・チャノク氏は“ドラマに子役らを登場させて成功を収める例が多くなりながらドラマ企画団界から子役俳優を念頭に置いてシノプシスを作る傾向”としながら“一部演技力が優れた子役はキャスティングの標的になっていて最近ではアイドル歌手らを子役で前に出して序盤機先制することに出たりもする”と分析した。

■おばさんを動かせ

これ以上この土地のおばさんたちはどん詰まりドラマに執着しない。 最近30%内外の視聴率を記録したドラマらの視聴層を分析してみれば30~40代おばさんたちが圧倒的に多い。 <朱蒙>などを書いた放送作家チョン・ヒョンス氏は“最近チャン・グンソク、ソン・ジュンギ、キム・スヒョンなど俳優らの人気の後にはおばさんファンたちの熱烈な支持があった”としながら“ドラマが大部分日本に輸出される傾向なので日本の30~40代おばさんファンたちの好みを考慮しなければならない”と話した。 ドラマ製作社のエスピスのイム・フン代表は“最近おばさんファンたちは完成度の高いストーリーを持ったドラマを好む”としながら“女性観客らの記号と欲求、自信をコンテンツに反映するのを越えてドラマ的な新鮮さと硬いナレーティブも整えなければならない”と話した。 視聴率30%を行き来しながら人気を得ているMBC週末ドラマ<ノンクルチェ転がり落ちてきたあなた>が良い例でキム・ナムジュとユ・ジュンサンのキャスティングと日常の感動を引き出したストーリーなどでおばさんたちの支持を得ている。

新春ドラマ市場は大型の大作らを相次いで編成しながらより一層熱くなるものと見られる。 製作者や放送作家らの経験論で沸き出たドラマ成功の法則に従うならば視聴率の底をさ迷う収穫を作る愚を冒さないだろう。

[スポーツ京郷 2012-04-02 20:05] 元記事はこちらから

20120403-1.jpg 20120403-2.jpg

※30~40代が熱いのは日本も韓国も同じなのか。でも日本ペン好みに合わせようとするのは超危険な気もするけどなあ(爆)。

某ドラマはますますお気の毒なことに・・・。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。