★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 不振'愛の雨'側"情緒過剰認定、4回反転妙味"
2012年03月29日 (木) | 編集 |
期待以下視聴率で嘆きを吐きだしているKBS 2T V間月火ドラマ'愛の雨'が会心の一撃を狙っている。

去る26日初放送された'愛の雨'は1,2回続けて5%台視聴率に留まって同時間帯びり成績をおさめている。 6年ぶりに新作を持って帰ってきたユン・ソクホPDをはじめとする製作スタッフ立場では衝撃的な成績表だ。 '展開が過度に遅くてかたくなだ'という指摘と'美しくて優しい'という好評が交錯する中で製作スタッフは失意に陥るよりは腰のベルトをきつくしめる雰囲気だ。

28日午後KBSドラマ局関係者はOSENに"視聴率成績が思ったよりとても低く出てきて内部的にも驚いてたくさん惜しい状態"として"どうしてもはやくて刺激的なドラマらに飼い慣らされた視聴者たち立場で多少遅い展開速度や感情過剰に適応が容易ではないようだ。 ユンPDをはじめとする製作スタッフが今後演出の部分に対して十分に議論していると変化があるだろう"と話した。

また"4回最後の部分で2012年で時代が転換される"として"70年代を抜け出して現在にくることになればさらに多い視聴者たちの共感を得ることができることだと見る。 時代が変わりながら引き下げ(チャン・グンソク扮)とユニ(ユナ扮)が中年のイナ(チョン・ジニョン扮)とユニ(イ・ミスク扮)に変わって、これらの息子娘でチャン・グンソクとユナが新しく登場しながら反転の妙味をプレゼントできることと考える"と伝えた。

'愛の雨'は4回末2012年で転換されながらジュン(チャン・グンソク扮)とハナ(ユナ扮),そして中年のイナとユニの交錯したメロが本格始まる。 結局2012年の反転ストーリーのために70年代という布石が必要だったわけだ。 話題を集めた日本北海道ロケ分量も電波に乗ることになる。

関係者は"情緒の過剰的な部分に対する指摘も謙虚に受け入れて現代にきては明確に変わった話を見られるから期待して欲しい"と付け加えた。

[OSEN 2012-03-28 17:13] 元記事はこちらから

※うんうん、中年パート期待期待^^

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。