★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 '愛の雨',チャン・グンソク分からない中年胸まで濡らした秘訣は
2012年03月29日 (木) | 編集 |
KBS 2T V間月火ドラマ'愛の雨'が中年らの胸に響いている。 小雨に服ぬれるという話のように劇全般に位置したわずかなアナログ コードが70年代の郷愁を刺激して中年の胸を濡らして出すこと。

去る26日初放送された'愛の雨'は27日2回まで70年代大学キャンパスを背景にその時代青春らの夢と愛を描き出している。 今見ればやぼったい別名'青青ファッション'にギター一台だけかつげば格好よかった時期だ。 きれいにとかしておりたストレート髪と膝の長さフレアースカートが女子大生らの美徳とも同じその時期、愛に喉がつまって音楽に命を賭ける青春らの苦闘が画面をいっぱい満たす。 40代から5,60代の中年視聴者たちが膝ポンとたたくようにさせる復古コードが'愛の雨'を見る大きい面白味の中の一つ。

これはユン・ソクホPD特有の感覚的な映像美を通じて水彩画のように美しく具現されている。 DJがあった音楽喫茶店、ギターが並んでいた古めかしい悪気象、夜を明かすこと知らずにマッコリ杯を分けて飲んだ祭り酒屋まで... あちこちに思い出があって跡が生きている。 小さいこと一つ一つまで時代の感じをよく生かした復古風衣装らやはり中年らの注目をひきつけるポイント.

今世代ら立場ではやぼったくても友人のために愛をあきらめようとするイナ(チャン・グンソク扮)や好みながらも真心を隠して胸焼けをするユニ(ユナ扮)の感情のようなものらやはりその時代を生きた青春らならば共感するほどの大きな課題。 これを演技するチャン・グンソクという俳優が誰なのかはよく分からないがあたかもその時の私の姿のように感じて感情を移入することになる理由だ。

このために'愛の雨'鑑賞評ら中には中年視聴者たちの意見が唯一目にたくさん浮かぶ。 視聴者掲示板と関連記事コメントなどには中年視聴者たちの格別な所感が次から次へ上がってくる。 "過去の思い出が浮び上がる","私もあんな時期があったが...","のようにギター習ったその友人がまた見たい","ユナは70年代メイクィンが生まれ変わったことだけ同じだ"とする式だ。

さらに昨年までTVとドラマを強打した復古症候群おかげで10代、20代若い世代らまでもその時期に対する好奇心が荒々しい状況。 どこか古くてやぼったい、少しは苦しいご両親世代の情緒や文化を拒否するよりは理解して受け入れようとする開かれた態度だ。 このようだから'愛の雨'中数多くの復古コードと旧式の話は十分に若い世代らまで食い込むことができる状況だ。

[OSEN 2012-03-28 07:57] 元記事はこちらから

※狙い通り中年視聴者には好評!でも普通の中層年層方々は光と影を見ているものと思われ。。。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。