★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 不振‘愛の雨’視聴率5%理由調べてみると..
2012年03月28日 (水) | 編集 |
新しい月火ドラマ‘愛の雨’の歩みが尋常でない。

初回5.8%という衝撃的なスコアにも上昇どころか一桁数の視聴率で固定化される兆しを見せている。 視聴率20%台の中パク作らと正面対立して苦戦をまぬがれなかった‘進呈し2’よりも低調な成績だ。

このドラマと同時間帯放映中である作品は‘ファッション王’と‘光と影’で‘光と影’が20%の壁を越えて常勝疾走しているけれど単純に先行獲得した中パク作と正面対立して敗れたという代診理由を上げるには無理がある。 ‘光と影’と‘愛の雨’という脈を別にするドラマで視聴ターゲットが違う。 結局‘ファッション王’と持分を分けなければならないがやはり一桁数の視聴率で苦戦中である‘ファッション王’との正面対決でも敗れた。

それなら傑出した韓流スターの出演にも‘愛の雨’が沈滞一路を歩くことになった理由は何か。 初めからこのドラマの記録的成功の可能性は低く評価された。 季節シリーズ以後で脈が切れた叙情的メロというジャンルがファンタジーと膜贓物の勢力拡大で一層過激になって溌刺としたテレビ劇場で通じるかはクエスチョンマークに残った。 そしてクエスチョンマークは終止符になった。 70年代感性だと包装された遅い呼吸が大衆の早い呼吸をついて行くことができないのだ。 洗練された映像美と絶妙の選曲センスで代表される演出で緩く流れる遅々と進まない展開とキャラクターらの足踏みを克服することは力不足だった。

遅さの美学を表現するには共感形成も不足した。 過去の主人公のイナ(チャン・グンソク)はユニ(ユナ)に一目惚れするがやはりユンヒを片思いする友人ドンウク(キム・シフ)のためにユンヒをあきらめる。 それだけでなく自身の感情を隠そうとユンヒの真心を冷遇してドンウクと恋人になったユンヒに祝うという挨拶まで渡す。 唯我独尊に直接的な現ドラマの中男主人公らには想像もできない姿で視聴者たちがイナの行動に共感できない状況で遅い呼吸の展開を継続するのは退屈さをかもし出すだけだった。 ナレーションを通じてイナの感情だけが表現されただけ動きの理由までは描写されなかった。

幸い反転ポイントはある。 2回の末を数を数えたのはユニに向かったイナの切ない告白が主となった3回の予告篇で友人ドンウクにユンヒを放棄できないという意見を明確にするイナの姿が水の流れの変化を予告した。 合わせて2012年現在に達してふっくらと飛ぶ20代らの恋愛談を表わす予定で以後展開に対する気がかりなことを高めさせた。 1人2役を消化することになるチャン・グンソクとユナが自然に現在と過去を繋げるかがカギ. ‘愛の雨’の航海は今から開始だ。

[TVリポート 2012-03-28 07:00] 元記事はこちらから

※愛の雨第2話視聴率は5.2%と小幅減少、一方ファッション王は9.6%小幅上昇で光と影は23.2%と安定。厳しい闘いですね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。