★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 “兄さんおられたところならばどこでも!”取材陣になりたかった過激ファン無理な方法
2012年03月27日 (火) | 編集 |
"兄さんがおられたところならばどこでも!"

写生ファンを囲んだ論議が大衆を一回さらって過ぎ去った。 しかし相変らず道を行き過ぎた行動で物議を買うファンたちはどこにでも存在した。

最近ソウル、ソウル、中区、小公洞ロッテホテルでKBS 2TV '愛の雨'製作発表会が熱だった。 この日ユン・ソクホPDをはじめとしてチャン・グンソク、ユナ ソイン国などうまく行くトップスターが大挙出演して取材陣らの取材開くは期待以上だった。 製作発表会を総括する関係者やはりこのような熱い反応を予想して広い場所で多くの座席数を確保しておいた状態であった。

'愛の雨'関係者は製作発表会が開かれる何日か前から写生ファンをはじめとする一部過激ファンが入場することを防ぐための方針で取材陣の名簿と出席人員数等を正確に調査した。 人気スターらのファンたちが騒動を起こして重要な地位を'ファンミーティング'で転落させることを防ぐためのものだった。

幸い製作発表会当日行事場所の前には多くのファンたちが訪ねてきたが行事場所の中までは入場できなかった。 'PRESS'や'VIP','STAFF'と書かれている非票を持っている人々だけが立場可能だったためだ。 ものものしい警護と事前調査などでファンたちの出入りを早目に遮断した。

それにもかかわらず、行事場所に出入りに成功するファンたちは一つ二つずつあった。 自身を記者だとあざむいた後に票を勝ち取ったこと。 これらは記者らの間で性能がよいカメラで自身が好むスターらを取り始めた。 自身が好むスターが召し上がった側を見つめてくれれば手をむやみに振って喜んだ。 幸い大声を出すことはなかった。

しかしこれらが記者ではないということははっきりとらしくなった。 製作発表会取材を来た記者たちの場合DSLRでもビデオカメラで映像をとる記者はいない。 DSRLではスチールカットだけとって、映像は最高6mm以上を使うことが大部分だ。 こういう状況を分からないファンたちはビデオカメラを押しこんで自身が好むスターらにズームを引き始めたしさらに"ここにちょっと見て下さい~"として大声を出して笑うこともした。 自分たちが記者に変身して完全に潜入したと考えるようだったが周辺にあった取材陣は"ファンなのにだまして入ってきた"として水芹した。

これに対して'愛の雨'関係者は"ファンたちの出入りを遮断するために努めたのにこっそりと入ってきた一部ファンたちがいた。 後ほどには発覚して追い出した"として"この頃にはファンたちも高段者なので行事場所出入りを止めるのがなかなか難しいことでない"として舌を巻いた。

[ニュースエン 2012-03-27 09:40:55] 元記事はこちらから

20120327-5.jpg

※日本人もいるのかなドキドキ(爆)。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。