★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 [SSの目] '愛の雨'初放送、ユン・ソクホの自信通じるだろうか?
2012年03月27日 (火) | 編集 |
"6年の間遊ばないことを証明する。"

'秋の童話','冬のソナタ'を誕生させたヒットメーカーユン・ソクホ監督の新作KBS2 '愛の雨'が26日夜初放送される。 韓流スターチャン・グンソクとユナの出会いでも話題を呼びおこしたこの作品は放送開始前から国内外の熱い関心を一体に受けている。

だが、競争作らの善戦も侮れない。 MBC '光と影'はすでに放送中盤を越えて20%台の安定した視聴率を確保している。 またSBS 'ファッション王'は'愛の雨'より一週早く初放送を始めて派手な映像美で視線追求に成功した。

そうした中で'メロの大家'ユン・ソクホPDが月火劇戦争に出場意向を示した。 2006年'春のワルツ'で四季連作シリーズを終えた後何と6年ぶりの復帰作。だが'春のワルツ'が視聴者たちの共感を得られないまま放映終了しただけに今回の'愛の雨'に対する憂慮も少なくない。 ユン・ソクホ版感性メロが2012年にも通じるかという疑問だ。

これに対してユン・ソクホPDは最近開かれた製作発表会で"四季シリーズのコンセプトを固守しようとすれば時代がアンバランスなって後半には呼応が落ちたのが事実"としながら"どん詰まりドラマなど強いドラマが大勢を成し遂げる風潮で四季シリーズのような作品を出来ないと思い悩みが多かった"とその間の苦衷を明らかにしたことがある。

そして6年間の苦心の末に誕生した作品がまさに'愛の雨'だ。 この作品は70年代と2012年現在の話を同時について行く独特のストーリーテリングでユン・ソクホ特有のアナログ的な純粋な感性とトレンディーなロマンチック コメディが結びついた風変わりな構造を持った。

ユンPDは"トレンディーなのと私の年に合う中年メロを考える'愛の雨'に会った。 したかったお話を全部収容できる話なのでうれしかった"として"70年代の話は四季シリーズのような純粋さを入れたし現代では'感じ','明日は愛'のような軽いロマンチック コメディの感じがある"と魅力を明らかにした。

以前になかった風変わりな構造が難しくないかという質問には首を横に振った。 彼は"新しさとなじむということが皆交わって良い反応が出てくることと期待する"としながら"'愛の雨'という急に準備したのではない。 6年の間遊ばなかったということを証明するとみられる"と強い自信を明らかにした。

また、ユンPDは"オ・スヨン作家とは1994年ドラマ'感じ'で初めて会って四季シリーズを一緒にして呼吸がよく合う"としながら"立派な台本、硬い俳優らと作品を一緒にしてうれしい。 長く待って下さった視聴者たちを失望させないためにすべてのエネルギーを注ぎ込む"と覚悟を伝えた。

ドラマ韓流の出発点で見ることができる'冬のソナタ','秋の童話'を作り出したユン・ソクホ監督。 彼が6年の長考のあげく野心に充ちるように出した'愛の雨'で名誉回復ができるのか成り行きが注目される。 '愛の雨'は26日夜9時55分KBS2を通じて初放送される。

[スポーツソウル 2012-03-26 08:06] 元記事はこちらから

※数字はひとつの目安に過ぎませんが初回視聴率気になります。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。