★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 チャン・グンソク-ユナ'愛の雨',ユン・ソクホPD式メロ通じるだろうか?
2012年03月26日 (月) | 編集 |
最高の人気を享受している男女青春スターがブラウン管を攻略する。 来る26日初放送するユン・ソクホPDの新しいドラマKBS 2TV '愛の雨'で恋人演技をするチャン・グンソクとユナがその主人公だ。

韓流熱風を先導しているアイドル スターがドラマを通じて演技に挑戦するのはもうありふれている物事になった。 '愛の雨'と同時間帯競争を広げるSBS 'ファッション王'にはユナと同じグループのクォン・ユリが出演して同じグループの二人のメンバーが視聴率を競う興味深い状況を演出する予定。

去る21日初放送したSBS '屋根裏部屋の皇太子'のパク・ユチョン、同時代競争作MBC 'ザ・キング2ハーツ'のイ・スンギはそうそうたる韓流スターらの演技対決を観覧するかなり良いことを提供している。

話題作があふれ出る状況でも'愛の雨'が特別な関心を得ているのはトップ青春スターの同時キャスティングとスターPDユン・ソクホに対する関心と説明される。

20120326-2.jpg



◇ 'グンチャン'と'少女時代'が会った

日本で最高の人気を享受している'グンチャン'チャン・グンソクと少女時代、ユナの出会いは国内だけでなくアジア地域ファンたちの熱い関心を呼び起こした。 22日開かれた'愛の雨'製作発表会場には国内外言論が大挙出動して人だかりを成し遂げることもした。

子役出身でこまめに経歴を積んできたチャン・グンソクは演技者と同時に日本国内最高の人気歌手で活躍中だ。 彼はSBSドラマ'美男ですね'が日本で大ヒットをおさめた後成功的な日本進出を成し遂げた。

ドラマを通した韓流熱風の開始点に立っている俳優ペ・ヨンジュンもやはりユン・ソクホPDのドラマ'冬のソナタ'を通じて日本国内トップスターに浮び上がったことがある。 しかしすでに日本国内最高の青春スターで位置づけたチャン・グンソクは反対にドラマの興行に大きい役割をするものと見られる。 '冬のソナタ'が'ヨン様'を作ったとすればチャン・グンソクは存在自体で'愛の雨'の人気を担保するわけだ。

ユナもやはり少女時代活動と演技歩みを併行して成長している。 特に去る2009年放映終了したKBS 2TV '君は私の運命'を通じて世代を合わせる認知されて女アイドル スター中目につく演技者変身を成し遂げた。

ユン・ソクホPDは秋の童話・冬のソナタ・夏の香り・春のワルツをつなぐ'四季シリーズ'を通じてメロドラマの大家で名前を高めた。 彼のドラマに出演した女主人公は全部大きい人気を得てトップスターの座を守った。 ソン・ヘギョとチェ・ジウ、ソン・イェジンが代表的だ。 ユナがこれらをつなぐブラウン管の女神に新たに出られるかも見守るに値する。

◇ユン・ソクホPD式メロ、呼応を得るだろうか

ユン・ソクホPDは'四季シリーズ'を通じて催涙性メロがブラウン管でも通じる可能性があることを見せた代表的演出者だ。 叙情的で繊細な映像美で愛されてきた彼のドラマは初恋の切なさ、純愛的愛を描いて一貫した色を守ってきた。

'愛の雨'は単純な初恋を越えた時代を超越した愛を描いた。 チャン・グンソク・ユナとともにこれらの中年の姿を演技するチョン・ジニョン・イ・ミスクのメロ演技も注目するに値する。 均衡感あるキャスティングは多様な世代の視聴者たちが関心を持つほどの要件でもある。

しかしひたすら安心することはできない。 ユン・ソクホPDのドラマが持った吸引力は新派と大衆性の間に留まっている。 郷愁を刺激する叙事と感性的な演出は多くの視聴者たちの涙腺を刺激したがそれが必ずドラマの成功につながるのではない。

最近ブラウン管を掌握したことはフュージョン史劇やコミック ロマンスなどピョンピョンはねる新しいジャンルのドラマらだった。 こういう状況で真剣で弱々しい正統メロが多い視聴者たちをひきつけることが出来るかは誰も大言壮語できない。 '四季シリーズ'の最近作'春のワルツ'が前作らに比べて振るわない成績をおさめたという点もこれを後押しする。

'愛の雨'が男女アイドル スターの力量をまともに発掘してユン・ソクホPD式名品メロの系統を引継ぐのか関心が集まっている。

[ジョイニュース24 2012-03-22 18:24] 元記事はこちらから

※ユンソクホPDならではの良さとも言える叙情性、空気感、ゆっくりとした時の流れが、情報と刺激を受ける気満々の原題っ子に果たして受け入れられるのかは謎。70年代を再現するヘアスタイルやファッションの気恥ずかしさも素直に萌え~とはいかないマイナス要因だったりしてわたしは脱落寸前です。。。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。