★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ポン・テギュ"免除? 結婚? 活動中断本当の理由は.."(インタビュー)
2012年03月25日 (日) | 編集 |
ポン・テギュは一時忠武路で最も上手く行く20代個性派俳優であった。 2000年映画'涙'でデビューして以来シチュエーションコメディでコミック イメージを得てドラマと映画を行き来して猛活躍を広げた。 CFなしで出演料でだけ高収入を上げる幾つにもならない俳優であった。

そうしたポン・テギュが2008年映画'カルジギ'以後スクリーンから消えた。 ドラマにカメオで登場して、演劇舞台に立っただけだ。

その期間ポン・テギュは痛かった。腰痛が悪化して鉄心を6個打ち込む手術をした。 心も痛かった。 2010年お父さんが突然に亡くなった。 ポン・テギュは家に閉じこもって自ら叱責して自身を見て回った。

ポン・テギュが帰ってきた。 15日封切りする'青春クラブ'はヒップホップグループでデビューを夢見た青春が3年ぶりにセックス テープがあるという言葉に一緒に集まりながら広がることを描いた映画. ポン・テギュはヒップホップグループで成功するのを夢見て信じた同僚に背信に合った後ごみ箱のような作業室で色あせた夢を捕まえている役を担った。

ポン・テギュは'青春クラブ'を3余年前に撮った。 映画には20代最後の際でさまよったポン・テギュがそっくり含まれている。

コミック俳優ポン・テギュは'青春クラブ'にいなかった。 そのまま、'ア! ポン・テギュという演技を上手くする俳優がいたんだよね'と思い出させるようにさせる。 4年の間積もった話を長く分けた。

20120325-7.jpg


-いつ提案を受けたか。

▲ 2009年だった。 演劇を準備している間書いた予算なのに良いシナリオがあるという声を聞いた。 既に私がしたキャラクターと違って良かったし、成長映画をしてみたかったし、そのような話を音楽で解いて良かった。

-イメージ変身が必要だったという意なのか。

▲イメージ変身だというよりは違うものもすることができるのに見られるのはコミックらしいことしかないようだった。 違うものもできるとのことを見せてあげたかった。

-コミカルなイメージで20代を休むということなしで疾走したのに。 そのようなイメージを持つようになったのが嫌いだったか。

▲人生はタイミングのようだ。 シチュエーションコメディをして'屋根裏部屋の猫'をして'グァンシクの弟クァンテ'をして'放課後屋上'をした。 こういう作品がうまくいった反面'浮ついた気持ちになった家族'でも'家族の誕生'を記憶する方々は多くない。 熱心にしたことを後悔するよりはタイミングがそうしたようだ。 '青春クラブ'はそのような悩みが頂点だった時に会った映画だ。

-ヒップホップ青年を引き受けながら懇意な間のタブロに助言を求めたといった。 偶然にもタブロが学歴論議で大変だった時とポン・テギュが活動を中断した時と時期が重なるけれど。

▲そうした。 タブロ兄とは互いに好きな映画が同じであることを知ることになりながら親しくなった。 ブロ兄がしばらく大変だった時そのまま兄の家に行って遊んだ。 すぐに前の家でもありしてあげられるのがそれしかなかったし。 私がお父さんが亡くなって大変だった時ブロ兄もそのように出てきて遊んだ。

-長い間活動を中断した理由は痛かったためなのか、でなければ他の理由があったか。

▲痛かったことも大きかったし、お父さんが亡くなった後心を取りまとめることも大変だった。 お父さんは私を常に職場通う姉の夫らと比較されて心配された。 このように俳優をしていても職業人と認定を受けられなかった。 それでお父さんを避けて通ったりした。

ところでお父さんが突然に事故で亡くなった。 初めにはママが単純な事故をオーバーで話すものと思った。 見慣れない声に電話がきて'今運転しているか。 驚く場合があるので運転するな'という声を聞くとすぐにはじめて信じられた。ずっと自ら叱責することになってそれと共に私を見て回ることになった。

-これからまた活動を始める程心をチュスロンナ。

▲ 5日'青春クラブ'記者試写会に行くともう時になったようだという考えがはじめて入ったよ。 以前のようならば記者試写会前日に夜中緊張したが少しもそのような心が聞かないでまだ準備にならなかったか欄考えもしたが。

-ポン・テギュはその間リアクションよりアクションが良い俳優であった。 他の人の演技を受け入れることよりは自分がとして上がるのがさらに重要なように見えたが。 今回の映画はちょっと違ったようだ。 相変わらずの部分もあるが。

▲合う。 演劇をしながらはじめて本当に良い俳優はアクションよりリアクションが良い俳優ということを知ることになった。 それ以前には全力をつくしてこそ上手だと思った。 先輩たちがみな受け入れたのも知らずに。 それで'青春クラブ'をする時はビョン・ソンヒョン監督様に私が後輩ら(クァク・ジミン、イ・ヨンフン)の演技をみな受け入れるといった。 それでも変わらない部分があってすねることもできるとそれでくれといってくれといった。

-ポン・テギュも'青春クラブ'で引き受けた役のようにコンプレックスの塊りなのか。

▲そうでしょう。 過去の私は'なる'という話を一度も聞いてみたことがなかった。 他の俳優がオーディション100度落ちたという話もうらやましかった。 顔写真見てプロフィールから落ちるとオーディションをする機会さえなかった。 徐々に名前が知らされながらはポン・テギュは主人公をしてみたことがないからならない、主人公をし終えるとチームトップ映画はならない、チームトップをしたところコメディの外にならないというという声を聞いた。 私が欲が多かったことも私が私を責め立てるためであった。

-今のポン・テギュはどうなのか。

▲長く休みながら余裕ができたようだ。 あくせくする理由がなかったよ。

-椎間板ヘルニアで軍免除を受けた。 党合併した理由だが軍問題はあまりにも鋭敏だからそれのためにも活動再開が用心深いと思うと。

▲痛かった時も用心深かった。 それでリハビリ運動で治療をするつもりだった。 ところでますます悪化しながら医師が手術をしなければならないといったよ。 鋭敏な問題であることは合うようだ。 私のような人よりは私のようでない人がはるかに多いのが事実ならば。

-活動を再開すればある人々は腰があのように完全だが軍隊の免除を受けたという話をいうこともできる。 アクション映画に出演したり'カルジギ'のように精力の象徴同じ役割をするならばそれを持って言葉尻を捉えることもつないで。

▲そのような考えまではしてみることができなかった。 そのような憂慮のために作品選択に邪魔になるのか,私自ら検閲をすることになるのか、よく分からない。サジ

-'青春クラブ'のエンディングが新鮮だったが。 普通成長映画とは違った結末が印象的なのに。

▲ややはりそうだ。 この映画は夢のために走らなければならないが、現実と妥協しなければならないかを尋ねる映画だ。 そして現実と妥協しても悪いのではないと話す。 私も同じだ。 与えられた状況に最善を尽くしてあせらないというという考えをするようになった。

-以前には何かをしなければならなくて何かを成し遂げなければならないという欲が相当したが休む期間多くのことを下ろしたようなんだけど。

▲みな下ろしたのではない。 ただ20代の時肩にのせたものなどを下ろした。 俳優ポン・テギュと人間ポン・テギュが違えばならないと考えたがいつのまにかかなり異なられたよ。 その積集合を探している。

-所属会社キーイーストと契約期間が直ぐ終わるけれど。

▲再契約することにした。 所属会社に本当に感謝する。 仕事を休んでいるのにも信じて待ってくれた。

-マラソンも止まって走れば私のペースを探すのが容易でない。 難しく主演まで上がったがもう助演をする事もできるし。 また走れるか。

▲走るべきだとすれば走りたくて、出来なければゆっくり行きたい。 マラソンで話せば私の目標は順位ではなくて完走だから。 助演ならばまた、どうなのか。 何の差があるか。

-ベッドシーンが上手だというイメージもあるけれど。 今回もイ・ヨンフンに助言をしたといって。

▲そのような誤解も前に解かなければならない宿題だ。 事実まともにベッドシーンを撮ったのは'浮ついた気持ちになった家族'だけだ。 イ・ヨンフンにはベッドシーンは頬打たれる演技と全く同じだといった。 とても女優を配慮すれば一度にOKが出ることをずっと続けることになると話した。

-長い間の恋人のイ・ウンと結婚の話をうんざりするように聞いたのに。

▲ 20代時はまだ計画がないといったが30代に入るまだ多くの年齢がないのでまだだと答える。

-次期作は決めたか。

▲まだ。 これからまたする気がしたとか努力してみなければならないようだ。

[マネーツディ 2012-03-08 13:32] 元記事はこちらから

※久々ポンテギュくんネタ~、といっても別室にも別記事アップしたんですが(こちら)。彼キーイースト所属でジフニの先輩にあたるんですね、イウンちゃんとこの先結婚する暁には当然事務所後輩として、そして宮の共演者としてジフニ、ウネちゃんも出席ということでまだと言わず早く決めて欲しいなあ。

互いの苦しい時期を支え合ったタブロくんとの友情にジ~ン。
コメント
この記事へのコメント
少女時代のレビュー
フォトブックが見たい
良い曲たくさんあり
国内シングル並みのお値段でアルバム
レビューを書いてプレゼント
http://item.rakuten.co.jp/koreatrade/c/0000000663/

2012/03/30(金) 14:28:08 | URL | 羽実 #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。