★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ミュージカル‘パリの恋人’、原作ドラマと違った点は…
2012年03月25日 (日) | 編集 |
全てのものを整えたが愛には下手な財閥男と貧しいがいつも屈しなくてしっかりしている女性のラブ ストーリーはドラマや映画のよく使われる素材だ。 ドラマ‘パリの恋人’も同じだった。 来る4月、‘パリの恋人’はブラウン管を越えてミュージカル舞台で波瀾万丈なラブ ストーリーを描き出す。

来る4月初演されるミュージカル‘パリの恋人’は2004年放映された同名のドラマが原作だ。 パク・シニャンとキム・ジョンウン、イ・ドンゴンなどが出演した‘パリの恋人’は当時50%の視聴率を記録したドラマで、‘赤ちゃん、行こう’ ‘この中に君がいる’等の台詞が流行語に浮び上がってその年最高のドラマで愛された。

演出はミュージカル‘ナイン’と‘ラ・マンチャの男’を各々日本およびブロードウェーとアルゼンチンに現れたグスタヴォ・ザジャクが引き受けた。 韓国での作業は‘屋根上のヴァイオリン’に続き二番目だ。

自作は21日午後ソウル、新道林洞ティキューブアートセンターで開かれたミュージカル‘パリの恋人’練習室公開現場で“ドラマ原作にミュージカルという生命を吹き込むために努力した。 良い俳優、良いプロダクションと共に仕事をすることになり感謝する”として“‘パリの恋人’が音楽および踊りと一緒にすればどんな姿であろうか期待する観客の想像に応じるために努力する”と伝えた。

引き続き“TVと公演は他の言語で表現するようだ。 今回のナンバーは私が劇場で聞いてみた音楽中最も美しい”として“20回分の長い分量の内容を2時間で圧縮しながら時間の流れは早くなったが、かえってさらに深く流れる”と説明した。

ミュージカル‘パリの恋人’はワルツとカンカン、タンゴを行き来してダンス音楽とクラシック、大衆歌謡など多様なジャンルが調和を作り出す。 パリ広場の噴水と上流層舞踏会、ソウル広場が舞台で実感できるように表現されて、15人組オーケストラが演奏を引き受けて生々しさを生かした。

自作は“フランスと韓国を一ケ所に描き出してあたかも映画を見たり旅行する気持ちを入るようにする予定”としながら“シナリオを初めて接するやいなや非常に立派なミュージカルになることと一気に考えた。 すべての立派な作品の中には‘シンデレラ’や‘ロミオとジュリエット’があるという話があるのに私たちの作品には二種類が全部溶けている”として自信を表わした。

ミュージカルのストーリーは原作とほとんど同じだが結末は多少新しい。 ドラマが全体がカン・テヨン(キム・ジョンウン)のシナリオだったとの結末で多くの誤解と残念な思いをしたことに比べてミュージカルはハン・ギジュとカン・テヨンのラブストーリーが現実そのまま成し遂げる結末で幕を下ろす。 だが‘赤ちゃん、行こう’ ‘この中に君がいる’等の台詞などディテールな要素はそのまま生かした。

‘私の心のオルガン’と‘美女は苦しくて’等をお目見えしたイ・ヒジュン作家が台本の責任を負って‘若きウェルテルの悩み’と‘ラジオ スター’等でなじんだク・ソヨン音楽監督が参加する。 来る4月5日から5月末日までティキューブアートセンターで公演されてイ・ジフンとチョン・サンユン、パンジンイ、オ・ソヨン、ランなどが舞台に上がる。

[クッキーニュース 2012-03-21 18:40] 元記事はこちらから

※ミュージカルはきっぱりハッピーエンドになりそうですねい。パリ恋はわたし的にかな~りはまったドラマ。スヒョクでなくジギュ派でまさかのパクシニャン氏に萌え~(失礼)、まだドラマの熱気溢れる当時のソウルでブタの貯金箱(かなり大きめ)を買ったことを思い出しました(遠い目)。

その割りにけっこう忘れてるんで余力が出たらいつかのために復習しておこう(>_<)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。