★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 'お茶の間新風俗図'史劇? ロコ? 表面だけ見て即断するな
2012年03月25日 (日) | 編集 |
最近ドラマが正体の分からない(?) 複合的なジャンルで人気を呼んでいる。

視聴率40%を渡して国民ドラマに登板したMBC水木ドラマ‘太陽を抱いた月’をはじめ後続作MBC 'ザ・キングトゥハーツ‘、SBS水木ドラマ’屋根裏部屋の皇太子‘など最近ドラマが一つのジャンルに事を決めることはできない特徴を見せている。

史劇の外皮を使っていた‘太陽を抱いた月’は当初から正統史劇と距離が遠かった。 正統史劇に通常的に現れるものである権力戦いがあったりしたが、結局はものすごい初恋に関するメロであり、政治もやはりそのメロをさらに劇的に作るための装置に不可だった。

ここに呪術と生と死を行き来するファンタジーがより増して魅力的なドラマが誕生した。

後続作‘ザ・キング’もやはり複合ジャンルがオウされた作品だ。 結局は抜いたした一人の男と結婚の心配が最優先である1人の女性の愛の物語がメインだが、その過程で立憲君主制という仮想設定と分断現実が薬味で登場して多少重くて真剣な政治ドラマのような雰囲気を漂う。 だが、実状は男女のどうのこうのが結局愛につながるロマンチック コメディに近い。

ドラマを演出したイ・ジェギュPDもやはり“事実はこの作品に対して何と説明するのか悩みが多かった”として“正体が分からなくて次に場を予測するのが難しい作品だ。 抱腹絶倒するコメディと切ない愛の物語、社会的な話が入れられた総合贈り物のような作品だ"と‘ザ・キング’に対して明らかにすることもした。

‘屋根裏部屋の皇太子’やはり史劇とタイムスリップ、ロマンチック コメディが結びついた曖昧な(?) ドラマだ。 ロマンチック コメディに、イガクという皇太子が現代に越えてくる設定がより増してドラマをさらに‘ドラマチック’にするようにさせていて、イガクが生きた時代が序盤描かれて史劇的な要素が登場することもした。

今は一つのジャンルで勝負した時代は過ぎていった。 すでに視聴者たちはジャンルの公式をとてもよく分かってしまったし、かなりの話には耳を傾けない。 視聴者たちの鈍感になった味覚を刺激するために今後も似合いそうでないジャンルらの混合しようとする試みは続くものと見られる。

[OSEN 2012-03-25 09:55] 元記事はこちらから

20120325-1.jpg

※やっと遅ればせ屋根部屋皇太子再放送で見てるんですがこれも面白い! コメディでもあるけどシリアス部分もしっかりでドラマ的重みも十分、水木はスマホ&PCでダブル視聴決定だあ(>_<) 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。