★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ミュージカルも韓-中-日 ワンアジア市場開かれる
2012年03月11日 (日) | 編集 |
CJ E&M公演事業部門キム・ビョンソク代表今年は創作ミュージカルにオールイン400億投資公演市場育てること

昨年興行トップ10に上がったミュージカル'ジキルとハイド' 'ゾロ' 'お嬢さんとごろつきら' 'キム・ジョンウク探し' 'キャッツ'の共通点は何か。 全部CJ E&Mが投資したり製作したミュージカルだ。

昨年3月1日公演、放送、映画、ゲーム事業部門が統合された'エンターテインメント恐竜' CJ E&Mの公式スタート以後公演事業部門を導いているキム・ビョンソク代表(47)に会った。 彼は公演界'最高の大手'だ。 2003年CJエンターテインメント公演事業部長で初めて公演と縁を結んだ後170編余りを投資・製作して成功も失敗も多く体験した。

そのような彼が今年描く大きい絵は'創作ミュージカルへのオールイン'だった。 昨年16編に投資、7編を自らの製作して歩幅を増やしたCJ E&Mは今年400億ウォンを投じて10編に投資して13編を自らの製作する。 この中7編が創作劇だ。 昨年成功した'ストリートライフ' '無作法なヨンエさん'再演をはじめとして新作'風月' 'パリの恋人'も舞台に上げる。

キム代表は"3年以上ボックス圏で停滞中である公演買い物をして2000年代中盤のように膨張できる妙案が何か悩んだ"とした。 彼は映画市場が1998年'シュリ'以後国産映画占有率が60%まで上がって爆発的に成長したところで答えを得た。 2500億ウォン規模の国内市場を2~3倍育てるためには結局創作ミュージカルの成功に答があるということだ。 海外市場攻略のためにも必要だ。 'オペラ座の怪人' 'キャッツ'が海外で金を儲けることにはならないためだ。

"20万人を動員する創作劇が出てくるならばそれが信号弾でないかと思います。 20万人ならば150億ウォン売り上げに50億~60億ウォンの付加価値を創り出します。 2~3年内そのような作品を3編程度作り出すのに来た力量を投じるつもりです。"彼は"あきらめなければ失敗作はない"として"大型創作劇が出てくるためには縁起、三手に挑戦できる体力がなければならない"とした。 リーディング-ワークショップ-トライアウトを経る長期間の開発過程と悩みが必要だということ。 地方市長成長の必要性も強調した。 このために10月ソウル公演をする'ハイスクール ミュージカル'は大邱のトライアウト公演を先にお目見えする。

このような構想は3年内に中国、韓国、日本が'ワンアジア'市場で統合される可能性を見たところでも始まった。 昨年CJ E&Mは中国、アジア洲煙槍と中国語バージョン'マンマミーア'を共同製作した。 北京、上海などで公演して売り上げ200億ウォン、30億ウォン黒字を記録した。 中国市場の成長は爆発的だった。 Kポップ熱風に力づけられて日本に進出した'美女はつらくて'も悪くない成績をおさめた。 アジア単一市場が熟していることだ。 今年はさらに積極的に出る。 10月'ストリートライフ'は大阪、'スリルミー'は東京で公演する。 'コーヒープリンス'は日本語で製作する。 CJ E&Mが共同製作した米国映画'オーガスト ラッシュ'はアジア市場攻略のためにブロードウェースタッフと力を合わせてグローバル プロジェクトで作っている。

"現在の大学路を中心に牛・中劇場創作ミュージカルはすごい完成度を見せています。 俳優もスタッフも能力が優れています。 ミュージカルは現在の英国、米国が主流だがこれからは経済的にも韓・中・日アジア市場で流れを越えてくるほかはありません。"公演進出10年をむかえたが大企業CJが資金力で市場を掌握するという疑い幼い注目は相変わらずだ。 彼は"公演製作は一企業が独断的にできない"としながら"お金も必要でクリエーターも必要で俳優も必要だ。 私たちの役割は市場を育てることでそうなると公演界皆が恩恵を受けるだろう"とした。

公演界の関心は大学路の初めての大劇場の'CJシアター'にも集中している。 各々1000席、500席、300席の大・中・小劇場を保有したこの公演会場が下半期開館すればCJは大学路小劇場3ヶ館、永登浦、中劇場1ヶ館を含んで7ヶ館を同時に運営することになる。 150億ウォンを後援して芸術の殿堂トウォル劇場をリモデリングした1000席規模CJトウォール劇場も年間3ヶ月運営権を得た。 12月開館以後には3850席を毎日満たさなければならないわけだ。

キム代表は"シャーロッテシアター、ティキュブアートセンター、ブルースクエアなど民間劇場と競争することになれば差別化されたサービスで観客にも肯定的効果があること"としながら"CJシアター、CJトウォール劇場二つの劇場は国内公演発展のための根拠地になるために創作劇中心に公演を上げる"と話した。

CJトウォル劇場開館作は'サルチョギ オプショイェ'だ。 1967年創作ミュージカル1号に上げられたこの作品を40年ぶりに生き返らせることだ。 創作ミュージカルに全力をのせるというCJ E&Mの真心を読むことができる選択だった。

[毎日経済 2012-03-11 17:02] 元記事はこちらから

20120311-1.jpg

※コプの日本版見るのが楽しみでもあり恐くもあり(爆)。スリルミー韓国版やるのかな。ジキルとハイドやゾロ、エリザベートとか大型韓国ミュージカルも日本で観られるといいのになあ(>_<)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。