★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ‘250億死活’チュ・ジフン→チョ・スンウくらっとした神の一手通じるか
2012年02月16日 (木) | 編集 |
神の一手、チョ・スンウはやはり通じた。

2月14日ミュージカル'ドクトルジバゴ'は2次チケットオープンで'エリザベート','光化門恋歌','ノートルダム・ド・パリ'来韓公演などを抜いてインターパーク前売り1位に上がった。 去年12月1次チケットオープンに続きまた再び1位を占めたこと。

これに'ドクトルジバゴ'製作会社側関係者は"作品に対する観客らの信頼と俳優チョ・スンウの力がより増してシナジー効果を出したようだ"とその理由を分析した。

チョ・スンウの'ドクトルジバゴ'出演は開始から彼の存在感ぐらい多くの期待と世間の話題を産んだ。 250億大作ミュージカルという死活の下、当初準備中のチュ・ジフンが声帯結節で中途下車して公演開始2週間前合流提案を受けたため。

その間ミュージカル俳優としては唯一無二にすべての作品ごとに最高の演技と驚くべき興行神話を見せたチョ・スンウなのでその肩の上に上げられた負担感は実にものすごくなければならなかった。 だが、チョ・スンウはやはりチョ・スンウであり彼は'ドクトルジバゴ'を通じてもう一度自身の名前の値段を証明した。

去る1月27日幕が上がった'ドクトルジバゴ'はノーベル文学賞に選ばれた同名の長編小説を原作でロシア革命戦争の中一人の男の運命と愛を表わして観客らに"深みある作品"という賛辞を受けている。 トニー賞2回受賞の'ジャッジ・ポイズ'演出家デス メガノプ(Des McAnuff)と'シクリッカドゥン′で有名な作曲家ルーシー、サイモン(Lucy Simon)等われこそはと思う世界のスタッフらの参加で多くの人々の期待感を増幅させた。

今回のミュージカルでチョ・スンウが引き受けたユーリー・ジバゴは急変する歴史のうず巻きの中で愛で苦悩する人物で、演技力を特に要するキャラクターだ。 2次チケットオープンがあった14日、チョ・スンウは膨大な叙事を引っ張っていってユーリー・ジバゴの波瀾万丈な人生を説得力あるように演技、全席起立拍手の中で初めての公演を終えることができた。

公演が終了した以後にも多くの観客は客席を離れないで熱演を広げた俳優らに惜しまない拍手を吐き出した。 チョ・スンウは自身の名前の上にのせられられていた多くの期待と気がかりなことを初めての舞台を通じて、ただ一日だけで払拭させて"やはりチョ・スンウ"という賛辞を導き出した。

チョ・スンウさえも理解できなかった神の一手。 'するならばしてしまう'チョ・スンウの覇気と情熱は'ドクトルジバゴ'を生かす最も大きい柱になった。

[ニュスエン 2012-02-15 15:45] 元記事はこちらから

※無事チョジバゴ初日の幕があがりました!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。