★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 キム・ジョンフン、'太陽抱月'出演固辞…"拒絶理由は"
2012年02月15日 (水) | 編集 |
スケジュールのために、義理のために、知人引き止めで惜しく'配役拒絶'したスターら

歌手兼俳優キム・ジョンフンがMBC水木ドラマ'太陽を抱いた月(以下太陽抱月)'のホヨム役(ソン・ジェヒ扮)を固辞したと分かって目を引いている。

14日午後YTN 'ニュースアンドイシュー'に出演したキム・ジョンフンは'私の人生の後悔'という主題で話を交わした途中"'太陽抱月'でホヨム役をすることができないのが後悔を残したが、ドラマがうまくいっていて、私もおもしろく見ている"と話した。

彼は"キャスティング提案を受けた時キャラクターも良くて出演したかった。 だが、スケジュール調整が不可能で製作スタッフに了解を求めた"と配役固辞理由を明らかにした。

当代アイコンに浮び上がるスターであるほど、スケジュール調整問題で気に入る配役を全部取ることができない場合は一度や二度ではない。

90年代を風靡したSBSドラマ'砂時計'のペク・ジェヒ役(イ・ジョンジェ扮)に絡まった因縁はすでに有名だ。 俳優ソン・チャンミンは当時該当ドラマPDにペク・ジェヒ役を提案を受けたが他の脚本のドラマを選択するのに断ってしまった。

その代わり抜擢されたイ・ジョンジェがカリスマあふれるボディーガードの役割を立派に消化しながら一躍スターダムに上がったし、ソン・チャンミンはしばらく虚脱感に苦しめられたと告白したことある。

知人の引き止めや義理のために作品をあきらめたスターもいる。

俳優シン・ヒョンジュンは数年前あるトークショーに出演して"映画'チング'のチャン・ドンゴンが引き受けた配役が本来はチョン・ジュノに入ってきたこと"とびっくり告白したことがある。

彼は当時放送で"ところで私の引き止めでチョン・ジュノが配役をあきらめた。 私が(チョン・ジュノに)勧めた映画は滅びて止めた映画は栄えるようだ"と告白して録画会場を笑い海で作った。

俳優イ・ボムスはある芸能番組に出演して過去最も惜しく逃した配役で映画'王の男'での主人公(カム・ウソン扮)役割を挙げた。

彼は"先にチャン・ヒョク氏がキャスティングされたが軍隊問題で失敗に終わってその次私に提案が入ってきた。 しかしチャン・ヒョクとの義理を守るために断った"と打ち明けた。

一方、配役をあきらめてさらにうまくいった場合もある。

昨年最高の人気を享受したMBCドラマ'最高の愛'でチョン・ジュナが引き受けた役割が歌手ホガクに先にオファーされた配役だった。 チョン・ジュナはあるケーブル放送で一緒に出演したホガクに"ホガクが断って私がすることができた。 譲ってくれてありがとう"と心を伝えた。

ホガクは音楽に充実したいという気持ちで次の機会を約束したがドラマOSTでドラマ'最高の愛'と縁を結んで結果的には歌手としての面目をより一層発揮することができた。

[ノーカットニュース 2012-02-14 17:00] 元記事はこちらから

20120214-2.jpg 20120214-3.jpg

※あれ、ジョンフンのホヨムって子役だっけ大人だっけ、、、なんてもういまさらどちらでもいいか。。。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。