★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 'ライジングスター3人衆'チュ・ウォン・キム・スヒョン・イ・ジェフンに対する評価
2012年02月08日 (水) | 編集 |
最近になって放送関係者では"俳優は多いがその中で信頼を与えるほどの俳優は探すのに難しい"という声がしばしば聞こえる。 一時は男俳優らの入隊が列をなしながらテレビ劇場では主演で抜てきするほどの20代男俳優の飢謹現象が広がることもした。 ところで2012年には開始から'ライジングスター3人衆'によりテレビ劇場が熱く燃え上がる雰囲気だ。 チュ・ウォン、キム・スヒョン、イ・ジェフンがまさにその主人公。 これらは地上波放送3社で並んで大きい活躍を期待させて視線を掌握している。

▲ウォンビンを連想させるという誠実な俳優チュ・ウォン

チュ・ウォンは去る2010年KBS2'製パン王キム・タック'で'悲運の悪役'クマジュン役を担って新人にふさわしくない安定した演技力をお目見えして一気に大きい注目をあびた。 しかし彼はスターより俳優の道を歩いた。 映画を経てテレビ劇場に復帰して彼は層層侍下大先輩らを迎えなければならない週末劇を選んだ。 青春メロを描くミニシリーズ行きを予想したこれらにいぶかしさを抱かれた歩みであった。 KBS2週末劇'烏鵲橋兄弟ら'を終わらせて彼はもう一度侮れない演技内面空白を必要とする時代物に挑戦する。 歴史的メッセージを入れて'韓国型スーパーヒーロー'の誕生を期待する程のKBS2水木ドラマ'カクシタル'の主演を横取りしたためだ。 十分に'恐ろしい新人'と呼ばれるに値する。

だが、彼の常勝疾走は決して偶然や幸運に従ったのではない。 チョン・ソンヒョKBSドラマ製作局EPは"チュ・ウォンはドラマ デビュー前からミュージカルなどに出演して思ったより基本技をがっちり確かめた新人だ。 他の若い演技者らに比べて焦燥感にならないで俳優になろうと思う熱望するかでじわじわ段階を踏んで行く姿が見栄えが良い"と話した。 本当にEPは"チュ・ウォンの演技に対する没入が相当する。 表面のかっこうを働かせないでただ演技にだけ集中するというのが見える"として"ドラマ'取っ手'を演出する時俳優ウォンビンに感じられた姿でもある。 '製パン王キム・タック'時からKBS PDがチュ・ウォンの姿を格別に見てきた"と付け加えた。

▲太陽を抱いた農薬のような俳優キム・スヒョン

キム・スヒョンは昨年KBS2 'ドリームハイ'で演技経験が豊富でないアイドルらの間で重さ重心を取ってドラマの興行を導く牽引車の役割を正確にした。 ところでそれはやはり以前まで主に子役を引き受けて劇の序盤部を導いた新人に過ぎなかった。 'なる性呼んだ木は双葉から調べてみる'でしたのか。 彼の優れた演技力は続けて出演した成人演技者らに負担として作用することさえした。 学院物を経てMBC水木ドラマ'太陽を抱いた月'で本格的に成人演技に挑戦している彼は年初から女心を鳴る魅力で'キムスフォン症候群'を起こしている。

このような人気はまさに彼の優れた演技力と正しい姿勢から出る。 'ドリームハイ'に参加したドラマ関係者は彼の普段の姿に魅了されたように"キム・スヒョンが'太陽を抱いた月'に出演するという消息を聞いてうまくいったら良いと考えた。 すべての人々の心であろう"と話した。 演技に対する評価もまた温かい。 ある関係者は"キム・スヒョンは普段台本を読んで把握する能力が優れる。 また、子役を引き受けて大先輩らと演技した経験のおかげなのか普段にも演技を学ぼうとする姿勢をよく整えた。 現場で演出者とも疎通が上手な俳優に通じる"と伝えた。 また、業界では"キム・スヒョンは引き受けることができる配役が限定されるマスクではなくて魅力的な声を持って演技スペクトラムが広い" "演技それだけでなく歌と踊りの実力まで整えてマルチテイナーとして無尽蔵な可能性を持った俳優だ"という評価が存在する。

▲映画界スターでブラウン管占領に出たイ・ジェフン

昨年開かれた各種映画授賞式でイ・ジェフンの名前が呼称される時ごとにあちこちで大きい歓呼と感嘆の声が溢れでた。 大衆に露出しやすいTVでない映画を通じて新人がこのように熱い人気を謳歌した例を探すのが容易でない。 独立映画からきちんとフィルモグラフィーを積み重ねた彼は昨年'番人'と'高地戦'二編の映画で一気にスターダムに上がった。 '番人'を通じて初めての長編映画主演を横取りしたし、'高地戦'を通じては"イ・ジェフンしか見えない"という賛辞を引き出して大衆的人気を確保した。 '番人'で第32回青龍映画賞新人男優賞を受賞したのをはじめとして喪服もさく烈した。

そのような彼が今回はブラウン管を通じて'浮び上がる新鋭スター'の容貌をはっきりとお目見えする態勢だ。 彼は3月放送予定のSBS 'ファッション王'でユ・アイン、シン・セギョン、少女時代ユリなど青春スターらと演技呼吸を合わせる。 映画を通じてすでに得た彼の人気はTVという電波性強い媒体を通じて精一杯上昇することが予想される。 ある放送関係者は"イ・ジェフンは現場で高い集中力を発揮する演技者だ。 映画で積んだ演技内面空白がブラウン管で遺憾なく発揮される時大きい爆発力を起こすだろう"と話した。 それに対する現場スタッフらの評価は"演技にあって非常に真剣だ" "集中度が高い" "自分の管理を徹底的にする"等で要約される。

[スポーツ朝鮮 2012-02-07 16:13] 元記事はこちらから

ss20120207-7.jpg ss20120207-8.jpg ss20120207-9.jpg

※最近本室記事少ないのでこちらにも重複しますがイジェフンカテゴリーでアプ^^

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。