★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 西島"私の勝負所は芸術映画でしょう"
2012年02月05日 (日) | 編集 |
"劇中の秀二のようにすべての作品に必死に熱心にしようとします。 私は映画もTVドラマもドキュメンタリーも芸術映画も撮るが私の勝負所は芸術映画と考えます。 力は不足するがアート フィルムの発展のために私が何をすることができるかいつも悩みます。"

去る3日訪韓した日本俳優西島秀俊の話だ。 西島は韓国とはなじんだ俳優だ。 2010年イ・ジェハン監督がメガホンを取った'サヨナライツカ'の広報のため韓国に来たし、昨年には釜山国際映画祭に参加しようと訪韓した。 来る時ごとにコムタンやキムチなど多彩な韓国料理を楽しむという。

2年前には韓国監督が演出した映画に、昨年にはトップスターキム・テヒとともに日本ドラマで呼吸を合わせることもした。 人気スターと平凡な市民の愛を描いた'僕とスターの99日'だ。 'ノッティングヒルの恋人'(1999)の日本版バージョンになるが、日本で10%を越える視聴率を記録して人気を呼んだ。

"キム・テヒさんとの呼吸は良かったです。 とても熱心にする俳優です。 スタッフと日本語で話したし、暇さえ出来れば台本を読みました。 個人的な話はほとんどできませんでした。 事前製作でなく撮影に近接して台本が出てくる力に余った状況であったのにもすぐ台本を覚えて日本語で演技することを見て驚きましたよ。"

彼はイラン出身アミール・ナデリ監督が演出した'カット'を広報しようと訪韓した。 'カット'は映画が芸術だった時期を追憶しながら本当に映画を作らなければならないというメッセージを入れた作品だ。

"シネフィルのための映画で知らされたが一般観客中に7回も見たと話した方たちもいます。 意外でしたよ。"

映画は去る2005年ナデリ監督が西島に映画を共に作ってみようと提案しながら始まった。 以後ナデリ監督が日本を訪問する時ごとにこの映画に対して着実に対話をしたし、"そのような持続的な努力が集まって"この映画を完成した。

"映画はナデリ監督が陣頭指揮したが、私のイメージと感覚、そして亡くなった監督のジョン・カサヴェテスの雰囲気が強く入った作品です。 この3人の人物が混ざって作られた作品が'カット'です。"

'カット'で彼が演技した秀二は芸術映画監督だ。 金がなくて作品は撮ることができなくて兄が残した借金をヤクザに返さなければならない人物だ。 人物らと対話もほとんどしない孤立感に包まれたキャラクターだ。

"映画に入る前と入っても徹底して準備しなければならなかった"と話した西島は映画を撮る間スタッフらと話をできなかったという。 "徹底して孤立感を維持しなさい"という監督の指示のためだ。

乾きながらも強靭な肉体を見せようと空手など色々運動をしてからだ作りにまい進したともする。 映画で彼はとてもよく発達した筋肉を自慢する。

"本来動くのを好みます。 運動も熱心にする方でしょう。 秀二という人物はあたかもキリストのような人物でしょう。 合うことによって自身を描いて世の中を浄化する人物です。 監督様もキリストのようなからだを維持してくれと注文しました。 空手などをしながらからだを作りました。"

映画では合う場面が唯一たくさん登場する。 彼は"顔の部分をむかえるのを除いてすべての殴打場面で実際に合った"とした。

"現場の雰囲気はすさまじかったです。 私火傷をするだろう監督が陣頭指揮した20人余りのスタッフは状況が高まるということによって全部興奮しました。 カットを叫んでも止まらないので助監督が止めるほどでしたよ。 激烈にとったし、感情は本物だったと自負します。"

映画では映画歴史に刻印された100編余りの名作が登場する。 その中でどんな監督が好きなのか気になった。

"ジョン・カサヴェテスとロベール・ブレッソンの作品です。 彼らは偉大な監督です。 私が俳優で生きていくのに大きい力を集中した作品らを作った方々です。 もし彼らが生きているならば必ず出演したいです。 もちろんブレッソンは自身の映画に非専門俳優らを起用したが…."(笑い)

韓国映画俳優ではアン・ソンギ、ソン・ガンホ、ソル・ギョングなどと呼吸を合わせてみたいといった。 共同作業したい韓国監督に対しては"とても多い"として笑った。

[聯合ニュース 2012-02-05 10:03] 元記事はこちらから

20120205-1.jpg 20120205-2.jpg

※韓国メディアに西島さん記事があがった記念記念^^

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。