★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 チュ・ジフン、映画'王である'キャスティング確定…王・乞食1人2役消化
2012年01月19日 (木) | 編集 |
俳優チュ・ジフンが映画'王である'出演を確定した。

1月19日チュ・ジフンの所属会社キーイーストシンジェグァン本部長は"チュ・ジフンが18日夜映画'私は王である'出演を最終確定した"と明らかにした。 引き続き"健康上の理由でミュージカル下車以後通院治療を受けながら復帰作をまた選択するために苦心した"として"除隊以前から検討してきた色々な作品ら中映画'私は王である'がその間チュ・ジフンの悩みと努力の跡を広げるのに充分だという判断を下して最終決定することになった"と伝えた。

また"まだ健康が回復しなかったにもかかわらず復帰作を急いで確定作った理由はファンたちの心配を減らして差し上げるためだ"として"現在のチュ・ジフンは一日も早く元気な姿をお見せするために治療に万全を期している"と説明した。

朝鮮時代を背景にした映画'私は王である'という映画'先生キム・ポンドゥ'と'移葬と郡守'を演出したチャン・キュソン監督がメガホンを取る作品で世宗大王が王になる前乞食と身分を変えた後市廛を歩き回って新しい人物と社会を経験するという内容だ。

チュ・ジフンは今回の作品で世宗役を担って王と乞食両極端の身分を行き来する演技を披露してその間確かめた魅力を発散する予定だ。

一方チュ・ジフンの初めての史劇挑戦で期待を集めている映画'私は王である'という2月末クランクインを目標にしていて現在の主要配役キャスティングに真っ最中だと知らされた。

[Bntnews 2012-01-19 20:30] 元記事はこちらから

※世宗大王はハングルを作った王様で景福宮に続く世宗大路にでんと鎮座されているお方! ありがたい役をいただきましたな^^

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/04/05(木) 23:26:18 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。