★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 チュ・ジフン、‘私は王である’出演確定“治療後すぐに投入”
2012年01月19日 (木) | 編集 |
俳優チュ・ジフンが映画'私は王である'にキャスティングされて本格的な演技活動を始める。

チュ・ジフン所属会社側は19日OSENとの通話で"チュ・ジフンが'私は王である'出演が確定した"と明らかにした。

引き続き"現在の声帯結節で治療を受けていて当分撮影ができない"として"しばらく休息を取って他の俳優らキャスティングが完了した後すぐにクランクインするものと見られる"と付け加えた。

'私は王である'は映画'先生キム・ポンドゥ'と'移葬と郡守'を製作したチャン・キュソン監督がメガホンを取った。 世宗大王が賃金になる前乞食と席を変えた後市廛を歩き回って新しい人物と社会を経験するという内容を描く。 チュ・ジフンは劇中王と乞食1人2役をお目見えする予定だ。

先立ってチュ・ジフンは昨年11月軍除隊後復帰作でミュージカル'ドクトルジバゴ'を選択して3年ぶりに演技者でカムバックする予定だったが去る10日公演練習中声帯結節でやむをえず下車した。

声帯結節で残念に復帰作を固辞したが直ちに映画出演が決定されたのとともにチュ・ジフンの初めての史劇挑戦でファンたちの期待が集められている。

[OSEN 2012-01-19 11:34] 元記事はこちらから

20120119-2.jpg

※地上波テレビに出られないジフニに与えられたチャンス、今度はその期待を裏切らずにしっかり努めないとだ。ジフニふぁいてぃん!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。