★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 キム・ミョンミン妻-子供への愛このようにすごかったか“家族ための作品選択”(インタビュー)
2012年01月09日 (月) | 編集 |
キム・ミョンミンが妻と目に入れても痛くない子供たちに対して率直な内心を打ち明けた。

最近ニュースエンとインタビューでキム・ミョンミンは"妻と子供らがいるから私が耐え忍ぶことができるようだ"として"家族は私の薬だ"と表現した。

キム・ミョンミンは封切りを控えている映画'ペースメーカー'でも国家代表にもかかわらずメダルは首にかけることができないフルマラソンのペースメーカーチュマンホを演じて心琴鳴る熱演を広げる。 作品を選択するところにあっても家族という単語はキム・ミョンミンの脳裏の中にコック刺されていると。

"私の妻と子供のために子供たちに希望になる作品をしたいと考えた。 もちろん以前には哀悼なかったし私自身が成熟できなかった時とやわらかいというよりは強烈な役割をたくさんしていましたがこの1~2年間に考えがたくさん変わったようだ。 スリラーももちろん良い。 ところでどうせなら夢と希望がある作品が引かれてそのメッセージを観客らにもお伝えしたい。 これが年齢が取りながら変わるようだったり。(笑い)"

キム・ミョンミンはスチーブン・スピルバーグ監督の映画を見ながら育ったとし自身が未来に対して希望的な考えを映画として抱くことになったようにこの頃の子供たちもそうではないだろうかと思うんだ。 スリラーやアクション、戦争などブロックバスタージャンルを見れば韓国映画界がちょっと限定的というものが彼の説明。

野心に充ちるように選んだ'ペースメーカー'広報中にもキム・ミョンミンは撮影に真っ最中だった。 彼の次期作は'恋歌詩'だ。 '恋歌詩'という人の脳を操縦する変種寄生虫恋歌時の出現で死亡者が幾何級数的に増える災難事態が発生した中で感染した家族らを生かすために息が詰まる死闘を行うある男の話だ。 今回は遠慮なく家族を守る。

休む暇もなく作品活動をするのに家族らの不満事項はないのか尋ねたところ"そんなことはない"として"事実今でも私たちの家族らには祭り期間だ。 映画封切り時期が近づけば家全体がそわそわとする。 妻も何日か前からVIP試写会に招く知人たちに電話をかけたよ。"と話した。 聞いて見ると映画関係者家族が別にない。

"正月秋夕のような名節の時送れると良いが事実上大変な漸移さらに多い。 一緒に送ることができる時よく送ればそれがより良いと考える。 地方撮影が4日あるならば出たぴったり4日を終えて家にくる。 事実どうせ撮影がまたあるのにその現場周辺に残って酒を飲んだりしてもかまわなくなかったことは時間ではあるが家族に使いたかったよ。(笑い)

映画終わる2週間前から妻は旅行地を探し始める。 ご一緒する時間をどのようによく使うかが私にはさらに重要だ。"一方キム・ミョンミンは現在のマラソンランナーで完ぺきに変身、狂った演技力をお目見えした映画'ペースメーカー'封切り(1月19日)を控えていて釜山で次期作'恋歌詩'撮影にも真っ最中だ。

[ニュースエン 2010-01-09 12:06] 元記事はこちらから

20120109-14.jpg

※久々ミョンミン氏記事! 自分の子どもに希望を与えられる作品を選びたいって気持ちがステキ~。もう今後は役作りのために激ヤセしてハラハラさせられることもない^^

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。