★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 不運の‘パーフェクトゲーム’興行版もどのようにひっくり返したか、名品台詞涙ジュルク
2012年01月09日 (月) | 編集 |
不運な映画と呼ばれたがかえって観客らの心の中にはより大きく打ち込まれた。 映画'パーフェクトゲーム'(監督パク・ヒゴン)が終盤の底力を発揮して興行地図をひっくり返した。

チェ・ドンウォン、ソン・ドンヨル選手の激しかった正面対決とその裏面にかくされている感動ドラマで女性観客だけでなく前世代をひきつけている'パーフェクトゲーム'. 'ミッション インポシブル:ゴースト プロトコル'と'マイウェイ'影に遮られられていた'パーフェクトゲーム'は映画を直接接した観客らのうわさが立ってボックスオフィスTOP5に安着、正月大きな課題まで観客らに大きな感動を伝える予定だ。

観客はいったい'パーフェクトゲーム'のどんな部分に大きな感動を勝ち取ったことであろうか。 これに'パーフェクトゲーム'側は観客が直接選んだ名セリフBest3を公開して目を引く。

20120109-7.jpg 

▼いちおうネタバレなので続きは下にしまいます~。

◇“チェ・ドンウォンが、ゲームはこのチェ・ドンウォンが出て行くと!”

観客が選定した最初名セリフは“チェ・ドンウォンがゲームはこのチェ・ドンウォンが出て行くと!”だ。

これはチェ・ドンウォンがソン・ドンヨルとの対戦を控えて取材陣に囲まれた時ある記者が投げた挑発的な質問“チェ・ドンウォン選手はある水行ったとするが、どう思いますか? 負けそうだから正面対決を避けるのではないですか?”に対する返事だ。 最も惜しむ後輩でありライバルのソン・ドンヨルとプライドをかけた避けられない対決を広げることになる彼が決戦の覚悟を固めることになる契機になる大きな課題。

この台詞に先立ち彼は“私はソン・ドンヨルが出てきても、誰が出てきても死ぬほど投げます。 ある水行こうが、二つの水行こうが終る時まで投げます。 来韓縁その気野球です。 私が負けた、勝った私のゲームは持ち出していきます”という言葉も付け加える。

マウンドの上冷静な執念の勝負師のチェ・ドンウォンは自身よりはチームのための試合を広げる人物だ。 黄金の肩と呼ばれる彼は負傷にもかかわらず、結局試合に出場することになる。 勝敗でないひたすら球を投げるという一念一つで出血する練習と努力を通じて大韓民国最高の投手席に上がった彼の情熱が感じられる台詞で観客らに深い印象を残した。

◇“俺は今日ロッテの4番打者でなく、チェ・ドンウォンの1塁手でプレーする"

チェ・ドンウォンとソン・ドンヨルの伝説的な延長戦勝負を控えて皆が緊張している瞬間チーム員らに投げるキム・ヨンチョルの台詞。この大きい課題でずっと機転が利く話し方で笑いを抱かれたキム・ヨンチョル選手の貴重な姿をのぞくことができる。

普段すべての言論の関心とスポットライトがチェ・ドンウォンにあふれることが不満なロッテの多血質4番打者キム・ヨンチョルは高校時代から同窓生のチェ・ドンウォンと共にチームで野球をしながら常にその後でさえぎられていた。

名セリフに選ばれたこの大きい課題はキム・ヨンチョルが瞬間毎チェ・ドンウォンと摩擦を起こすが結局彼の真心を悟ってチェ・ドンウォンの1塁手になるという信念で競技に臨むことを決心する場面だ。 彼の台詞は肩の負傷にも勝負を先送りしないチェ・ドンウォンの自尊心をかけた勝負の前にロッテの選手たちが和合するのに一助となる台詞で観客らに深い感動をプレゼントした。

◇“一球一生、一球一死”

'球一つに死んで、球一つに生きる'

最後の名セリフはチェ・ドンウォンの慶南高師匠のカン監督がチェ・ドンウォン選手に伝える言葉。 これはチェ・ドンウォン野球人生を一言で代弁できる台詞だ。

チェ・ドンウォンがお父さんのようにここはカン監督が持病で亡くなる時彼に残した巻き物掛け軸にも一球一生、一球一死という文句が書かれてある。 チェ・ドンウォンは彼のロッカールームにその掛け軸を掲げて試合前覚悟を固める。

マウンドの上に立てば投手の背中で投手だけ眺める選手たちがいる。 同じチームだがよく投げれば嫉妬を投げられなければ非難を受けることになることが投手だ。 それを勝ち抜くことが肩が抜けることがあっても死ぬほど投げる姿を見せること。 孤独なエース チェ・ドンウォンはそれで他の人々より100倍はさらに走って、さらに投げてその誰も分かってくれない孤独な道を歩く。

一球一生、一球一死はひたすら試合のために、球のために生きてきたチェ・ドンウォンの人生を含蓄的に含んでいる。 この話のようにチェ・ドンウォンは球一つに死んで、球一つに生きて肩がつぶれるような苦痛の中でも試合に出場、人々に伝説で人を競技を繰り広げることになる。 この名セリフは観客らに深い響きを投げかけて熱い感動を感じさせる。

これと共に感動的で意味のある名セリフで愛を受けている'パーフェクトゲーム'は100万観客を突破して、真正性を認められる作品で粘り強い興行追求中だ。

[ニュースエン 2012-01-08 15:21:31] 元記事はこちらから

※韓国語わからずとも雰囲気で気持ち伝わってきましたが(爆)こうして言葉であらため見るとまた感動~。
脇役の中では一番のお気に入り、キムヨンチョル選手役のチョジンウン氏は根深い木にムヒュル(?)役で出演されていたとか。日本での放送ますます楽しみだ~^^


20120109-9.jpg 20120109-8.jpg 20120109-6.jpg 

わたし的に平岳大さんとなんか重なるんですがいかがでしょう^^
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。