★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 [O2/になって下さい]新韓流スターら、宿舎に名講師置いて…英語で日記書いて…きつく習う
2012年01月07日 (土) | 編集 |
新韓類スターら‘新武器’外国語実力は‘企画会社管理能力’

#. 俳優ソル・ギョング(44)は2004年映画‘力道山’を撮りながら脂汗をかいた。 配役のために20k g以上体重を増やすのも苦痛だったし、なじみがうすいプロレスを習うことやはり侮れなかった。 だが、髪の毛が陥るようにする程険しい山は別々にあった。 すぐに日本語を流ちょうに駆使する‘ミッション’だった。 半年超えて個人教習を受けたのに日本語の壁は高かった。 彼は撮影ずっと“日本語が習熟しなくて感情の伝達が容易ではない”として“寝る時さえ日本語の障壁が心を押さえ付ける”として首を横に振った。

#. 昨年8月日本、埼玉県のある大型公演会場。 ‘アジアのプリンス’と呼ばれて日本で途方もない人気を独占している俳優チャン・グンソク(25)が舞台に出てきた。 彼が挨拶をするとすぐにファンたちの歓声が倍で大きくなった。 ネーティブスピーカー水準に近い流ちょうな日本語実力にあちこちで感歎詞がさく烈した。 彼は特別な通訳の助けなしで現地行事はもちろんで報道機関公式インタビューなどまで完ぺきに消化した。 ある日本記者が尋ねた。 いったいどこで日本語をそのように習ったのかと。 彼はにっこり笑って淡々と話した。 “ファンたちとさらに近づきたくて時々勉強しました。”

○‘土地産’スターも外国語の達人

‘韓流’という話はもう耳が痛いほどなじむ。 特にアイドル スターを中心に最近吹いている‘新韓流’は過去韓流の主舞台であった中国、日本、東南アジアなどを越えて米国、ヨーロッパ、南米などまでその地平を広げた。

ところで最近海外で活発に活動する韓流スター等を見るとこのような気がかりなことができる。 ‘どのように外国語をあのように上手にするだろうか?’ JYPエンターテインメント ジョンウク代表は“過去にも外国語が上手なスターは結構あったが彼ら大部分が‘海外派’であった”としながら“今は‘土地産’韓流スター中でも外国語の達人があふれる時代”と話す。

その秘訣は何か。 最初に挙げられるのはやはり国内企画会社の体系的な管理能力だ。 韓流1世代であったアン・ジェウク(41)の場合、中国で途方もない人気を享受したが事実まだ中国語を流ちょうにすることができない。 彼の所属会社チェイブレントテインメントのシン・ジェボム室長は“以前には今のように海外活動が整っているように進行されなかった”としながら“海外に常駐する場合が珍しかったし、活動範囲やはり制限されて外国語駆使の必要性自体が少なかった”と説明した。

だが、今は状況が違う。 海外市場が大きくなって、そちらで活動する時間やはり多くなりながら韓流スターらの外国語駆使能力はまもなく人気と所得で直結する状況になった。 企画会社がスターらの外国語能力向上に熱を上げるほかはない理由だ。

特にデビュー前から企画会社の体系的な管理を受けるアイドル歌手は言語教育が必須コースだ。 SMエンターテインメント イ・スマン プロデューサーは韓流草創期から“海外活動の核心は言語駆使能力”と強調した。 YGエンターテインメント ヤン・ヒョンソク代表もやはり韓流の完成は‘外国語マスター’にあるという考えだ。

○外国語勉強も戦略的に

韓流が進行されながら企画会社の外国語教育方法は進化を繰り返した。

かなりの企画会社はスターらに語学研修機会を提供する。 SMに所属した歌手らの場合、1年以上長期海外研修に行ったりもする。 日本で旋風的な人気を呼んだ後米国に進出したBoAはもちろんで‘少女時代’ ‘スーパージュニア’もそのような恩恵を受けた。

教育方式も体系的に変わった。 キューブエンターテインメント新人開発チームのパク・ジェヒョン室長は“教育方式で最近10年間に歌や踊りよりもかえって飛躍的に発展した部分がまさに語学”といった。

以前には外国語教育が一方的な詰め込み式の教育だった。 だが、最近では最大限生活の中で自然に外国語を習えるようにするなど教育方法が洗練された。 キューブの場合、宿舎物品などの名前を外国語で書いておいて、外国音楽をいつもかけておいて、歌手が直接外国語日記を書くようにする。 練習生らを対象には周期的に口頭、筆記試験などを見た後成績優秀者には海外文化を体験させる‘ニンジン’まで与える。 ‘ワンダーガールズ’(JYP)のように海外活動が頻繁なグループの場合、最初から企画会社で専門語学講師を宿舎にまで付けて語学トレーニングをさせたりもする。 この頃には最初からメンバー別に外国語を一つずつ特化して教育することによって‘選択と集中’戦略を取る場合も多い。

ある企画社関係者は外国語講師の水準もやはり何年間に高まったと耳打ちした。 10年前だけでも企画会社関係者の人脈を通じて親交アルバイト生水準の講師を交渉したとすれば今は短時間に大きい効果をみる程準備された講師らを採用するという話だ。

○歌練習しなくても外国語勉強はする

企画会社の進化した管理能力劣らず注目するほどの部分が新韓類スターらの基本的な‘語学資質’だ。

大衆文化評論家利益院氏は“芸能人はあまりにもに感情が豊富で表現力が良いうえに性格まで積極的な場合が多くて語学勉強に有利だ”とした。 また“特に最近の若い韓流スターは幼い時から外国文化になじむ世代と語学習得能力が抜群”と付け加えた。

実際チャン・グンソクの場合、日本進出以前から音楽やファッションなど日本文化に関心が多かった。 それで日本語習得時間を大きく短縮させることができた。 チャン・グンソクの所属会社トゥリジェイカムパニーのチェ・ヒョニョン チーム長は“日本音楽とドラマなどをより理解できなければ本人が苦しがったよ。 そのように勉強して見たら自然に日本語が増えた”とした。 また“あまりにも人見知りしないばかりか仕損じても意に介さない程明るい性格やはり語学勉強に有利に作用した”と付け加えた。

ジョンウク代表は“この頃には容貌だけ見てひとまず選んで見る路上キャスティングの代わりに主にオーディション等を通してスターを発掘するシステム”としながら“そうだと見ると言語が特技の支援者はもちろんで言語習得能力自体が優れた才能多い原石が増えた”と説明した。

スターらもやはり語学能力が本人をアピールする武器であり競争力という事実をよく分かって勉強にさらに積極的だ。 地上波のある芸能PDはこのように話した。 “この頃には10代アイドル スターも語学能力が自身の身代金と未来に作用する比重を正確に計算して出しますね。 歌練習はしなくても外国語勉強はきつくしている理由でしょう。”

[東亜日報 2012-01-07 03:07] 元記事はこちらから

20120107-3.jpg 20120107-4.jpg

※メロディに言葉を乗せればいい歌手と違って特に俳優の場合は感情をこめなくてはならなくて、ソルギョング氏の言うように大変だろうなあ、っていうかムリ(>_<)。「マイウェイ」のメイキングでオダジョー曰くチャンドンゴン氏の日本語は日本人の自分が聞いても自然的にコメントしてたけどやっぱりネイティブレベルとは言えないし要求できないだろうし。。。でも日本語日常会話ができて通訳なしで疎通できるのならとっても嬉しい^^

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。