★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 チャン・ドンゴンVSチャン・グンソク、日本で'チャンの戦争'が繰り広げられる
2011年12月30日 (金) | 編集 |
俳優チャン・ドンゴンとチャン・グンソク、二つの韓流ビッグスターが日本で正面対立する。 チャン・ドンゴンはブロックバスター戦争映画で、チャン・グンソクは日本女心を揺さぶるロマンチック コメディで並んで日本市場に出撃すること。

チャン・ドンゴンの作品'マイウェイ'は来年1月14日日本で開封されて、チャン・グンソクの'きみはペット'はこれより一週の後の来年1月21日で開封日を確定した。

国内では各々11月(君はペット)と12月(マイウェイ)に封切りしたことだし正面対立することがなかった二つの作品だが、来年序盤日本劇場街に同時期に公開されながらあいにく'チャンの戦争'が繰り広げられることになったこと。

事実二つの作品全部国内市場では期待以下の成績をおさめた。 '君はペット'はロマンチック コメディの女王、キム・ハヌルまで加勢したが全国50万余観客を動員するのに終わった。 'マイウェイ'もやはり大々的な広報とともに国内最高の戦争ブロックバスターという点を強調したが封切り2週差の現在まで130余万観客を動員、ボックスオフィス3位に押し出された。

しかし二つの作品全部企画序盤から日本市場を狙ったという点で日本での可能性は十分に占ってみる必要がある。

'きみはペット'の場合、同名の日本漫画を原作でしただけに日本ではなじんだテキストだ。 ここに韓流スターチャン・グンソクが全面で活躍する作品だけにすでにある程度の市場性は担保した状態. 実際日本全域100ヶ館封切り館を確定したしすでに1~2次にかけて始まった前売り率も一日に4万枚余りが売れた状態だ。

'マイウェイ'は日本のオダギリジョーがチャン・ドンゴンぐらいの重量感で映画を引っ張っていって映画の中日本語台詞の比重も大きい。 日本大衆としても大きい違和感なしで受け入れることができる作品であること. 'マイウェイ'の場合、日本全域300ヶ館大規模封切りを確定した。 'マイウェイ'の配給会社、CJエンターテインメント側は"現地で反応が良くて期待をかけている"と伝えた。

チャン・ドンゴンとチャン・グンソク、これらが日本市場で逆転勝ちをすることになるのか成り行きが注目される。

[マイデイリー 2011-12-30 11:50] 元記事はこちらから

20111230-2.jpg

※本国の雪辱戦ということで。。。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。