★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 [ニュー・フェース]イ・ジェフン"ポン・ジュノ監督の絶賛、感激でした"
2011年12月28日 (水) | 編集 |
“ポン・ジュノ監督様の称賛. 感激だったんですよ。 前にさらに熱心にします!”

今月の初め封切りした映画‘番人’(ユン・ソンヒョン監督)を通じて初めての長編映画主人公で申告式を払った新鋭イ・ジェフン(27)は主役を演じたことだけでも幸せだが賛辞が続くとすぐに気持ち良い表情を隠さなかった。

その間独立映画‘略奪者ら’.‘友人の仲?’を経てSBS日日劇‘数えようというので’と映画‘キム・ジョンウク探し’等で個性のある演技で注目をあびた彼は映画‘番人’を通じてファンたちに確実な目で存在を知らせた。 余勢が大きくなる夏封切り予定の映画‘高地戦’でもメイン タイトルロールを引き受けて映画関係者たちの間で‘注目するほどの新鋭’で挙げられている。 特にポン・ジュノ監督は‘番人’試写会でイ・ジェフンに対して“新鮮な発見”と評価したことがある。 友人の名の下強行された暴力の悲劇を素材にしたこの映画でイ・ジェフンは学校で‘ボス’で呼ばれるギテ役を担った。

“‘番人’は初めての長編主演作という点で大きい意味があります。 その上多くの方々の称賛に身を置くところを分かりません。(笑い)調子にのって若干浮き立っているが。 おかげで自信も得たし勇気もできたのが事実です。 前により一層熱心にするでしょう。”

俳優パク・ヘイルが見せた美少年のイメージに整ったスタイルを整えたイ・ジェフンは‘番人’を通じて俳優としての可能性をはっきりと浮上させた。 全体的には線太い男の香りが漂う容貌ながら一方目つきで善良で弱い雰囲気がにじみ出る妙な魅力を持った。

‘番人’の場合、全国20個スクリーンで封切りした以後粘り強いうわさが立って観客を集めている。 ロッテルダム国際映画祭競争部門進出. スイス、ジュネーブ ブラック無比映画祭若い審査委員賞受賞など海外でも反応が良い。

2011年誰より活気に満ちるように春を迎えることになったイ・ジェフンは“己惚れません。 もう第一歩を踏み出しただけ少しずつ習うつもりですよ”と初心を再確認した後“あの万の色を持った俳優になりたいです。 それより真心をつくす演技が優先ですが”と覚悟を固めた。

[スポーツソウル 2011-03-18 11:06] 元記事はこちらから

20111227-19.jpg

※いつかアップしようと思って見繕ってた記事全部アップしたー(爆)。年明けにはこのカテゴリー移動させますのでご勘弁を。。。

今日はここまで~。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。