★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 映画特殊本 チュウォン、前髪見当理由は?
2011年12月03日 (土) | 編集 |
映画‘特殊本’で冷徹な犯罪分析官‘キム・ホリョン’を演技したチュウォン、彼のヘアースタイルに隠された秘密が電撃公開された。

チュウォンが演じたキャラクター‘キム・ホリョン’は過去GPで満開死守で名をはせたことがあるFBI出身の冷徹な犯罪分析官だ。

関係者側は“固くて冷たい語り口、すっきりしているシュート姿に知的な感じが充満する‘キム・ホリョン’キャラクターにはこの役割を受け持ったチュウォンの愛しい手助けがつかないところがない”と伝えた。

特に観客らの関心を引いていることが劇中チュウォンのヘアースタイルだ。 短い頭の熱血刑事‘キム・ソンボム’(オム・テウン)とは違ってチュウォンが演技した‘キム・ホリョン’はベビーポムで精一杯ボリューム感を生かして前髪までたてて破格的なヘアースタイルをお目見えする。

これに対してチュウォンは“キム・ホリョン キャラクターの強くて冷徹なイメージのために作ったヘアーだ。 前髪をおろせば幼く見えて前髪をたてた”と明らかにした。

劇序盤オム・テウンときっ抗した神経戦を行って、また、オム・テウンとパートナーで呼吸しなければならなかったチュウォンが間容貌を分けるための努力でこのような破格的なヘアースタイルをリリースお目見えしたこと。

ヘアースタイル維持のために毎日のように一日1時間半ずつ精魂を込めなければならなかったというチュウォンはあるインタビューで“キム・ホリョン ヘアースタイルはキャラクターと作品のための最善の選択だった”と明らかにして、“スマートフォン アプリで(顔認識)テストもしてみたが前髪をたてれば10才もさらに高く出てきた”と満足だといった。

また‘キム・ホリョン’キャラクターのためのこのような努力は共に捜査コンビを成し遂げたオム・テウンにも満足なことだったと。

去る17日進行された‘特殊本’オム・テウンのファンミーティング シネマ イベントで“チュウォン氏の頭がとても小さくてキャスティングを反対したという話が聞こえる”という司会者の意地悪な質問にオム・テウンは“チュウォンが頭がとても小さくて初めに反対した。 それで頭大きさを合わせるために妥協点を見たのがとても高く上げたチュ・ウォンがヘアースタイル”と愉快に真っ向対立して大きい笑いをプレゼントしたことがある。

一方、映画‘特殊本’は同僚警察が殺害された後構成された特別捜査本部メンバーが隠された犯罪の実体を明らかにするために広げる息詰まるアクション捜査劇で、絶賛上映中だ。

[韓国経済新聞 2011-12-02 15:08]  元記事はこちらから

20111202-1.jpg

※特殊本のチュウォンくん、鶏冠みたいで前髪下ろした方が好みだけどそういうキャラじゃないしカンドンウォンくんとの差別化になるし~なんて思いながら観てました(爆)。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。