★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 '復帰デー'チョン・ウソン・ファン・スジョン・チュ・ジフン、彼らだけの復帰法
2011年12月01日 (木) | 編集 |
対外活動を避けてきた三スターが偶然にも同日マスコミに会って慎重な復帰挨拶を伝えた。 休む間余裕を取り戻したように三スターは一層安らかな顔でカメラ フラッシュに応じた。

先月30日午後2時. チョン・ウソン、ファン・スジョン、チュ・ジフンが約束でもしたようにマスコミの前に立った。 チョン・ウソンはjTBC開局ドラマ'パダムパダム'で8ヶ月余りの沈黙を破ったしファン・スジョンはKBS 2TVドラマスペシャル4部作'息子のために'で4年ぶりにドラマ復帰を知らせた。 最近転役したチュ・ジフンもミュージカル'ドクトルジバゴ'記者懇談会で本格的な復帰始動をした。

各々の理由で自分だけの時間を持ったこれらだがこの日だけは始終一貫余裕で取材陣の質問に答えた。 負担になりそうな質問を受けながらも率直に内心を打ち明けて正面突破、ある程度負担から抜け出した姿を見せた。

チョン・ウソンは'パダムパダム'製作発表会で質問をためらう記者たちに"何か違うものが気になるようだ"と先に話しかけた程に余裕があふれた。 ソテジとの離婚訴訟がふくらんで決別をした前恋人イ・ジアに対しては"誰でも会って別れる"としながら心理的に揺り動かした姿を見せた。

チョン・ウソンは去る4月ソテジ-イ・ジアの離婚訴訟事実が知らされて世間の雑音に上がっては下りた。 しかし社会的な物議をかもした事案ではなかっただけに比較的早く安定をさがしてまた大衆の前に出ることができた。

ファン・スジョンは'息子のために'製作発表会で"歳月が流れただけ余裕もできた"と復帰心情を伝えた。 過去スキャンダルにかかわった以後極度にマスコミとの接触を敬遠した彼女だが流れる歳月の中に平正心を取り戻した。 四十を控えた年齢に対して"ストレスを受けないように努力して総てのことを肯定的に受け入れようとする"というファン・スジョンの返事で不惑の物静かさが感じられた。

チョン・ウソンとファン・スジョンは新しい作品で子供を持った両親を演じた。 チョン・ウソンは一度の出会いで自身も分からない成長した息子を後日会って和解する過程を演技する。 ファン・スジョンもやはり北にある収容所に拘留された息子のために東奔西走する強いお母さんを演じた。 感情の波高を耐え抜いた2人の俳優の熱演が期待される。

麻薬波紋後初めて演技に復帰するチュ・ジフンは二人のスターらよりは用心深い立場で取材陣に会った。 'ドクトルジバゴ'記者懇談会でチュ・ジフンは"今笑うのが笑うのではない"という言葉で心境を代弁した。 "安らかな姿をお見せするほかはない職業的苦衷を理解してくれ"とまだ癒えなかった傷も隠さなかった。

チュ・ジフンはこの日強い演技復帰意志を表わした。 誤りを洗うことができるところは演技だけという考えからだ。 チュ・ジフンは"今よりさらに熱心にして良い演技お見せするべきだとのことが結論"としながらあふれる意欲を見せた。

[イーデイリー 2011-12-01 11:53] 元記事はこちらから

20111201-1.jpg

※"今笑うのが笑うのではない"、、、目に見えるものばかりが真実ではないということで~。

笑顔で、ウイットに富んだ記者会見、、、ジフニ立派だった;;

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。