★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 麻薬波紋その後…'人間'チュ・ジフンを振り返ってみる
2011年11月30日 (水) | 編集 |
俳優チュ・ジフンが麻薬波紋および軍服務による3年間の空白期に対する内心を打ち明けた。

チュ・ジフンは30日午後2時ソウル、中区グランド アンバサダーホテル グランド ボールルームで進行されたミュージカル‘ドクトルジバゴ’記者懇談会で3年間の空白期間の間変わった容貌を率直に明らかにした。

チュ・ジフンは2009年ミュージカル‘ドンジュアン’以後麻薬波紋から活動を暫定中断、執行猶予を宣告された後翌年の2010年初め軍入隊した。 20代後半を‘スター’でない‘人間’チュ・ジフンに送った彼は約3年ぶりのカムバックを控えて“長い時間だった”として過ぎた時間に対して口を開いた。

チュ・ジフンは“ファンたち家族らに一生返すことができない借金をしたとのことを知っている。 久しぶりだと笑ってはいるけれど、笑うのが笑うのではない”として“長いならば長くて短いならば短い時間だった。 すべての申し訳ないということと申し訳ない思いとすべての感情らを混ぜ合わせて下ろした結論は今よりさらに熱心にして良い演技をお見せすること以外ないと考える”と話した。

チュ・ジフンは“どんな謝罪や恩返しをするべきだとすれば、本人が最も上手に出来ることにするのが恩返しだと考える。 ミュージカルだけでなくどんな舞台でもデビューの時よりさらに熱心にするだろう。 意志でない、そのようにすでに変わっている。 本当に最善を尽くしているだろう”と話した。

チュ・ジフンは“もう30になったが 大いに変わったようだ。 以前にはもう少し確信があったし、方向を定めておいて走って行くのがあった。 今でも幼いがその時はさらに幼かったし目標ということをとても重要だと考える強迫観念があったが今はもう少し世の中を広く見ることになったし、世の中に対する関心もさらに多くできた”と話した。

彼を信じて待ったファンたちに対する心も一層豊かになった。 チュ・ジフンは“以前には何というか演技だけしたかった。 その時は年齢も幼かったし経験も不足して集中力が不足したようだが、今はファンたちにさらに気楽に笑うことができるようになったようだ”と話した。

チュ・ジフンは“軍服務の間1年余り程度前所属会社が整理されて一人でいた。 さっぱりした気持ちで軍隊を行ったし、軍ミュージカルする前にそのまま地下鉄に乗って通って多くの変化が起きた。 以前にも一人でよく通うほうだったが軍隊に行きながらさらに日常的な仕事に接することになった”として自然に変わることになった契機を説明した。

チュ・ジフンは“以前には(愛が)とても大きければ耐えられなくて少し背を向けていたのもなくはなかった。 これを受け入れれば私が自己満足に陥らないだろうかあるいは私がしていること以上のことを望むことにならないかと思うことに対する怖れになったのに今は一層安らかだった。 それでファンたちにはいつも感謝する”と話した。

ミュージカル‘ドクトルジバゴ’というロシア革命の中で波瀾万丈な生を送った医師兼容認有利千葉高の話を扱った作品で時代の激変期の中で芽生えた運命的な愛が観客の胸に深い感動をプレゼントする。

国内初演される‘ドクトルジバゴ’という米国有名プロデューサーアニタ・ワックスだけ、オーストラリア代表プロデューサージョン・フロストと桑の実ミュージカルカンパニー代表のシンジュンスプロデューサーが意気投合したグローバル プロジェクトだ。 トニー賞2回受賞に光る演出家トニーメガノプが演出を引き受けた。

ユーリー・ジバゴ役にはチュ・ジフンとミュージカル スターホン・グァンホがダブル キャスティングされた。 彼の女性ララ役はキム・ジウ、チョンミドが落下点なったしパシャ役はカンピルソクが、トゥニャ役はチェ・ヒョンジュが引き受ける。

ミュージカル‘ドクトルジバゴ’は2012年1月27日から6月3日までシャーロッテシアターで公演される。

[毎日経済 2011-11-30 15:18:08] 元記事はこちらから

※ヨベクの呪縛が解けてようやく'人間'に;;

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。