★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ‘ドクトルジバゴ’チュ・ジフン“ミュージカルをしてジャンルに対する壁消えて”
2011年11月30日 (水) | 編集 |
俳優チュ・ジフンがミュージカルに対する愛情を表わした。

チュ・ジフンは11月30日午後2時ソウル、獎忠洞グランドアナサダーホテル グランド ボールルームで開かれたミュージカル‘ドクトルジバゴ’記者懇談会に参加して“‘ドンジュアン’で始めてミュージカルらをしてきた”として“当時までしてもミュージカルに対する事前情報や興味がなかった”と率直に話した。

彼は引き続き“その時はとても幼かったし映画に関心が多かった。 偶然に‘ドンジュアン’をしたがライブで演技をするということにものすごい魅力を感じた”として“特に練習を長い間の時間の間するということに魅力があった。 大変な作業の末に感じる喜びがとても良かった”と笑って見せた。

チュ・ジフンはまた“ミュージカルをしていると知人たちができてますますおもしろくなったよ。 そうしたら自らジャンルに対する枠がなくなった”として“‘カムバック作がミュージカルというものが意外’という話は理解されるが大きい枠組みで見れば演技者とか演技するのは当然だ”と付け加えた。

彼は最後に“今後もミュージカルは継続するだろう。 既にしたことより熟達にならなくて現在最善を尽くしている”として“二日前からは命かけて音楽練習をしている”と笑ってみせた。

一方米国のアニタ・ワックスマン、韓国のシンジュンス、オーストラリアのジョン・フロストのゼネラル パートナーシップを基盤とした最初プロジェクトの‘ドクトルジバゴ’というロシア革命の中で波瀾万丈な生を送った医師兼容認ユーリー・ジバゴの話で、来年1月27日シャーロッテシアターで初めての公演を開く。

[ヘラルド経済 2011-11-30 15:18] 元記事はこちらから

20111130-5.jpg

※今後もミュージカル継続するって^^

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。