★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 'ドクトルジバゴ'復帰チュ・ジフン、"ファンの前で'プインプイン'はできないよ"
2011年11月30日 (水) | 編集 |
"はるかに(心が)楽になった。 世の中に対する関心もできた"

30日ソウル市、中区、獎忠洞に位置したグランド アンバサダーホテルでミュージカル'ドクトルジバゴ'の記者懇談会が進行された。 この日記者懇談会には主演に抜擢されたチュ・ジフンと桑の実ミュージカルカンパニーシン・ジュンス代表が参加した。

チュ・ジフンの復帰作ミュージカル'ドクトルジバゴ'というチュ・ジフンのキャスティングの便りが伝えられるとすぐに中国と日本ファンたちの関心を集中させていて韓国ミュージカルをアジア市場に知らせることができる良い機会で注目されている。

チュ・ジフンは軍除隊所感に対して"以前にはことに対する確信と目標、強迫観念があった。 ところで今は楽になって世の中を広く見ることになった"として"ファンたちに対する心も豊かになった"と話した。

引き続きチュ・ジフンは"以前には演技だけしたかった。 現場にファンたちが訪ねてくれば集中をできなかった"として"今はその程度の集中力はできた。 気楽に笑って対話をすることができる"と付け加えた。

また、チュ・ジフンは"ファンたちの愛がとても大きくなれば感動することはできなかった。 私がそれを受け入れれば己惚れないだろうかという考えであった。 それで外面もした"として"今はそのような心を一皮剥いだ。 ありがたく思う"と伝えた。

また、チュ・ジフンは最近進行されたファンミーティングでギターの演奏をしたことに対して"俳優キム・ジェウクに影響をたくさん受けた。 習ってファンたちの前で演奏したこと"としながら"ファンたちが'プインプイン'も要求したが、それはできなかったよ"と話して笑いをかもし出した。

一方ノーベル文学賞を受けたボリス パステルナークの小説を原作にした250億ウォン大作ミュージカル'ドクトルジバゴ'は去る2月オーストラリアで成功的なワールド プレミアを持った作品. 米国のアニタ・ワックスマン、韓国のシンジュンス、オーストラリアのジョン・フロストのゼネラル パートナーシップを基盤とした最初プロジェクトだ。 2012年1月27日シャーロッテシアターで公演。

[TVデイリー 2011-11-30 15:24] 元記事はこちらから

※やっぱりジェウクから教わったんだ(笑)。しかしプインプイン(뿌잉뿌잉)てなんだ・・・。

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/12/01(木) 01:16:06 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。