★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ‘ドクトルジバゴ’シン・ジュンス代表“チュ・ジフン、舞台に対する情熱思ったより大きくて”
2011年11月30日 (水) | 編集 |
ミュージカル‘ドクトルジバゴ’のシン・ジュンス代表がチュ・ジフンを選択した理由を明らかにした。

シン代表は11月30日午後2時ソウル、獎忠洞グランドアンバサダー ホテル グランド ボールルームで開かれたミュージカル‘ドクトルジバゴ’記者懇談会に参加して“この作品をする前‘これからどんな俳優としたいか’という記者たちの質問にチュ・ジフンを取り上げ論じたことがある”と話した。

彼は引き続き“劇場で偶然にチュ・ジフンを見たが存在感があったよ。 だから舞台で一緒にしたら良いと考えた”として“‘ドクトルジバゴ’を決めながらたくさん考えてみたがチュ・ジフンがトオルッツォァルタ. 以後彼と本格的に話をしたが舞台を眺める情熱を感じた。 思ったより舞台に対する愛情と情熱があふれる俳優と考えた”と付け加えた。

シン代表はまた“常にミュージカルを準備する時同じ選択をしなかった。 新しい俳優に好奇心が多かった”として“チュ・ジフンはジバゴ役を確かに輝かせる俳優と考える。 とても期待されて興味深い作業になるだろう”と期待感を隠さなかった。

一方米国のアニタ・ワックスマン、韓国のシンジュンス、オーストラリアのジョン・フロストのゼネラル パートナーシップを基盤とした最初プロジェクトの‘ドクター千葉で’というロシア革命の中で波瀾万丈な生を送った医師兼容認ユーリー・ジバゴの話で、来年1月27日シャーロッテ シアターで初めての公演を開く。

[ヘラルド経済 2011-11-30 15:42] 元記事はこちらから

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。