★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 チュ・ジフン“復帰作ミュージカル選択? 意外と考えなくて”
2011年11月30日 (水) | 編集 |
俳優チュ・ジフンが復帰作でミュージカル‘ドクトルジバゴ’を選択したことに対する率直な心境を伝えた。

チュ・ジフンは30日午後ソウル、中区、獎忠洞グランド アンバサダーソウル ホテルで開かれたミュージカル‘ドクトルジバゴ’記者懇談会に参加して“久しぶりに復帰する作品がミュージカルだと意外という反応に対しては私も感じる部分”と話し始めた。

チュ・ジフンは“もう少し大きい枠組みで作品をしてみたい”としながら“だが、映画とドラマを通じて演技を重点でしてきたので、あえて苦戦を置こうとするなら私は演技側から準備をしている。 歌もまた、音がのせられた演技と考えている”と話した。

彼は“ミュージカルをする私を意外と考えない”としながら“私がしたい作品をしていることだ。 代わりに出血するように練習している。 専門俳優らのように苛酷なトレーニングではないが、着実にミュージカル トレーニングをしてきた。 このために個人的にボーカル トレーニングも受けた”としてミュージカル俳優になるためのその間の努力を明らかにした。

引き続き“二日前から音楽練習に入った。 命を賭けてするほど難しい作業だ”としながら“舞台でライブで演技をするという点がミュージカルの魅力だ。 とても長時間演技にまい進することができるというのが大きい魅力に届いた。 去る2009年ミュージカル‘ドンジュアン’をしながら体重が8kgも減た程に大変だった。 忍耐が長くて使うほど実が甘くないか”としてミュージカルに対する愛着を表わした。

2年余りの特戦司令部服務を終えて去る21日軍を除隊したチュ・ジフンは来る2012年1月開幕するミュージカル‘ドクトルジバゴ’を通じて活動再開信号弾を撃つ。

ミュージカル‘ドクトルジバゴ’はノーベル文学賞を受けたロシアのボリス・パステルナークの小説を原作にした作品で全体製作費が250億ウォンを越える途方もない規模と世界的なクリエーティブ チームの構成、そして全世界有名プロデューサーが製作した大作で大きい関心を集めた。

MBC TVドラマ‘宮’で韓国だけでなく日本と中国で大きい人気を得たチュ・ジフンはKBS 2TV ‘魔王’、映画‘キッチン’、‘西洋骨董洋菓子店アンティーク’等に出演してアジア全域で大きい人気を得た。

[TVリポート 2011-11-30 15:46:47] 元記事はこちらから


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。