★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 '麻薬波紋'チュ・ジフン"一生返すことができない借金"心境告白
2011年11月30日 (水) | 編集 |
2009年ふくらんだ麻薬波紋で大きい波紋を起こした俳優チュ・ジフン(29)が麻薬投薬と関連、初めての公式立場を明らかにした。

去る21日除隊したチュ・ジフンは30日開かれたミュージカル'ドクトルジバゴ'記者懇談会に参加して"一生返すことができない借金をしたようだ"と明らかにした。 彼は昨年イ・ジュンギとともに軍ミュージカル'生命の航海'に出演して観客と会ったが当時には軍服務中だったせいで本人の立場を明らかにする機会がなかった。

この日チュ・ジフンは"今笑うのが笑うのではない。 安らかな姿見せて差し上げるほかはない職業的苦衷を理解してあげられたら良いだろう。 何より周辺知人たちにも一生返すことはできない借金をしたようだ"と胸の内を見せた。

引き続き彼は"長いならば長くて、短いならば短い時間が流れた。 だが、ずっと考えた。 申し訳ない心と申し訳ない思い感情がいっぱいだが私が下ろした結論は今よりさらに熱心にして良い演技お見せしなければならないということだ"と長い間の悩みを打ち明けた。 ややもすると個人的な考えで利己的であることもあるがどんな謝罪や恩返しをするべきだとすれば自身が最も上手に出来ることにしなければならないと考えたということだ。 チュ・ジフンは"デビューの時よりさらに熱心に努力する"と新しい出発の覚悟を明らかにした。

チュ・ジフンの除隊後初めての作品のミュージカル'ドクトルジバゴ'というロシア革命激変期の生活を送った医師であり要人だったユーリー・ジバゴの波瀾万丈な人生と愛を描いた作品だ。 チュ・ジフンは主人公ジバゴ役を担って紛らわしい時代を編み出して道徳性と情熱の間で苦しむ人物を演技する。 'ドクトルジバゴ'という来る2012年1月27日から6月3日までシャーロッテシアターで公演される。

[スポーツソウル 2011-11-30 16:53] 元記事はこちらから

※時期尚早言いたくても言えなかったこと、ようやく話せることができてジフニもホッとしたでしょう;;

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。