★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 チュ・ジフン“すべての申し訳ないということ、演技で返す”心境告白
2011年11月30日 (水) | 編集 |
俳優チュ・ジフンが麻薬波紋に対して2年ぶりに率直な心境を明らかにした。

30日午後2時ソウル、中区グランドアンバサダーホテルで開かれたミュージカル‘ドクトルジバゴ’記者懇談会に参加したチュ・ジフンは“私がした作品らとファン、家族と友人らに一生返すことができない借金をしたことを知っている。 今笑っているけれど笑うのではない”と内心を表わした。

今回のミュージカル復帰が3年前ミュージカル‘ドンジュアン’に出演している間麻薬波紋で被害を与えたことに対する贖罪の意味ではないのかという質問に対して彼は“長いといえば長くて短いといえば短い時間が流れたがずっと考えていてそのすべての申し訳ないということをややもすると利己的であることもあると考えるが私が上手にできることで報いることが合うことと考えた。 さらに熱心にするつもりだ”と明らかにした。

2年間の軍服務を終えた82年生まれのチュ・ジフンは今年で30才になった。 以前と変わった点に対して彼は“30才になったがたくさん違ったようだ。 いやよく分からない。 このような点が変わったようだ。 以前には確信があったし方向を定めて走って行ったし目標に向かった強迫観念があった”として“だが、今は世の中をちょっとより広く見ることになった。 関心の行く話も多くなって多作するスタイルではないが色々な作品をするようだ”と差を説明した。

また“ファンたちに向かった心も余裕があるようになったようだ。 以前には演技だけしたい心が大きくてファンたちが訪ねてくれば集中できなかった。 経験も少なくて幼かったようだ。 ところで今はその程度の集中力ができてファンたちが現場を訪ねてきても気楽に笑って対話することができるようになったようだ”と微笑を浮かべた。

チュ・ジフンが主役を演じたミュージカル‘ドクトルジバゴ’というボリス・パステルナークの同名の長編小説を劇化した作品でロシア10月革命(ボルシェビキ革命、最初の社会主義革命)の中一人の男の愛と情熱を入れたロマンス代書史劇で2012年1月27日シャーロッテシアターでその幕を上げる。

[経済トゥデイ 2011-11-30 18:03] 元記事はこちらから


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。