★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 チュ・ジフン、奈落で臥薪嘗胆…"演技で贖罪"
2011年11月30日 (水) | 編集 |
"長時間悩んだあげく結果を出しました。 私の中の申し訳ないということと申し訳ない思いを混ぜ合わせて今よりさらに熱心にするんです。 良い演技をお見せすること以外ないようです。"

2009年麻薬投薬疑惑で実刑を宣告されて演芸活動を中断した後入隊、最近転役してミュージカル'ドクトルジバゴ'でカムバックするタレント兼ミュージカル俳優チュ・ジフン(29)は30日"利己的であることもあるが謝罪をするべきだとすれば私が上手にできることで報いるのが良い道だと考える"と明らかにした。

20111130-1.jpg 20111130-2.jpg 20111130-3.jpg

"(麻薬波紋当時出演した'ドンジュアン'のような)ミュージカルだけでなく私がした作品らに一生返すことのできない借金をしました。 久しぶりに出てきて笑っているけれど笑うのが笑うのではありません。 一番楽な姿を見せるほかはない苦衷があります。"

去る21日転役したチュ・ジフンは2009年4月麻薬投薬疑惑で懲役6ヶ月に執行猶予1年、社会奉仕120時間、追徴金36万ウォンを宣告されて昨年2月入隊した。

カムバック作で選んだ'ドクトルジバゴ’というロシア小説家ボリス・パステルナーク(1890~1960)が1957年発表した同名長編小説が原作だ。 主人公'ユーリー・ジバゴ'という名作隊列に上った同名映画でエジプト出身映画俳優オマー・シャリフ(79),去る2月オーストラリア初演当時には現地国民俳優に通じるオペラ歌手兼ミュージカル俳優のアントニー・ワーロウ(50)が主演した。

チュ・ジフンは自身が演技するジバゴが体験する数多くの波風に共感したとし目を輝かせた。 "時代に合わないように弱い感性を持っている人"というものだ。

"世の中に基準というものが違うでしょう。 辛いのを食べた時誰かは辛くて死にそうだとしてもまた他の誰かはおいしいと言って。 その間私も高低が大きい仕事を体験しましたよ。 (モデルをする)ある日一日でデビューをして。 'ドクトルジバゴ'台本を見れば主人公が大きい事件にも巻き込まれません。 その核心を見ます。 このような点がこの作品を選択した最も大きい理由です。"

チュ・ジフンは当初SBS TV大河史劇'大風樹'でカムバックする予定だったがこのドラマの製作が延ばされながら不発になった。 KBSとMBCでは麻薬投薬疑惑で出演が禁止された。 したがってミュージカルが仕方ない選択という視線もある。 しかし当初主専攻の映画を通した復帰が予想されただけに意外な決定だ。

"2009年'ドンジュアン'出演当時には私が本来していることに対して集中するのにミュージカルに対する関心が大きくなかった"ながらも"本来モデル出身だと舞台が好きだったがミュージカルのライブ的な要素が魅力的だった。 全て練習に臨むことができてそれだけ大変な点も魅力的だった"と伝えた。

"'ドンジュアン'に出演しながら別に運動をしなかったが体重8㎏が減りました。 だが、知人たちを通じてミュージカルと演劇、舞踊などを見ながら舞台に陥りましたよ。 おかげで軍服務中にも'生命の航海'というミュージカルに出演するなど縁が続きました。 ミュージカル出演以後一番大きく得たのはジャンルに対する枠がなくなったということです。"

ミュージカルをカムバック作で選んだ理由が説明される。 "大きい野原で演技をしたいですね。 私はミュージカル歌手でないミュージカル俳優と考えます。 歌が重要ではないというのではなく歌より演技側に比重を置くんです。 歌もまた、音がのせられた演技と考えますね。 ハハ。"

軍隊に行ってきた後私たちの年齢で30になった。 "目を一度閉じて浮かび上がったところ除隊したようだ"として"晩年休暇が長くてその間スケジュールを消化するからなのか感じが出なかったが目の前にカメラのフラッシュが数えきれないくらい炸裂すると転役したようだ"と頭をあちこちかいた。

"以前には強迫観念があったが今はもう少し楽になった"と大きく笑った。 "そうするうちにもう少し世の中を広く見ることになった"として"本来多作をする俳優ではないがこれからは多くなるようだ"という考えだ。

27日にはファンミーティングを開いて韓国をはじめとするアジア ファン2000人余りに会った。 "以前には撮影現場に人々が集まれば集中できなかった"として"ところで今はファンたちに会いながらもう少し気楽に笑うことができるようになった"と話した。 "以前には私が己惚れられないだろうか、今以上の待遇を望まないだろうか怖がったがそんなことが抜けたようです。 それでファンたちがさらにありがたいです。"

ジバゴ役に歌唱力と指折り数えられるミュージカル俳優ホン・グァンホ(29)とダブルキャスティングになった。 "今まで仕事をしながら会って二番目に同年齢の友人"として"歌を途方もなく上手にする"と認めた。

あえて差別化は置かないつもりだ。 "一敵で私は自尊心がない"として"歌をできないからグァンホに学ぶべきだと考える。 実力がある俳優に無料で習うことができるということが本当に良い"とからからと笑った。

軍服務時期力になったガールグループは"Kポップ熱風が吹いているこの時十指をかんで痛くない指がない"として即答を避けた。 その一方で"歌謡メンバーらの年齢帯が似たグループ'ブラウンアイドガールズ'の歌が良かったよ"として"年齢が少ないガールグループを指定すれば痴漢で誤解を受けることもできるようだ"と冗談を言うこともした。

カムバック作を決めただけ意欲を確かめるところだ。 "熱心にしないでくれとしても熱心にするしそっとしなさいと言っても命を賭けてするでしょう。 常に最善を尽くす姿を見せます。"

公演製作社桑の実ミュージカルカンパニーシンジュンス(44)代表は"チュ・ジフンがユーリー・ジバゴをよくやり遂げることができるだろうかと考えたが彼の舞台に対する情熱を読んでキャスティングした"として"映画俳優やタレントの人生がさらに多かったが舞台に対する準備が着実にされていた俳優"と紹介した。

一方、'ドクトルジバゴ'はシン代表をはじめとしてオーストラリアのジョン・フロスト、米国のアニタ・ワックスモン、レルプ・ブライアンなど4人のプロデューサーが共に製作した作品だ。 250億ウォン以上の製作費を入れた大作で米国、ニューヨーク ブロードウェーで'ジャージーボーイズ'などを作ったデス メガノプが演出を引き受けた。 来年韓国を経て2013年英国、ロンドン ウェストエンド、以後米国、ニューヨーク ブロードウェー進出まで狙っている。

来年1月27日から6月3日までソウル、蚕室シャーロッテシアターで公演する。 ジバゴだけでなく'パシャ','コマローブスキー'など三人の男の愛を同時に受ける'ララ'役にはミュージカル'レント'でミュージカル俳優の可能性を認められたタレント キム・ジウ(28)と'皇太子失踪事件'等で存在感を浮び上がったミュージカル俳優チョンミドがダブルキャスティングになった。ミュージカル俳優チェ・ヒョンジュとカンピルソク、ソ・ヨンジュ、キム・ポンファン、イム・ソンエなどが出演する。 桑の実ミュージカルカンパニー、CJ E&M、ロッテエンターテインメントなど3つの製作会社が一つになった。 7万~13万ウォン. オープンレビュー1588-5212

[ニューシス 2011-11-30 18:09] 元記事はこちらから

※ジフニの言葉で初めて語ってくれたね;;

ひとつでも多くの記事に目を通すべくコメント省略で~。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/30(水) 21:35:25 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。