★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 日本揺るがす‘ドSグンチャン’…なぜかハラハラして
2011年11月23日 (水) | 編集 |
<ソ・ビョンギ選任記者の大衆文化批評>

予測不能スタイルに熱狂
韓流援助ペ・ヨンジュン人気追い越し
26日東京ドームでアリーナ公演
韓国では“いざこざが多くて浮かれ出る”
映画‘君はペット’興行も低調
日本の報道機関“イシューアイコン”友好的
今後どのように変わるかもしれない

トップスターになれば口数が減る。 重さを捉えるという言葉だ。 ペ・ヨンジュンやチョン・ジフンも全部程度の差はあってもそうした。 だが、チャン・グンソク(24)はトップスターができるだけ言葉がさらに多くなる。 ふざけると話す人もいるほどだ。

チャン・グンソクのこういうスタイルを‘虚勢’と表現する。 この虚勢が日本ではよく受け入れられるのに韓国ではそうでもない。 まず韓国でチャン・グンソクは無条件受け入れられるカードではない。

ドラマ‘ベートーベン ウイルス’でチャン・グンソクの演技は良かったが、より大きい恩恵は‘カンマエ’キム・ミョンミンに帰った。 日本で異例の3回も地上波で放送されたチャン・グンソク主演の‘美男ですね’と‘メリは外泊中’も韓国ではそんなにヒットしたドラマではない。

去る10日封切りしたチャン・グンソクとキム・ハヌル主演の映画‘君はペット’は封切り初めの週末わずか19万6755人を記録したし20日まで総41万1506人を動員してボックスオフィス5位に留まっている。

ロマンチック コメディは男女主演俳優が誰かが観客動員の大きい変数という点を勘案すればチャン・グンソクの名前の値段が面目を失うほどだ。

だが、日本ではチャン・グンソクが大騒ぎだ。 ペ・ヨンジュンの人気をすでに越えた。 歌手でもない俳優が日本で5回のアリーナ ツアーを成功的で終えたし、ファンたちの聖火に勝てないで来る26日東京ドームでもう一度単独公演を広げる。 4万5000席の東京ドームはチケット販売が開始されるやいなや売り切れた。 歌手少女時代の日本目標が東京ドームでの単独公演といったが歌手でない俳優チャン・グンソクはあまりにも簡単に東京ドーム舞台に立つことになった。

チャン・グンソクは去る6月初めての写真集‘ジェイプラス(J Plus)’発売記念マーケティングのために日本に行った時同じ時期に訪問中だった国際的イシューメーカーレディー・ガガより2倍も越える取材陣を参加するようにして話題になることもした。 この時から日本での‘グンチャンチャン・グンソク症候群’は通常でなく展開した。

チャン・グンソクは静かながら微笑を浮かべる通常の韓流スターとは違い積極的で‘浮かれ出る’スタイルに日本ファンは歓呼している。 日本ファンたちはスターが手だけ握ってくれても恐縮がるのにチャン・グンソクはファンにシャッフルダンスを教えると‘ピョン’と行く。 これはファンに細心に配慮するスターで一段階進化した類型だ。

こういうチャン・グンソクの姿を日本マスコミはよく使っている。 どこへ跳ねるかも知れない彼の自由奔放な姿を多様なコンテンツで活用している。 チャン・グンソクの韓流ファンがチャン・グンソクに陥る理由中の一つが“今度はまた、どんな新しい姿を見せるのかという期待感”というものを見れば予測不可性はチャン・グンソクのセーリングポイントであることは明らかだ。

チャン・グンソクのどこへ跳ねるかも知れない予測不可性はそれ自体魅力ではあるが危険要素も抱いている。

だが、これも良い時の話でどのように変わるかもしれない。 日本のマスコミもカリスマと茶目っ気をあまねく持ったチャン・グンソクを友好的に報道している。 だが状況によって変数が常に存在する。 ペ・ヨンジュンのように変化がないスターは面白味は減るか分からないが物議に上がることは殆どない。 だがチャン・グンソクは違う。 彼がする格式破壊言葉は解釈する次第だ。

チャン・グンソクは日本で‘ドエス(ドS激しいサディスト)’という称号がついたりもする。 ファンたちと激しいいたずらをするのを楽しむスターという話なのに、良く見る時そんなことで反対に解釈される余地も内在している。

格式にしばられないチャン・グンソクのスタイルは明らかに希少価値があり、先んじるスタイルにも見ることができる。 ある媒体とのインタビューで“謙遜が最大美徳の時代は過ぎた、国内だけでなくアジア ファンたちが私を愛する理由は自由な精神世界のためだ”と話せる自信と確信もうらやましい。

だが、自身の発言と行動がどのように解釈されるかも考えなければならない。 スターは韓国でも日本でもファンたちが持っているイメージの支配を抜け出す方法がない。

[ヘラルド経済 2011-11-22 10:26] 元記事はこちらから

20111123-2.jpg

※ジフニはキーイースト所属アーティストとしてこれからどうファンと向き合うんだろう? ジフニらしさそのままでのびのび活動させてもらえるといいな^^

笑顔でお手ぶりして、でも手に触れることのできないガラスケース越しの王子様だったらいやだなあ。。。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。