★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 'ドクトルジバゴ'代表"チュ・ジフン、新しい魅力を持った俳優"
2011年11月23日 (水) | 編集 |
21日軍除隊した俳優チュ・ジフンが全域復帰作でミュージカル'ドクトルジバゴ'を選択した。

22日ソウル、忠正路NHアートホールで開かれたミュージカル'ドクトルジバゴ'製作発表会には主役を演じた俳優ホン・グァンホ、キム・ジウ、チョンミド、チェ・ヒョンジュなどが参加した。

だが、この日ホン・グァンホとともにユーリー・ジバゴ役にダブルキャスティングされたチュ・ジフンの姿は見られなかった。 ミュージカル製作会社側は"チュ・ジフンが来る30日記者懇談会を通じて除隊後初めての公式立場を明らかにする予定"と明らかにした。

チュ・ジフンはドラマ'宮'で一躍スターダムに上がった以後ミュージカル'ドンファン'と'生命の航海'などを通じて好評を受けた。

これに対して新春数桑の実ミュージカルカンパニー代表は"そのいつの時より違う見解で俳優をキャスティングした"として"音楽的に武装できる俳優ホン・グァンホに続き、もう少し新しい魅力を持ったチュ・ジフンを発見した"と明らかにした。

引き続き彼は"知人紹介でチュ・ジフンに会ったし、舞台に対する情熱を読んだ"として"本人が準備をたくさんしていた"と伝えた。

一方、彼は"チュ・ジフンが昨日転役したのでこの席に共にできなかった"としながら"来る30日公式者をして練習に合流する予定"と説明した。

去る2月オーストラリアで成功的なワールド プレミアを持ったミュージカル'ドクトルジバゴ'というロシア革命激変期の生活を送った医師であり容認だったユーリー・ジバゴの波瀾万丈な人生と愛を壮大なスケールで描いた作品。

'ドクトルジバゴ'は米国のアニタ ワックスマン、韓国のシンジュンス、オーストラリアのジョン・フロストのゼネラル パートナーシップを基盤とした最初プロジェクトでもある。

来る2012年1月27日から6月3日までシャロッテシアターで公演される。

[ジョイニュース24 2011-11-22 15:36]

20111122-4.jpg 20111122-5.jpg

※カンパニー代表様、ジフニを高く評価してくださりコマスミダ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。