★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 チュ・ウォン"人生が主人公? 登録料貸し出し受けて生きた"(インタビュー)
2011年11月19日 (土) | 編集 |
ミュージカル主人公でデビューした。 初めてのドラマは視聴率30%を越える'製パン王キム・タック'であった。 映画もデビュー作に主役を演じた。 これほどになれば幸運児だ。

ある者は話す。 いくら能力あるマネジャーでも初めての作品にさして入れることはあるがその後では俳優がすること次第だと。 こういう幸運が続くならばそれは運でなく実力だ。

チュ・ウォンは実力を整えた期待の主としてももう無理がないようだ。

チュ・ウォンは24日封切りする'特殊本'(監督ファン・ビョングク)で映画にデビューした。 '特殊本'は警察が殺害されながら特殊捜査隊が形成された後その背景に巨大な陰謀があるとのことを知ることになりながら広がる事を入れた映画。 チュ・ウォンはFBIで教育を受けた知的な刑事で登場して熱血刑事で出演したオム・テウンと敵同士のように過ごして事件を解いていく。

チュ・ウォンはややもするとそらぞらしいこともあるキャラクターをなめらかに消化した。 鷲のように鋭い目は顔にドラマを植え付ける。 自然に次を気になるようにさせる。 彼の幸運と実力を聞くためにわざわざきつく尋ねた。

-どのように演技を始めたか。

▲中3の時まで次第勉強を熱心にした。 ところで未来に対する考えが多かった。 果たして勉強してビジョンを得ることができるかと思った。 性格も小心だった。 ところでご両親が小心な性格を変えようとするなら演技をしてみるのがどうかと演劇部を推薦された。 それでゲウォン芸術高に入ったし、成均館大演技芸術学課に入学することになった。

-現所属会社(シムエンターテインメント)が二番目所属会社なのに。

▲20才に初めての所属会社に入った。 難しい状況があった。 裁判所まで行って互いに何の話をしない条件で合意した。 懐疑を感じたところに周囲の勧誘でミュージカル オーディションを見た。 'アルタボーイズ'と'シングルス' 'グリース' 'スプリングアウェイクニング'を順にすることになった。 'スプリングアウェイクニング'が国内初演だと話題を集めたがその時現所属会社家族らに会うことになった。

-ミュージカル デビューから主人公であったのに。

▲歌が上手だと考えたが出てきてみると井の中の蛙だよ。 世の中で一番出来ないようだった。 それで'シングルス'はアンサンブル(主役ではないが舞台を輝かせるミュージカル俳優)でオーディションに支援した。 周囲では主人公をした奴がなぜアンサンブルに支援するかとしたよ。 そうする時1人がアンサンブルをしてこそ振り返ることができることになるとし応援された。

-ドラマ デビュー作'製パン王キム・タック'も主人公であったのに。

▲オーディションを子役で見た。 初めからキム・タックでないマ・ジュンに目がいった。 心が痛い人に引かれるようだ。 運良く子役でない成人演技をすることになった。

-初めての作品で非常に視聴率が高くて話題を集めた。 二番目ドラマの'烏鵲橋(オジャッキョ)兄弟ら'も視聴率が高いんだけどこれほどになれば肩に力が入ることもできるので。

▲浮かび上がった場合もあるがいつでも変わることができると常に考える。 私の口で話すことはところが周囲では変わらなかったという。

-初めての映画'特殊本'も主人公なのに。

▲ロマンチック コメディはまだ負担が大きい。 そのようなことでオム・テウン、チョン・ジニョン、ソン・ドンイルなど綺羅星のような先輩たちとご一緒するという考えに非常に立とうとした。

-同じ所属会社のオム・テウンが相手役だ。 付録付きで売ることと誤解を聞くこともできるが。

▲製作会社代表様が君はオム・テウン付録付きで売ることに入ってきたのとは絶対違うと何回もおっしゃられた。 その言葉が力になったし、その話に報いるために努力した。 監督様も初めには不安に思われたといった。 オム・テウンの相手役なのにとても年齢違いが生じるのではないのかと思われたんだ。 ところで監督様と私が引き受けた役を調査するために犯罪心理学者に会いに行った。 その方が会った後心配しなくても構わなそうだといわれた。

したいという考えはしたが上手に出来るという考えはしなかった。 撮影会場で熱心にするとある程度よく見られるようだった。

-'キム・タック'は同じ年頃俳優らと比較的一緒にしたが'特殊本'はそうそうたる先輩たちと一緒にしたが。

▲初めには機が急に死んだ。 リーディング時は超緊張した。 ところで先輩たちが新人が持っている悩みに対して常に助けた。 愛する兄のオム・テウンは一度も撮影会場で私を押したことがなかった。 かえって同等な俳優に導いてくれようとした。

足で走る刑事と頭を使う刑事、明らかなこともあるのにどのようにすれば違えるか悩みをたくさんした。 そうするうちに無理にそのようにする必要はないと考えることになった。 初めての映画で初めての主演なのに当然負担が大きくて心配も多い。

-デビュー以来すべて主人公だ。 これほどになれば人生が主人公だと考えることもするが。

▲そのような考えはしてみたことはただ一度もない。 運が良いだけだ。 うまくできないこともあるという考えをいつもする。

-目が良い。 目つきが強烈だ。 痛みある役割が好きだといったが目とよく似合うけれど。

▲そのような声を聞くことはしたが私はやはり私の運がどうか分かれば良いようだ。 まだ目でどんなものを表現するにはとても不足する。 痛みに対しては考えをたくさんする。 本来考えがちょっと多い。 幸福というのは何かも考える。

デビューをしなかった時劇場管理をしながら登録料を私が儲けた。 貸し出しも受けたし。 そうしたらある瞬間虚弱だったよ。 お金が不足するからなのかと思ったが時間が過ぎるとそれでもなかったよ。 それでこの頃は人との関係を通じて虚弱なのを満たそうとする。 現場で人々の誕生日取りまとめることを熱心にしている。

-チュ・ウォンが実名なのか。

▲実名はムン・ジュンウォンだ。 お父さんが朝の祈りをして神様が願われるという意でインスピレーションを受けて作ってくれた。

-贋物カン・ドンウォンや、ビッグバンのTOPに似たという声も聞くけれど。 新人として良いこともあるが壁であることもあるので。

▲高等学校の時'オオカミの誘惑'が上映した。 その時カン・ドンウォン先輩に似たという声を聞いた。 幼い心に女の子がそのような話をすればどうして良いのではないか。 その時が肉をたくさん抜いた頃だった。 ミュージカルをする時も似た声を聞いて観客がもう一度見られた。 'キム・タック'時もそうで。 そのように関心を持たれるのが感謝するだけだ。

-関連検索語にアフタースクール ユイが一緒に浮かび上がるけれど。

▲'烏鵲橋兄弟ら'で一緒にすれば '特殊本'撮影会場でも兄たちが私の安否を尋ねないで'ユイは元気なのか'と尋ねた。 '遊びにきて'でもそのような話をしているとそうなった。

[スターニュース 2011-11-17 11:16] 元記事はこちらから

20111119-3.jpg 20111119-4.jpg

※ '特殊本'も見たいなあ! にしても最初の所属事務所でのこと気になる、、、。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。