★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 [単独]軍除隊チュ・ジフン、250億大作ミュージカル「ドクトルジバゴ」でカムバック
2011年11月17日 (木) | 編集 |
来年初めチュ・ジフン ミュージカル通じて大衆と会って

軍除隊を控えたチュ・ジフンがミュージカル<ドクトルジバゴ>を初めての復帰作品で選択した。

あるミュージカル関係者は<オブレザースター>で"チュ・ジフンが除隊後で初めての作品でミュージカル<ドクトルジバゴ>を選択した"として"この作品は国内初演作品で硬い原作を土台にオーストラリア、米国、韓国のプロデューサーが一緒にするグローバル プロジェクトで世界的なクリエーターらと韓国俳優が共にする大作ミュージカルだ"と明らかにした。

<ドクトルジバコ>はノーベル文学賞を受けたボリス・パステルナークの小説を原作にする。 オマー・シャリフが主役を演じたこの映画は全世界的に20世紀最も美しいラブストーリーで知らされた。

今回のミュージカルは250億ウォンを越える製作費が入る大作で国内桑の実ミュージカルカンパニー(プロデューサー新春数),CJ E&M音楽公演事業部門(代表キム・ビョンソク、以下CJ E&M),シャーロッテシアター(代表ソン・グァンイク)が共同製作する。 来年初めシャーロッテシアターで公演される.

去る2010年2月特戦司令部で入隊したチュ・ジフンは来る11月21日除隊を控えている。 除隊をするやいなやミュージカル練習に本格的に突入して来年初め観客らにお目見えする<ドクトルジバゴ>にオールインをすることになる。

チュ・ジフンは軍服務をしながらもミュージカル舞台に立って熱演を広げたことがある。 イ・ジュンギとともに国防部と韓国ミュージカル協会が6.25朝鮮戦争第60周年を記念して作った創作ミュージカル<生命の航海>で主役を演じて熱演したし、この作品を通じて大邱ミュージカルアウォーズで今年のスター賞を受賞したことがある。

一方チュ・ジフンは除隊後27日ソウル延世大百周年記念館で除隊記念イベントを開いて2000人のファンたちと会う。

[ohmynews 2011-11-17 15:39] 元記事はこちらから

※これが最初に出た記事かな? 噂の大作ミュージカル、韓国初演の舞台だなんて本決まりになったらすごいことだ(>_<)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。