★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 芸能人麻薬捜査の実体“GD見てチュ・ジフン見なくなった理由は?”
2011年11月17日 (木) | 編集 |
芸能人麻薬事件がふくらむ時ごとに必ず繰り返す現象がいくつある。 まず一人だけ検挙されても警察や検察が‘芸能人リスト’を確保したという憂慮の念が強い展望があふれて、世論水増しのために芸能人麻薬事件を活用するという疑惑といくつかの芸能人は特典を受けて麻薬疑惑があることにも起訴されなかったという疑惑がひきつづきふくらむ。 ビッグバンのG -DRAGONとシュープリムチームのイセンスで始まった芸能界大麻草強風もやはり類似の現象を伴っている。 こういう現象が反復される理由が検察・警察の芸能人麻薬捜査が一般麻薬捜査とは違った点を持っているためだろうか。 芸能人麻薬捜査に参加した警察らと前職麻薬業者から芸能人麻薬捜査の実体を聞いてみた。

# ‘リスト’を信じて困難体験することも

まず‘麻薬芸能人リスト’は明確に存在するということが刑事らの共通した反応だった。 ところが言論を通じて提起される‘麻薬芸能人リスト’とは明らかに差異点がある。 ソウル警察庁所属のハン刑事はこういう話を聞かせた。

“麻薬捜査は本当に多様な情報網を活用して関連情報を収集する。 この過程で芸能人の名前もたくさん議論されるのにそのまま見ればしばしば議論される芸能人がいる。 そのような場合気になるほかはなくて、集中観察対象に整理される。 書類化された養殖のリストはないが麻薬捜査チームならばどこにもそのような芸能人を何人ずつはみな確保している。”

それでもこういう‘麻薬芸能人リスト’が捜査に積極的に活用されはしない。 虚偽情報提供が多くて信頼性が低いうえに芸能人の場合、召還調査が事実上不可能なうえに訪問麻薬投薬検査も用心深いためだ。 ところが度々名前が議論される芸能人には多少困難な部分もある。 余計な誤解を生じて芸能人麻薬事件がふくらむ時ごとに捜査対象になって麻薬投薬検査を受けて、海外に行ってくる時にも出入国過程で自身も分からない新しい監視対象になったりもする。

これによって最も困ることを体験したところはソウル、麻浦警察署だ。 2009年ソウル警察庁の芸能人麻薬事件が真っ最中社会的話題になる頃麻浦警察署はク・ジュニョプの家を訪問して麻薬投薬検査をした。 これにク・ジュニョプは検査結果が出る前に記者会見を自ら要望して警察捜査方式に不満を吐露した。 この席でク・ジュニョプは“芸能界に麻薬事件が起きる時ごとに疑いをかけられるのにその時ごとに恥かしくて侮辱にあう気持ちだった”として“虚偽情報提供に依存する捜査によって私だけでなく同僚と先後輩らも苦痛を受けている”と抗弁した。 結局ク・ジュニョプはまた、陰性反応が出て疑惑を脱いだ。 2007年には捜査を進行する前に紛争が起こってしまった。 シン・ハギュンが麻薬捜査線上に上がったという記事が出てしまったこと。 これにシン・ハギュンは自発的に麻浦警察署に出頭して麻薬投薬検査を受けたしやはり陰性反応が出てきた。

#企画捜査? ミッション インポシブル!

最近ふくらんだ芸能人麻薬捜査関連うわさの核心の中の一つは政府が韓米FTA論議に対する‘世論水増し’のために芸能人麻薬捜査を大々的に進行するという内容だ。 これを土台に人気ガールグループ メンバーAが麻薬捜査線上に上がったという悪性デマまで飛び交った。

取材過程で会った刑事は全部“とんでもない話”という反応を見せた。 ところが実際にこういう疑惑を買うほどの事例がたびたびあった。 特に龍頭蛇尾で終わった故チャン・ジャヨン事件の捜査結果発表直後さく烈したチュ・ジフン麻薬事件は警察が無理だったという指摘も多かった。 起訴もなされる前に警察がチュ・ジフンの名前を取り上げ論じて芸能人麻薬捜査の中間発表をしたうえにチュ・ジフンは麻薬投薬検査で陰性反応が出てきたのに麻薬投薬を自白した状態であった。 こういう疑惑に対してソウル、西大門警察署所属のハン刑事は“特定事例を置いて話すことはところが大部分偶然の一致であるだけ”と説明する。

#芸能人情報部員はなくて

取材過程で麻薬関連犯罪で何回も拘束されたことがある前職麻薬業者B氏に会うことができた。 彼は麻薬捜査が思ったより複雑だと話す。

“一般的な‘作業’(麻薬捜査)はだいぶ複雑だ。 検察・警察が自主的に麻薬投薬者と販売者関連情報を収集して検挙するのはほとんど不可能だ。 そうするうちに‘野党’(麻薬関連仕事をする検察情報部員)を保護してくれて彼らに情報を受けて作業することが多い。 検挙された麻薬師範もどんな情報を出すかにより刑量が変わって。 そうするうちに企画捜査も多い。”

しかし芸能人麻薬捜査は状況が違うという。

“もし芸能人や芸能関係者の中で‘野党’があるならば話が変わるがそのような話は聞いてみられなかった。 麻薬業界ではこの‘野党’が誰なのか良く知られている。 すなわち芸能人と関係がないというの話だ。”

B氏が聞かせた検察の麻薬捜査関連内容はとても複雑で理解されて難しいほどであった。 もし人気芸能人の中で麻薬投薬疑惑があるこれらが多いならば検察がさらに積極的に出るだろうが今までは他の事件を捜査する過程で関与芸能人があらわれて検挙した場合が大部分ということがB氏の説明だ。

いくつかの芸能人は検察捜査過程で特恵を受けたという疑惑も買っている。 俳優Cの場合、チュ・ジフンと共に捜査線上に上がったが起訴されなかった。 また、ビッグバンのG -DRAGONが起訴猶予処分を受けた部分も疑惑が後に従う。 検察は“毛髪検査結果陽性判定が出てきたが初犯で常習投薬ではなくて喫煙量も少ない”として起訴猶予処分を下した。 ところがやはり初犯に常習投薬ではないうえに最初から音声反応が出てきたチュ・ジフンは起訴されて執行猶予を受けた。 B氏はこの部分もやはり行き過ぎた拡大解釈だと説明した。

“もしより大きい件数を吹いたとすれば特典を受けたと考えることができないのかG -DRAGON以後麻薬捜査が静かではないか。 極微量の陰性反応で起訴猶予される事例はありふれている。 彼が芸能人だとして変に見ることではない”

陰性反応が現れた俳優Cの場合に対してはソウル警察庁所属刑事が“芸能人は麻薬供給策まである程度現れるといっても陰性反応が出てくる場合、起訴しにくいのが事実”という立場を見せた。

[日曜新聞1018号 2011-11-16 15:15] 元記事はこちらから

※こんな記事があるのを教えていただきましたコマスミダ。
真正面から芸能人麻薬事件を取り上げた記事、なんでジフニだけと悶々していた想いが少し慰められましたがまだまだ業界グレーな部分が多そうで。当時のジフニがK社所属だったらまた状況変わっていたんだろうな。。。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。