★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ‘分別がなかった’タブローが大型企画会社YGに入った理由
2011年11月15日 (火) | 編集 |
昨年学歴偽造説ハプニング以後1年6ヶ月ぶりにカムバックした歌手タブローが最近大型企画会社のYGエンターテインメントと契約を結んだのと関連、“音楽だけできる環境が良かった。 難しい時期を過ごして、周囲に立派な人が多かったということを悟った”と話した。

彼は去る10日YG社屋で進行された新しいアルバム‘熱花’発売記念インタビューで“人々が大型企画会社は歌手をコントロールしようとすると思ってなぜ私にYGに行ったかと尋ねたりもする。 ところで内で見るYGは違う。 かえって干渉がまたとない”と話した。

タブローは“アイドルの場合には経験をしてみないで分からないが、私のような場合はYGがかえって音楽だけできる環境"としながら以前活動時大変だった点を打ち明けることもした。 彼は"規模が小さい会社にある時には常に大当たりが出なければならないという圧迫感がある。 皆がそれを眺めていてかえって音楽が出てこなかった。 それが苦しい時もあって付随的な悩みもたくさんしなければならなくて、芸能出演など音楽外的なものもたくさんしなければならなかった。 人々は大型企画会社はもっとすることと考えるが、当初から社長(ヤン・ヒョンソク)は音楽だけ熱心にしろといったし、それが本当に有難かった”と説明した。

彼は最近にもYG社屋を頻繁に訪れてプロデューサーおよびスタッフらと意見を交わしている。 彼は“ここにくれば皆がただある瞬間も休まないで音楽だけする。 音楽の他には何の考えが入らない。 ‘YGで音楽、家に行って育児’だけやれば出来る”と笑って話した。

彼はまた、色々な人々と呼吸を合わせながら性格もたくさん変わったと強調した。 彼は“以前には欲が多かったのか、傲慢でそうしたのか分からないですが、私一人でみな上手にすることという錯覚をした。 私の周囲にずば抜けた人がいても分からなかったのだ。 ところで過ぎた時間の間一人で考えながら感じたものだが、人々から習うことが多かった。 YGで見ると、多くの人々が一日中アイディアを出すから私が思うこともできなかったことがたくさん出た。 優れた人々がとても多いねしたくてこの頃は仕事がなくても会社によく来る”と話した。

彼は引き続き“以前には否定的な性格だった。 触ればぶすっと爆発することもした。 その時は分からなかったが今振り返ってみればそうだ。 ところで今は疲れたためか、成熟したためか、そのような面がたくさんなくなった”と淡々と話した。

[OSEN 2011-11-15 07:13] 元記事はこちらから

20111115-1.jpg

※1年6ヶ月という時間も大きな意味があったんだな。
ジフニはヨベクから離れてなにを思ったろう、キーイーストをこれから自分の住む家と馴染めるといいな。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。