★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 'ブレイン'シン・ハギュン、なぜ名不虚伝化した'カムバック好評'
2011年11月15日 (火) | 編集 |
8年ぶりに居間にカムバックしたシン・ハギュンの申告式は派手だった。

14日放送されたKBS 2T V間月火ドラマ'ブレイン'の男の主人公シン・ハギュンが触れることができない演技力とカリスマでブラウン管をいっぱい埋めた。

シン・ハギュンは名不虚伝だった。 久しぶりのブラウン管カムバックに負担も忘れたまま、視聴者たちを圧倒するオーラを漂わせて視聴者たちの視線をひきつけた。

シン・ハギュンは'ブレイン'で大韓民国最高名門対天下大医学部を卒業した神経外科専任医2年目イ・カンフン役を担った。 何よりシン・ハギュンは医師の象徴の白いガウンを完ぺきに消化してフンナム医師としての容貌をかもし出した。

この日初回でシン・ハギュンは鋭い目つきで万事を思うままにするカリスマある医師の姿をリアルに表現した。 長い間スクリーンで留まったがブラウン管に戻ったシン・ハギュンの演技は名不虚伝という話を実感させた。

シン・ハギュンが演技したイ・カンフンは大韓民国最高名門天下大医学部を卒業して大学病院で勤める唯一無二の実力を持った2年目神と度が外れた自負心で優秀なようにを口について生きるせいで周囲の疾視幼い視線も受ける。 だが、自身の前を防いで立つ葛藤を踏んで最高になるための努力を広げた。

放送中間視聴者掲示板には"シン・ハギュン、やはり期待を裏切らない演技力","シン・ハギュンのために見たがやはり失望をさせませんね","前より一層期待されます。 ブレイン完全面白くなるということ","シン・ハギュン、スクリーンとはまた他の魅力が.."等と同じ好評が次から次へ上がってきた。

一方'ブレイン'は大学病院新畏敬課を背景に広がる本格メディカル ドラマでKBSが創社以来初めて正統メディカル ドラマなのでより一層関心を引いている。 ここに昨年初め放映されて大人気を集めたKBS2 '勉強の神'のユヒョンギPDとユンギョン作家が意気投合した作品でシン・ハギュンその他にもチョン・ジニョン、チェ・ジョンウォン、チョ・ドンヒョクなど演技派俳優らの大挙出演で期待を呼んで集めている。

[OSEN 2011-11-14 23:15] 元記事はこちらから

20111114-12.jpg

※シンハギュンドラマ8年ぶりなんだ、年取ってしかも冬の現場はツライのによく戻ったなあ。
でもシンハギュンやチョンジニョンをドラマで見られるって貴重!彼だから見たいと思わせるってスゴイ!(2話ほとんど寝てたけど・爆)白衣の着こなしはミョンミン氏には敵わないけどなかなかお似合いで、来週もリアル視聴がんばるぞ~。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。