★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 '宮'ファンたち" '宮2'製作過程に対する丁重な了解と謝罪声明を"
2011年11月05日 (土) | 編集 |
ファンインルェ監督の'宮'を楽しんで視聴してインターネット ファン カフェを構成して活動してきた四つサイトの熱血会員数千人余りが自分たちの意見を集約して製作スタッフに"'宮2'を作りながらあった製作過程に対して納得するほどの説明とシーズン制を待ち望んだファンたちの期待を無にしたことに対する謝罪声明を出してくれ"として積極的な意志表示をしている。

DCインサイド、テルグン(ダウム掲示板),mbc宮掲示板、マイクラブなど4代'宮'ファンたちの集結サイトを訪問する会員約8000人余りは'宮'の続編格の'宮2'の製作過程とキャスティング過程をその間見守りながら数多くの激しい討論を繰り広げたし最近このようなネチズンらの意見を総合整理したID'青いウサギ'が作成した声明書性格の文をノーカットニュースに送ってきた。

また、これを伝達したID'アトピー'は18日ノーカットニュースとの電話通話で"私たちは誰がキャスティングされたといって是非の言い合いこうするのではない"と前提にした後"その間'宮'が終わって'宮2'というシーズン ドラマが作られる過程で見せた製作スタッフの残念な姿に'宮'を愛する視聴者の立場で製作スタッフが見せることができる進行過程上にあった納得できる説明をしてくれという要求"と話した。

これら'宮'ファンたちが言及している製作スタッフに対する失望はその間'宮2'を製作しながら見せた全出演者などに対する非難混ざって一方的な叱責と'宮2'の内容が決してシーズン制ドラマと見ることはできない全面新しく構成される内容に対したこと等に対する製作スタッフのいかなる責任ある解明がないというさびしさだ。

これに対してファン・インレ監督はノーカットニュースとの電話通話で"'宮'ファンたちのサイトがいくつあるということを知っていて'タクペスで'(近づいて俳優とスタッフ固定というインターネット用語)運動がオンライン上であったとのことも認知していた"としながら"今の時点で過ぎ去った過去進行過程に対して話すのはドラマのために別に望ましくない。 時間が過ぎて気楽に話せる時があるだろう"と話した。 ファン監督は引き続き"'宮'ファンたちの愛情に感謝申し上げている。 今は良い作品を作ってファンたちを失望させないという言葉外には言うべきことがない"と付け加えた。 '宮'の熱血ファンたちと製作陣間の涼しい距離感がどのように狭まるのか前に注目される。

次は宮ファンたちが製作スタッフに要求する声明書内容の全文だ。

20111104-4.jpg


ファン・インレ監督様の演出の下ユン・ウネ、チュ・ジフン、キム・ジョンフン、ソン・ジヒョ主演で2006年1月11日で2006年3月30日までMBCで放映されたドラマ宮は、30%-40%以上の国民ドラマと分類される程故視聴率を記録した伝説的なドラマではなかったですが、宮ファンたちにいては視聴率という定規で定義するのが難しい程絶対的支持傾向を引き出しました。 ドラマ宮はパク・ソヒ作家の空前のヒット作の少女漫画'宮'を原作にした期待作で製作段階から注目を集めたが、歌手とモデル出身の演技経歴が一度もない新人俳優らを主演でキャスティングしながら生い茂った論議の余地を残して不安な開始をしなければなりませんでした。

大衆的な指向を前に出して脚色されることはあったがどういうわけかマニア層を刺激するコードがいっぱいだったこのドラマは劇序盤の不安要素であった新人俳優らのぎこちなくて硬直していた演技がいつのまにか配役と俳優の間の境界を推察できない程の献身的な没入を通じてファンたちの賛辞と期待心理を高めて行きました。 派手なセットと細心に気を遣った小道具ら、ファン・インレ監督様の秀麗な演出感覚が作り出した妥協しない絶対美感の映像美は高画質ドラマで宮の真価を差別性あるようにさせたりもしました。

ドラマが後半部にチネンドェオガルスロク製作スタッフの演出と俳優らの好演と視聴者たちの呼応が作り出すシナジーは企画団界で20部作だったドラマは4回延長と一緒に続編に対する青写真まで作り出すに至りました。

宮1.5スペショルを記憶しますか? 出演陣と共に宮とシーズン制ドラマであることを明らかにして続編に対する立場を明らかにしたMBCと製作社間の公式的なカミングアウトになってくれたし宮に対する関心が高まった絶頂の時流とともに拡大したファン層とマニアらに希望的な待つことの使命感を抱かせました。 どのドラマでも後半部に早ければ放映終了に対する物足りなさに続編に対する言及は抜けなくて登場してきました。 ファンたちの要請からでなく製作スタッフが先に出て完全な続編体制に対する先駆的な先例を残そうと思った目標を持って韓国の放送ドラマ史上類例を探してみることができなかった<シーズン>という海外ドラマで見ることができた形態の野心に充ちたプロジェクトを進行していくという宣言に宮ファンたちは歓呼しました。

シーズン制ドラマというのは何ですか?

キャスティング固定と全編との延長線上で新しいストーリーを解いていくドラマの展開方式をいうのです。 宮ファンたち、マニアらの熱狂的な支持には延長放映で深刻に毀損された緩くて四足が割り込んだシナリオ上の問題らを補完して完ぺきに近い程熱演した俳優らの宮と共に成長していく姿を見ることができるというその公式的な約束に熱狂するほかはありませんでした。 製作スタッフらに送る信頼の裏面に積もった歓呼のエネルギーらをただ待つばかりである形態で持っていないことを決めて行動したことは私たちの決然とした意志の表現でした。

[タクペスコ(近づいて俳優とスタッフ固定を意味するインターネット新造語)シーズン2]という宮ファンたちのキャッチフレーズを忘れるのが難しいはずです。 何回も製作スタッフ自らも言及したし、記事化されて反響を呼んだりもした[タクペスコ]は'俳優とステップを固定'年真のシーズン制に新たに出る宮の続編を待つというファンたちの希望は製作スタッフの立場では続編を推進できた底力の核になってくれたとのことを否定することはできないことです。 ファンたちと対話してファンたちの支持を訴えたことは他でもない製作スタッフらであったし、ややもすると負担になる越権を行うことになるか自制と深夜12時(?)を繰り返しながら本来の席を守ったことはクンペニオッスムニだ.

その過程であった水害義援金前月やおやつ、贈り物イベント、レビューブック製作などは宮ファンたちの行動力と自負心の産んだ'廃人'というイメージに呼んできたが実は建設的にドラマを享有して維持させてきた証明飼料らです。

[タクペスゴシーズン2]を叫んできた3月30日以後の宮ファンたちは宮で会うようになったユン・ウネ、チュ・ジフン、キム・ジョンフン、ソン・ジヒョをはじめとするすべての皇室家族以下演技者らの個別的な活動らを支持しながらもいつもその出発点を忘れないまま本来の席を守ってきました。 製作上の問題点が持続的に聞こえてくる渦中でもその難関を克服して私たちにきてくれる、その時間の力に余った待つということをモットゥロジン約束で完遂するだろうという信頼一つで揺れる時ごとにさらに強くて柔軟なファンに新たに出たりもしました。 約束された発表時期は夏だったが... 月を繰り返し渡して9月16日に達することになりました。

そして待ち望んだ返答を聞くことはあったが宮を再び見られないという絶望を得ることになりました。 宮ファンたちの6ヶ月間の、半年間の待つということはそのように空中分解されてしまいました。 製作スタッフが最後の最後にまで希望の余地をそれとなく言論に流しながらファンたちの動向を縛っておきながら期待するようにした(実際に9月15日までもキャスティング固定完了に対する肯定的な記事が出ました)続編のキャスティングの固定は不発になったしシナリオは理解不可な領域に進入していました。

ファン・インレ監督様がその渦中で話されたことは'韓国型シーズン制'という急造語でした。 シーズン制ドラマでの続編製作が失敗に終わりながら手のほどこしようもなく増幅されてしまった疑惑を解消するためには情況を理解するほどの声明書ないしはファンたちに対する最も基本的な配慮で宮シーズン2霧散に対する納得可能な解明を聞くことができるという最後の期待まで持つことができなかった宮ファンたちは入口はあったが出口はないネズミ罠に陥った格好になってしまいました。 その過程でファン・インレ監督様以下製作スタッフが宮ファンたちに答案だと出した色々な記事は疎通する方法が完全に遮断された一方的な通知だっただけです。

宮に会うようにして作られた宮のお父さんであったファンたちの偶像の頂点に立っていたファン・インレ監督様が言及された"子供のようだった俳優らの人情がない行動"のために失敗に終わるほかはなかったという発言、"江華島令哲宗で取ってきたモチーフで新しいシナリオを執筆したこと、中華料理店配達青年が分かってみると皇孫であったし、皇帝になってノーブレス オブルリージェを実践するという社会性まで入れたドラマで作る"という発言がありました。 終わりもなしであふれ出る新しい主人公らに対する推測性記事らに宮ファンたちはシーズン霧散に対して歩いてきた半年にかけた待つということを空しいことで押し倒す間も持つ余暇なかったです。 何が果たして真実で、何をすぐに話せなくて、何でその間の時間らを戻さなければならないのか混沌に陥ったファンたちの驚きは相変らずとても取り出すことができない内心の中に不愉快な沈殿物に残ってしまいました。

オトゥ クィトゥル衣装のように二つとない服を合わせて着たように、孤独だが人間味があふれる皇太子イシン、チュ・ジフン. 平凡な隣の家少女のようなながらも宮中の長く泊まった空気まで清涼にさせてしまった皇太子妃シンチェギョン、ユン・ウネ. 眺めるばかりであることだけでも涙があふれるようにさせる愛に痛くて痛かった義城大君イユル、キム・ジョンフン. 成り立たない初恋のかすかな傷で残ったなごやだったが可憐なバレリーナ ミン・ヒョリは、ソン・ジヒョ. 宮を宮らしく作ったその俳優らをまた見ることはできないのですか? ? 新しい出演陣で作られるドラマは果たして真の宮の続編になることができることなのか訊ねたいだけです。 俳優らのキャスティング過程で行き来した一般のファンたちが覗いて見る道ないわずかな過程まで全部を明らかにしはしなくても、まだ新人級演技者らのデビュー作として彼らのすべてのキャリアあって烙印のように人をドラマとの縁を考えた時、また共同作業できない状況で暖かい惜別の話と明るい未来を祈る父母のようで師匠らしい寛大な心を見せることはできなかったことであったか訊ねたいです。

キャスティング固定の不発と共にさく烈したシナリオ賞の受け入れるのが難しい設定はいつから企画されたことかまた尋ねなければなりません。 謀計継承が不可能な皇室の法の正統により皇孫とは知らずに育った中華料理店配達人青年が皇位をつなぐというシノプシスを宮ファンたちはどんな気持ちで受け入れるべきか堪え難いことこの上ありません。 皇太子新代行ヘミョン王女が皇位を受け継いで放映終了をむかえた全編の流れを全面否定しているわけではないでしょうか? そのように重大な問題を皇位を継承する問題を考慮しなかったという話ですか? ヘミョンが継承できないならば明らかに存在する継承序列1,2位の大軍らを置いておいて見たことも聞いたこともない傍系側の血縁関係の皇孫を探さなければならない理由は何でしょうか? 皇室が存続して、皇室家族がそのまま登場して、皇室の精通した継承序列が明らかに正しく立っているので、ナンセンスと違わない謀計継承不可という一歩遅れて急造やり遂げたカードで、かろうじて復元やり遂げたのでより一層光った皇室の名誉と信頼を底で引き下ろしたことでなければ何でしょうか?

実際にドラマでない現実の中の大韓帝国皇室の謀計継承不可能なものではなくて皇位継承者で推戴なった方は翁主ではなかったのですか? 現実でもこのように敏感で波紋が予想される話題を製作会社の便宜のために見過ごして簡単に扱っていながら'ノーブレス オブルリジェ'を論じるのは話にならない説です。

既存の俳優らをキャスティングするために努力されないリガ イッケッスムニカマは半年も越える時間の間どんな妥当な水面下作業を持ってこられたのか程度は知りたいです。 江華島令モチーフのシナリオが最終落下点を受けることになる前にはどんなシナリオが肯定的に検討されてきたのか程度は聞きたいです。 そうしてこそ誹謗と言論プレイの中にかくされた本当の行方を正しく知って、監督様と製作スタッフに吐き出すほかはなかった怒りの矢を洗うことができるでしょう。

俳優らのキャスティング不発によって完全なシーズン制を指向する続編製作が不可能になったとのことだけは確かに分かるが、その過程で俳優らの信義を無くさせた行動せいで堪え難かったというような論議を作り出して核心を曇らせるような報道資料は受け入れることとても手に負えません。 宮ファンたちに俳優らと監督様をはじめとするスタッフ陣らやはり深い信頼で結ばれた大切な存在らだったのでこのように痛い傷跡を残して締めくくることになるとは想像して見たことがなかったことです。 既存の俳優らの巨額の身代金のために難航していて新人級の俳優らで新しい陣形を組まなければならないという入り乱れていた正月と有力な候補に指名され注目を集めている韓流スターが最終落下点になるという予想など休むということなしであふれる記事らの洪水の中で続編に対する世間の関心が高まる裏面に存在する宮ファンたちは深い傷に疲弊されて行きました。

宮はもう続編を持ったドラマでない一遍のドラマで放映終了されたとのことを分かるようにされた製作スタッフら、製作会社が分離しながら体験しなければならない予定された手順の難題らに対する回避と隠蔽でない責任感ある収拾と解明で6ヶ月間、半年の時間持続してきたこの空しくなってしまったファンたちの待つということを終わらせるようにお願いしてみます。 今日に至ってまた[タクペスでシーズン2]を進行できるはずもないが、もう一度ファンたちが待ったとおり成り立ったキャスティングに固執して続編を製作して下さいと固執しているのではありません。

ドラマの効用価値は芸術性を失わないながらも大衆のために存在しなければならないのではないでしょうか? 市場論理のために芸術も、大衆も破った製作スタッフの昨今の姿を記憶に残したくありません。 視聴者との約束を破ってもいかなる解明と謝罪もなしでファンたちの荒々しい動揺に対して基本的な拒否と無反応で一貫しているその姿がファンたちには傷に傷を加える一に残ります。

大韓民国ドラマ史上意味深長な試みで期待を集めたドラマ宮のシーズン制企画は失敗に終わりました。 それならそれを期待するようにさせた立場の製作スタッフは続編製作推進の核だったファンたちに最小限の礼節を守って丁重な了解と謝罪声明を発表して下さるように願います。

国内で[タクペスコシーズン2]のために冬と夏、秋、三個の季節を同苦同楽した宮ファンたちと宮の海外放映により生成された中華圏、日本、東南アジア一帯の熱血ファンたちのために最後に製作スタッフが見せることができる責任ある締めくくるということをこんこんとお願いします。


[ノーカットニュース 2006-10-19 09:03] 元記事はこちらから

※過去記事ちょっとさらったけど全文はなかったみたい。あらため読むと感慨もひとしお。この後製作側からの動きはあったんだろうか?記憶曖昧。ファンPDの"時間が過ぎて気楽に話せる時があるだろう"というコメントにジーン。遠回りしたけれど続編制作コマスミダ。いずれ語ってくださる日を待っています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。