★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 [記者手帳]チャン・グンソク、より大きい虚勢をお願いして- ★出た話
2011年11月03日 (木) | 編集 |
俳優チャン・グンソクのよどみない歩みが継続されている。 過去に‘虚勢’と呼ばれた特有の自信が‘アジア プリンス’で確かめた位置づけにジェットエンジンをただ姿だ。 去る2日あった<きみはペット>マスコミ試写会現場での発言もそうだ。 <君はペット>で嘱望受ける舞踊家でミュージカル俳優で専業するカンイノを演技した彼は“私が俳優なのか歌手なのかダンサーなのか、アイデンティティをたくさん探すことになった映画.”として、“やはりアジア プリンスは誰でもなるのではないようだ。”と自画自賛した。 笑おうといった声だが彼の大胆さとホギロウムを感じられるような項目だ。

チャン・グンソクには誤解が多かった。 彼の率直な性格を見る時くやしかったようだ。 彼に立てられた色眼鏡の定規はまた、自ら理由があった。 チャン・グンソクの特出出た容貌は演技を分けた。 <ベートーベン ウイルス>等の色々な作品で演技力を検証受けた今にも事実演技よりは容貌がさらに優れるという感じを消すのが難しい。 容貌もまた持って生まれた福であるもののかえって演技力に傷を出したケースだ。

特有の自信もそうだ。 ‘虚勢’というニックネームはチャン・グンソクには致命的だった。 <黄金漁場>が違ったら今でも付いて回る荷札だ。 事実チャン・グンソクは自信があふれるというよりはそのまま率直な性格と見える。 単にこういう芸能人が珍しかったので大衆は見慣れないだけでその不慣れを冷遇した。 とりわけ謙譲を美徳と考える我が国ではより一層そうした。

芸能人は自身の私生活や考えを隠すはずだ。 余計な行動と言葉で物議に上がれば本人損害期のためだ。 動物保護を話そうと疎通の場を作ったイ・ヒョリもさほど経過せず袋叩きにされることもした。

しかしチャン・グンソクは隠さない。 絶えず自分を示して大衆の反応を尋ねる。 去る10月釜山国際映画祭当時広げた浜辺即興公演もそういう発露だ。 チャン・グンソクの2回ゲリラ コンサートの収益金は23万6500ウォンだった。 この金額もまた、本人が寄付意志とともにツイッターで直接知らせた。 虚勢だったら収益金を高めて呼んだことで、自信が土台になった公演というにはチャン・グンソクはとても明るかった。 何百円大収益を上げたといっても喜んでツイッターに話したことと考えられる。

チャン・グンソクの行動が誰にでも見栄えが良い必要はない。 そして彼の行動が常に良いことだけでもないだろう。 実際に俳優イ・スンジェがチャン・グンソクの遅刻に対して指摘したこともあった。 後輩を考える大先輩の叱ることに日本にあったチャン・グンソクはすぐに電話をして去る行動に対して謝った。 チャン・グンソクのねじけたところがなく明るい性格と共に彼の未来を見せる一例だ。 表わすことだけ知っている人でない受け入れる方法も知っている人だ。 以前には一方向性疎通だと彼の姿が虚勢と見えたとすれば今はSNSを通じてファンと疎通する。 最近チャン・グンソクの好感度が沸き上がる理由の中の一つだ。

幼い時期から活動して長い間見てきたが事実チャン・グンソクは若い俳優だ。 分からないのは学び発展していけばそれだけだ。 すでに韓流スターで発足にアジアの人気をぐっしょり吸収しているけれど本人自ら“ワールド スターに一度なりたい。”と話すほど進む道も遠い。 今見てより大きい虚勢があれば良いだろう。 今までしてきたようにチャン・グンソクの虚勢が現実に変わるのを眺めることはかなり楽しいことだ。 その上その過程もまた、今まで彼が見せた軌跡を見る時明らかに平凡でないことだと期待をせざるをえないようだ。

クォン・クヒョン記者

[マックスムービー 2011-11-03 16:48] 元記事はこちらから

20111103-7.jpg

※韓国でのグンソクくんフィーバー反応は興味津々、今後も静観で~。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。