★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ロバート・パティンソン、“クリスティン・スチュワートとすでに夫婦の仲”
2011年10月29日 (土) | 編集 |
ハリウッド俳優ロバート・パティンソン(25)がガールフレンド クリスティン・スチュワート(21)と実際に結婚式をしたと明らかにして衝撃を与えている。

彼は最近スウェーデン、ストックホルムで開かれた映画‘プレイキングドーンパート1(The Twilight Saga:Breaking Dawn - Part 1)’広報記者懇談会で“結婚式場面を撮影する時媒酌に立った方は実際司祭仕事をしておられた牧師様だ。 技術的にはベラ(クリスティン・スチュワート)とすでに婚姻したわけだ”としながらビハインド ストーリーを伝えた。

引き続き“現場にいらっしゃった牧師様は一般的な結婚式式次のとおり全てのものを進行された。 婚姻申告をしてはいないから社会的には違っても教会では(スチュワートと)夫婦関係になった”と伝えた。

このようなパティンソンの話はたとえいたずらであってもかなり驚くこと。今年二十一才のガールフレンド兼同僚スチュワートの場合、英国マガジンGQとの最新インタビューで彼との長い間の恋愛をやっと‘認定’するばかりだったためだ。

今回の映画で主人公エドワードとベラはついに夫婦の縁を結ぶ。 二人の森の中結婚式場面、濃度濃厚なベッドシーン、ベラの出産場面などが含まれる予定なのでファンたちの気がかりなことが増幅されている。

劇中登場する情事シーンに対しては“だいぶ難しかった。 二十人を越える人々が部屋の中をいっぱい満たしたまま絶えず注文した。 ‘またしよう’という話を数多く聞いた”として当時を思い出させた。

また“派手でけばけばしい場面だということよりは美しくて密度高いシーンだ。 本にはなくて皆が非常に緊張して撮影したようだ。 スチュワートと出たカメラにあらわれる私たちのからだでもそのような部分がたくさん心配になった”と付け加えた。

先立って去る8月‘プレイキングドーンパート1’側はスチールカットを追加に公開して気がかりなことをかもし出したことがある。 当時下着姿のスチュワートの姿に扇情性論議がおきることもした。

あらかじめ公開されたスチール カットを見れば唯一主人公らの愛の心および露出シーンが多いことが特徴。白色下着だけ着たまま水中にあるクリスティン・スチュワートや相談を脱衣してスチュワートを抱いているロバート・パティンソン、二人の親しい抱擁シーン、ホットパンツ姿のスチュワートとブルーシャツを着たパティンソンがお互い向かい合って座っている写真など全編では見られなかった多少果敢な場面が含まれている。

一方‘プレイキンドーンパート1’は来る11月18日米国封切りを控えている。

[OSEN 2011-10- 9 09:19] 元記事はこちらから

20111029-5.jpg

※濃度濃厚~!?ますますブレイキングドーン見るのが楽しみになってきた(>_<)
しかし考えてみるとシンチェはウンヒョン宮でもマカオの教会でもすでに結婚式挙げてたっけ(爆)。独身の女性がウエディングドレス着ると婚期が遅れるってよく言うけどジフニは責任取らないとだね^^


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。