★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ミン・ギュドン新作‘私の妻のすべてのもの’、イム・スジョン-イ・ソンギュン-リュ・スンニョン キャスティング
2011年10月25日 (火) | 編集 |
ミン・ギュドン監督の次期作‘私の妻のすべてのもの’にイム・スジョン、イ・ソンギュン、リュ・スンニョンがキャスティングされた。

映画‘私の生涯最も美しい一週間’ ‘アンティーク’ ‘世の中で最も美しい離別’等の作品を通じて繊細で感覚的な演出力を認められたミン・ギュドン監督の新作‘私の妻のすべてのもの’(仮題)は率直なこと抜けば死体の女チョンイン(イム・スジョン)と愛より離婚がさらに難しい小心な男トゥヒョン(イ・ソンギュン),そして彼らの完ぺきな離別のために投入された希代のカサノバソンキ(リュ・スンニョン)を囲んだ話を描いた映画だ。

イム・スジョンがスペックは完ぺきだが夫にだけは最悪の妻チョンイン役を担って既存の物静かで弱いイメージとは全く違う破格的なキャラクター変身をリリースする予定だ。 人気ドラマ‘パスタ’と映画‘ケチなロマンス’でしらじらしいながらも艶がない魅力で女心をひきつけたイ・ソンギュンは小心な夫トゥヒョンに変身する。 ここに‘最終兵器弓’でチュシンタ役割でくやしかったリュ・スンニョンが希代のカサノバに変身する。

ミン・ギュドン監督の感覚的な演出力、それぞれ違った魅力の三人の俳優イム・スジョン、イ・ソンギュン、リュ・スンニョンのシナジー効果が期待される中で映画‘私の妻のすべてのもの’は来る11月末クランクイン予定だ。

[wstarnews 2011-10-25 20:13] 元記事はこちらから

20111025-3.jpg

※ライトコメディってこれのことなんだ! コプのソンギュン氏にキーイーストに移籍したイムスジョン嬢、これは試写会にはウネちゃんもジフニも当然来ないとだ^^

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。