★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 日本韓流ファンが若くなる
2011年10月22日 (土) | 編集 |
2004年‘ヨン様ブーム’で日本で話題になりながら韓流はなくてはいけないコンテンツになった。

草創期には韓流主消費層は50~60代であった。 日本のドラマは若い視聴者たちをターゲットで作ったのが多い。 だが、この頃若者たちはインターネットを保持、TVをよく見ない。 自炊生は最初から部屋にTVがない場合も多い。 TVを生活の一部のように感じて生きてきた‘昔新世代’は今ママになったし、おばさんと呼ばれる。 現在の40代は家にいる時TV音が聞かないだろうならば不安だということを感じる世代だ。 見たいプログラムがない時も同じだ。 ところで日本ドラマは若い人のための作品が多いからこれらが見るだけのことはあっていない。

韓国ドラマの魅力の中の一つは母親たちがおもしろく見ることができるという点だ。 恋愛や社会的教訓を扱う日本ドラマとは違って人々の感情、立場の違いで起きる主題が特に主婦らの共感をかっている。 また、日本ドラマは現実的で問題を直視するようにさせるのに比べて韓国ドラマは疲れる母親たち、オールドミスらを慰めるほどのアイテムをよく扱う。 あたかも夢のように金持ちが求愛をして、年下の男が“姉さん愛している”としながら近づくなど現実では難しい状況が広がる。 家族悩みも省けない。 日本では主人公の家族はほとんど登場しない。 関係で広がる、人間の縁を重要視する中年の母親たちは日本ドラマに特別な面白味を感じられない。

そこに加えてこの頃K-POPアイドルグループが日本で大きい人気を得ている。 東方神起がますます有名になっていて、ここにビッグバンも加勢した。 二チームのスタイルが違ってそれぞれ違ったファン層を確保しながら韓国歌謡を多くの人々に知らせた。 そこに他のチームも次から次へ日本で顔を知らせている。 この頃日本で位置を占めていく男アイドル グループを挙げれば、シャイニー、帝国の子供たち、エムブラック、インフィニット、ビースト、ユーキスなどがある。 その他バンド アイドルではシーエヌブルーとFTアイランドが人気がある。 アイドルグループのために日本女子高生が韓流に陥った。 韓国と同じようにアイドルグループのファンは女子高生だ。 アイドルのために韓国語を勉強して留学まで行くティーンエージャーが多くなった。 このような変化は1年ほどの外にならないのでもっと見守らなければならないが、若い韓流ファンたちは将来韓日関係において大きい役割をすることになるだろう。

10年前までも韓国に行ってみたという日本人は多くなかった。 ところで韓流ブームのためにドラマに出てきた場所に行ってみたいというマニア層も増えた。 今は中高生がドラマに出てきた韓国に行ってみたい。 飛行機で2時間の外にかからなくて旅行費用がたくさん入らないという理由もあるがやはり韓国の魅力はドラマや歌手、今の韓流ブームにあると考える。 韓国は一度行ってみた日本の人々は2度も行って3度も行く。 開始は韓流スターらだが行って直接会った韓国の人々、食べてみた食べ物ら、見る風景が皆美しくて韓国は日本の人々が行ってみたい国になっていることだ。

[スポーツカン 2011-10-20 19:43] 元記事はこちらから

※わたし実は国内旅行はもちろん食べ歩きにさえまるで興味ない出無精人間なんですが、単身スーツケースころがし2度3度となく何度でも行きたいと思わせる韓国ってスゴイ! 宮の作られた、ジフニの住む同じソウルの空の下、そこにいられるだけで幸せで(笑)。この気持ち年代は違ってもみんな同じ^^

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。