★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 チョ・ヨジョンがまた再び果敢に脱ぐ理由は?
2011年10月22日 (土) | 編集 |
映画'気まま前'(2010年)を通じて清純ながらも蠱惑的な魅力を誇示して演技変身に成功した俳優チョ・ヨジョンがスクリーン カムバック作で'後宮'を選んだ。

映画'後宮'は朝鮮時代を背景にした史劇メロで'バンジージャンプをする' '穴の迷惑'を演出したキム・デスン監督が演出を引き受けた作品. 女優の程度が高い露出演技が少なくなくてキャスティングに難航していたことがある。

この作品に果敢に挑戦状を差し出した俳優は'房子伝'でも果敢な露出演技で世間の注目を集めたチョ・ヨジョン。

'房子伝'を通じて露出でない新しい演技変身で忠武路の集中照明を受けたことがあるチョ・ヨジョンは最近人気の下に放映終了したtvNの水木ドラマ'ロマンスが必要で'を通じて堂々としていて愛らしい女性で自分だけの魅力を精一杯発散したことがある。

チョ・ヨジョンが違う女優が露出のために敬遠したこの作品を苦心の末に受け入れた理由は女としての露出でない俳優としての演技に重点を置いたため。 監督に対する信頼と完成度高いシナリオが俳優には'露出'という負担になる単語以上の意味を持つためだった。

'房子伝'を通じて女優としての可能性と演技力を立証したチョ・ヨジョンが露出という話題を越えて、また、どんな演技変身を見せるのか映画界内外の関心があふれている。

[OSEN 2011-10-04 08:09] 元記事はこちらから

20111022-3.jpg

※'ロマンスが必要で'の彼女すんごいカワイイキャラなのに破格露出演技もしてたなんて意外~。チェヨジョンさんは81年生まれの30歳。若さだけでちやほやされる時期を過ぎた女優としていろんな引き出しを持ってるって大事なことだ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。