★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ハ・ジョンウ、格が違う演技情熱..‘この人本当に驚くべきだ’(インタビュー)
2011年10月16日 (日) | 編集 |
容疑者身分で弁護士で急上昇、とても粋であるスーツをきちんと着たハ・ジョンウは映画‘依頼人’を通じてスクリーンいっぱい自身の存在感を表わす。

映画に対する情熱ぐらい賢い俳優. 彼はキャラクターの性格が強烈でもそうではなくても、比重が小さかった大きかった自身の存在感だけははっきりと誇る。 研究して勉強することが日常になった程にひとまずキャラクターを選択すれば完全に没頭するハ・ジョンウは今回の映画でやはり自身ができる限り最善の努力をすべてした。

法廷用語が難しくて撮影前監督、俳優らと口にぴったりくっつくように脚色するかと思えばディテールある設定一つまでも悩んでまた悩んだ。 また、久しぶりに着るスーツが体に当たらないとみられるかビヤホールで気楽に酒一杯をする時もスーツに固執して着て通ったしシャープな弁護士イメージを構築するために毎日撮影伝えた時間ずつジョギングもした。

刻苦の努力はただ一ヶ月、ハ・ジョンウはこの短い時間に勝率99%スター弁護士カンソンヒで完ぺき変身した。

ハ・ジョンウは映画封切り前進行されたインタビューで“映画がいつも完ぺきなはずもなくて私の演技もやはり惜しい部分は当然ある”として“だが、キャラクターを受け入れる時間は充分だったし熱心に撮影した”と明確に話した。 私的な話が一行ならば映画の話はおよそ50行程度になった彼とのインタビューは映画撮影現場に立っているように生き生きそれ自体であった。

20111016-4.jpg 20111016-5.jpg 20111016-6.jpg 20111016-7.jpg


-‘黄海’撮影を終えて一ヶ月ぶりにすぐに撮影をしたと理解する。

▲’国家代表’の時‘依頼人’シナリオを受けて十分に頭の中でキャラクターを考えて受け入れる時間があった。 2009年夏に受けたようだ。 ‘国家代表’地方舞台挨拶回りをした中であったのに‘依頼人’シナリオをはやく読んで話をしてくれなければならないらしい。 ‘なんだ’して読んでみるのにとてもよく読まれた。 バスで読んですぐに‘したい’という話をしてすることになった。

決定的契機はやはり監督様だった。 ソン・ヨンソン監督様に会って話を交わすのに事実初めて見た時はスタッフだと思った。 ハハ。 会ってみるからとてもおもしろかったし音楽的感覚も優れた。 好む音楽を聞くのに好みが出てきて似ていて珍しかった。

-‘依頼人’はポイントが習う。 演技ですべての勝負をかけるべきなのに負担はなかったか

▲事実ジャンル映画を見ればキャラクターを説明する場面がない。 各シーンごとにこの人物が見せることができる空間をどのようにすれば人間らしくさせるかとの俳優がしなければならない。 どのようにすれば観客が簡単に接近できるか非常に悩んだ。 カン・ソンヒ弁護士が作る表情語り口そんなことをシナリオにありのまま使いはしなくてポイントごとに適切に分配しながらアドリブで満たした。

零下で見ればカメラを押しこむ記者たちに‘足踏まないで下さい’、‘カメラ壊れますケガします’何このような形で瞬間対処する部分がある。 当時撮影をする時本当にそのような状況が発生してそのまま話したことでそれが良くて映画に反映された。 許されるアドリブはまもなくキャラクターと関連になるからたくさん生かそうと努力した。

-ディテールある行動一つ一つに神経を多く使ったようだ

▲監督様と話してまた話しながら作った。 初めての登場で野球をするのにそれが本来はゴルフであった。 ところで考えてみるから弁護士とゴルフはとても普遍的だったよ。 それでこの頃はまた、自転車が大勢とこしえにサイクルも入れてみたがそれではソン・ドンイル先輩と代謝する部分を別に離さなければならなかったしバスケットボール サッカーまで考えて結局には野球になった。

事実ハリウッド映画を見れば弁護士が野球が好きな設定が何箇所出てくる。 仕方ないというよりは人間らしいと考えた。 他の見方をすればかえって有利な部分になり得たと思った。 テニス場で投手モーションやはりその関連性を継続しようとするアドリブであった。

また自転車に乗って事務室に出勤する設定があったが本来ジャンパーだけ着て帰宅冷えそうだという考えに耳栓をかぶった。 人のにおいがして良かったよ。(笑い)監督様も快くOKサインを送って下さってうれしかった。 やはりコードがよく合うというから。 ハハ。

-それでそうだろうか実際弁護士を見るように没入力一つは本当にすごかったよ

▲撮影チョン弁護士が出てくるドキュメンタリーらをたくさん訪れてみたりもしたし知人紹介で50代初め弁護士の方をお目にかかったりもしたが初めには礼儀正しい感じに違和感が聞いた。 針の穴一つ入らないそうだったよ。(笑い)ところで時間が過ぎれば過ぎるほどおもしろい面が浮上された。 声のトーンは低音に固いがウィットある単語を使う意外性が見えた。 そのような部分をたくさん参考にした。

-カン・ソンヒ弁護士は明らかに主人公だが他の見方をすれば観察者という考えになる。

▲内台詞も出てくる頻度数や場面の分配によりテンポとリズムが変わる。 表現の密度よりは全体的な調節をしてこそヒスン兄(パク・ヒスン)演技までさらに引き立って見えるという考えた。 私の話をするよりは、また、感情を表わすよりはリズムに乗ってくれることが私の役割という考えもした。 他の見方をすれば道案内のようで徹底的に機能的だった。 もちろん互いに多くの話を交わした後決めた事項だ。 それでこそ観客が陳述に対する力をもらいはしないかと思った。

-法廷用語らと長い台詞、発音のようなものはどのくらい練習したことなのか

▲口に合うようにずっと発音してみたし撮影前監督様まで4人別に脚色作業をした。 ひとまず‘これのあります’を最小化させたしすべての大使を普段話すように変えた。 また難しい法律用語もたくさん純化させた。 そうでなくても難しいが用語まで冗談じゃなければ観客は当然大変がっただろう(笑い).

-本当に弁護士してもかまわない

▲本当に? 感謝する。 ワハハ。 ところで今になってする言葉だが本当に台詞が根も葉もなくて流れもなかった。 物理的に丹念に覚える数の外には方法がなかったしお互いにコミュニケーションをすることでもなかったためにさらに大変だった。 ヒスン兄と練習する時ごとに新たに演技がたくさん怠けるようになったんだなという言葉をした。 今回の作業をしながら本当に練習をたくさんしなければならないね悟った。

-底辺生活で延辺犯罪者、また、弁護士になるまで多くの変身をした

▲ドラマで検査経験一度してその後には…(笑い) 1年半以上を‘黄海’チームと孤立になった生活をしてダウン タウンで生活する都市男を表現するのに変換が難しかった。 一言離すのが難しかったよ。 ひとまずひげを削って髪を伸ばしながら私の生活パターン自体を変えた。 ‘黄海’の時は遅く寝て起きて顔がぷっくりとはれてもそれが今にも切れそうだったが…衣装チームしてショップを通いながらブランドも直接選んで実際内服も半分以上着た。

-次期作の話をほどほどにする。 男映画だけずっとしてコン・ヒョジン氏とタルコマンロコムル(‘ラブピクション’)をとっている。 楽しいのか?

▲良くて良い。 輩三流作家に出てくるからスーツも脱いでしまいとても気楽だ。 発音が変でも何の制約がない。 何年間俳優らと作業したがコン・ヒョジン氏とハニ新しくておもしろい。

もちろんその間私が選択した映画は私に全部ベストであった。 キャラクターも良かった。 個人的に望むのは年齢がもう少し入って40代メロをとることだ。 感じあるようだ。

-ブラウン管カムバックは計画ないか

▲まったくないとは話せなくてまた、映画だけとるべきだとの考えもない。 心は常に開けている。(笑い)あえて言ってみれば心を動かすほどの作品に会えなかったようだ。 私やはり機会をつかむことが出来ない部分もある。 良い作品にお伺いしたい。 前に封切りする映画2個からひとまず線見えて…

[ニュースエン 2011-10-13 13:32:55] 元記事はこちらから

※いま‘依頼人’は‘るつぼ’観客動員を追い越してるとか?
無謀にも字幕なしで観ました法廷劇、ネタバレ禁止令が出てるというどんでん返しも字幕なしだと理解不足で~、かならずや日本公開時に雪辱したいと思います(>_<)


でも弁護士ハジョンウかっこよかった~。
ドラマはH.I.T以降まだ?ブラウン管でも見たいけど今の撮影環境だと戻ってきてくれないかな。。。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。