★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ‘麻薬疑惑’イェ・ハギョン、活動再開にネチズン“もう?”反応
2011年10月13日 (木) | 編集 |
演技者イェハギョンが活動再改の意向を明らかにした。

イェ・ハギョンは麻薬投薬疑惑で拘束されて活動をしばらくたたんだモデル出身演技者. 来る12日自身のミニホームページを通じて“時間がすでに2年と半分が流れましたね。”として当時の状況を思い出させて長文の文を載せた。

彼は“この文を見る方々はまだ私を記憶しておられる方々でしょう。 私という人を良く見た吹いても。 そして私にたくさん失望された吹いても。”と暗示した後、“当然私を非難する方たちもいることと考えます。 してはならない仕事. またお見せしてはいけない仕事によって..”として自身の誤った行動に対して悔いていることを見せた。

引き続き“唯一の疎通窓口であったこちらも閉じておいて2年越えた時間本当にたくさん考えました。 ご両親. 私のステップら. ファンたち. 友人家族ら. 醜い私のために多く気苦労したし、そのような渦中にはある者は背を向けることもした。”として当時大変だった状況と内心を率直に打ち明けた。

また“用心深いが縮めたからだを起こして再び始めようとします。”として活動再改議意を用心深く明らかにした。 最後に彼は“物議をかもして本当に申し訳ありませんでした。 前に社会に太陽がならない社会に役に立つそのような社会構成員で生きたいです。”としてもう一度許しを請うた。

これにネチズンは“2年休んだと自粛を終わらせるんだな”、“あまり早いカムバックではないのか?”、“Gドラゴンが今麻薬疑惑で論議なのにこの時点で必ずこういう文を載せなければならなかったのだろうか。”として指摘していた。

もちろん“その間精神的苦労が激しかったようだ。”、“心ぐっとつかんで再び始めていると勇気を与えよう。”として応援するこれらもいる。

一方イェ・ハギョンは去る2004(2009のタマニキズ)年4月麻薬疑惑で拘束された後長時間自粛の時間を持ったことがある。

[レビュースター 2011-10-12 17:33:27] 元記事はこちらから

※わたしも時期尚早だと思う。少なくとも自分が無理に勧めたせいで同罪となったジフニの復帰を見届けるまでは自分のことは二の次だろうに、同情を誘うかのような文面が鼻につくし(失礼)。ミニホに挙げた全文を下にしまいます~。


時間がすでに2年と半分が流れましたね。 この文を見る方々はまだ私を記憶しておられる方々でしょう。 私という人を良く見た方々。 そして私にたくさん失望された方々...

私がどのように過ごしたのか気になった方たちもいることで、当然私を非難する方たちもいることだと考えます。 してはならない仕事.. またお見せしてはいけない仕事によって......

人間として基本を守ることができなくて生きたし。 私を良く見られた方らに多くの失望を差し上げてどのように何か話をするべきかまだとても難しいですね。

唯一の疎通窓口であったこちらも閉じておいて2年越えた時間本当にたくさん考えました。 ご両親、私のスタッフら、ファンたち、友人、家族ら.. 醜い私のために多く精神的苦労したし.. そのような渦中でどんなこれは背を向けたりもしたが。 それよりさらに私のそばで私よりさらに私を考えて心配する人が多いことを感じて感謝した心を持つ時間を過ごしました。 一緒にメッセージとコメントで応援のメッセージを送ってくださった皆さんの心まで..

私の手を最後まで捉えた人々との関係にさらに深さを感じて彼らと言葉で表現できない校監ができたと考えます。 彼らに申し訳ない心と感謝した心..その上に精一杯培った勇気という心まで受けて。 用心深いが縮めたからだを起こして再び始めようとします。

それで.. もうこちらを開けてみようと思います。 新しい会社にも巣を作ったし小さいことも始めようとするがまだたくさん用心深いです。

私を見れば不愉快に思う方がいることと考えられるからゆっくり.. だが、これからまた世の中に入ってこようとします。 重労働の難しくても..再び始めると難しく勇気得て決めました。

私の決定が気に入られるかは分からないですが。 冷たい心暖かく回して差し上げるのが私が持った宿題と考えます。

今私も20代という黄金期をすぎていつのまにか30代の開始が目の前に来ている時期ですね。 多くの考えらをしながら送るがこれから正直に生きたくて熱心に。 そして誠実に生きるつもりだという考えが一番大きいです。

物議をかもして本当に申し訳ありませんでした。 前に社会に太陽がならない.. 社会に役に立つそのような社会構成員で生きたいです。 また、皆さんにも周囲の人々にも再びどんな仕事にも残念な人にならないそのような人で..

恥知らずだが応援して下さればと思います。 多くの力になること同じです。 常に健康です。 常に幸せです。


ジフニがもしユルしてもこの2年間を思うとわたしはやっぱり許せないなあ。
もちろん社会復帰の機会はハギョンにだって与えられるべきだけどジフニに義理立てする配慮なし? 社会に対しても、ジフニに対しても、謝罪し罪を償う姿勢を見せて欲しい。。。

今日はこれだけで~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。