★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 放送3社"起訴猶予Gドラゴン、出演制裁ない"
2011年10月06日 (木) | 編集 |
男性アイドルグループ ビッグバンのメンバーGドラゴン(クォン・ジヨン・23)が大麻草喫煙疑惑で起訴猶予処分された中で今後地上波3社の出演制裁可否に関心が集められる。

ソウル中央地検強力部(部長検事キム会種)は5日大麻草を満ち足りている(麻薬類管理に関する法律違反)疑惑でGドラゴンを起訴猶予処分したと明らかにした。

出演制裁措置は各放送会社基準により出演子規諸氏員会が開かれた後決定される。 現在12人がMBC KBSなど麻薬関連出演禁止者でオ・グァンロク、ユン・ソルヒ、チョン・イングォン、チュ・ジフン、クラウンJなどが含まれている。

これに対してKBS MBC SBS地上波3社はこの日スターニュースに"出演制裁はない"と明らかにした。

ひとまずKBS,MBCは制裁計画がないという立場だ。 KBS審議室ある関係者は"現在のクォン・ジヨンは起訴猶予で法廷に立たないために出演規制は困る"と明らかにした。

MBC審議評価部のある関係者も"出資金紙と関連して話はできるが会議までは分からない"として"民事・刑事事件時審議会議を進行するが起訴猶予の場合大部分しない"と話した。

SBS審議チーム関係者もKBSおよびMBCと似た理由でGドラゴンの出演規制はない可能性が高いと伝えた。

一方検察によればGドラゴンは去る5月中旬ぐらい日本で大麻草を一度吸った疑惑を受けている。 去る7月検察でGドラゴンの毛髪検査をした結果陽性で判定が出てきた。

Gドラゴンは"日本のあるクラブで名前を分からない現地人が与えたタバコ一本を吸ったが臭いが一般タバコと違って大麻草で疑いを持ったが少し吸った"と自白したと伝えられた。

しかし検察はGドラゴンが初犯の大学生で、少ない喫煙量、深く反省する態度などを考慮して事件を起訴猶予処分した。 起訴猶予は犯罪疑惑は認められるが年齢、犯行動機、反省可否などを考慮して起訴しないことをいう。

[スターニュース 2011-10-05 16:13] 元記事はこちらから

20111005-1.jpg

※出演制裁云々の話題出るの早いなあ、しかもあっさり"出演制裁はない"発言だし事務所の公式立場もスムーズでジフニの時とは大違いだ。YGの報道資料全文を含む記事を下に続けます~。


YGが明らかにしてドラゴン大麻喫煙転末"お手洗いで若い日本人が…"

[スポーツ朝鮮 2011-10-05 16:24]

YGエンタテインメントがGドラゴンの大麻草喫煙と関連して今回の事件と関連して立場を明らかにした。

YGエンターテインメントは5日報道資料を通じて"先にこのような仕事が発生した点に対してビッグバンを大切にするすべてのファンのみなさんら. そしてビッグバンの音楽を愛して下さる多くの大衆皆さんに心より深い謝罪の言葉を伝えます"と明らかにした。

引き続き事件の転末を加減なしに伝えた。

去る7月検察から大麻草疑惑で調査を受けたしGドラゴンは大麻草を全く咲いた事実がなかったので堂々と検察の調査に臨んだし普段と同じことに定めたスケジュールを進行したとのこと。 だが、検査結果毛髪で極微量の陽性反応が出てきたしびっくりしなければならなかった。

所属会社側は"その原因を探そうと悩んでいる間去る5月日本ツアー中公演会場に訪問した日本の色々な関係者たちと成功的なコンサートのための酒の席に参加したことがあったがお手洗いを利用した途中ファンと推定される若い日本人の方がクォン・ジヨン君を調べてみて挨拶をしてタバコを薦めたし、好意に応じる次元で受けて2~3募金吸入したが、普段タバコ感じと違うというおかしな感じを受けて直ちに便器に捨てた記憶を想いうかべることになったそうです"と明らかにした。

引き続き"通り過ぎるように広がったささいなことだと考えたのでその間記憶さえよくやり遂げることができなかったことでしたが検査過程でなぜ'極微量'が出てきたのかその原因を探すために悩んでいる間ひょっとしてその時のそのことが原因でなかったのだろうか? という考えに検察で当時に状況をそのまま述べることになったのです"と説明した。

YGエンターテインメントは"多くの大衆に大きい人気を得ている芸能人として、彼らを徹底的に管理しなければならない所属会社で、より一層気を付けられなかった点に対して心より反省して悔いています。 もう一度今回のことで心配おかけしたすべての皆さんに心より頭を下げて謝罪差し上げて二回再びこうしたことが発生しないように最善の努力を傾けます"と謝った。

次は報道資料全文

先にこのような仕事が発生した点に対してビッグバンを大切にするすべてのファンのみなさんら.

そしてビッグバンの音楽を愛して下さる多くの大衆皆さんに心より深い謝罪の言葉を伝えます。

加減なしで今回のことの転末を申し上げようと思います。

去る7月頃検察からクォン・ジヨン君が大麻草疑惑で調査を受けることになりました。

クォン・ジヨン君は大麻草を全く咲いた事実がなかったので堂々と検察の調査に臨んだし普段と同じことに定めたスケジュールを進行していました。

だが、検査結果意の外にも毛髪でとても極微量の陽性反応が出てきたという話を伝え聞いたし大麻草を吸入した事実がなかったクォン・ジヨン君は検査結果に大きく驚かなければなりませんでした。

その原因を探そうと悩んでいる間去る5月日本ツアー中公演会場に訪問した日本の色々な関係者たちと成功的なコンサートのための酒の席に参加したことがあったがお手洗いを利用した途中ファンと推定される若い日本人の方がクォン・ジヨン君を調べてみて挨拶をしてタバコを薦めたし、好意に応じる次元で受けて2~3募金吸入したが、普段タバコ感じと違うというおかしな感じを受けて直ちに便器に捨てた記憶を想いうかべることになったそうです。

通り過ぎるように広がったささいなことだと考えたのでその間記憶さえよくやり遂げることができなかったことでしたが検査過程でなぜ'極微量'が出てきたのかその原因を探すために悩んでいる間ひょっとしてその時のそのことが

原因でなかったのだろうか? という考えに検察で当時に状況をそのまま述べることになったのです。

検察調査ではクォン・ジヨン君が意図的に大麻草を満ち足りていることではないとの事実と、極少量の陽性反応を見せたという点などを情状参酌して空疎でないことで最終決定しました。

たとえ追加的な法的な処分はなかったが今回のことによって"クォン・ジヨン"と所属会社が担わなければならない責任感と罪悪感はそのどの処分より重いことだと考えられます

多くの大衆に大きい人気を得ている芸能人として、彼らを徹底的に管理しなければならない所属会社で、より一層気を付けられなかった点に対して心より反省して悔いています。

もう一度今回のことで心配おかけしたすべての皆さんに心より頭を下げて謝罪差し上げて二回再びこうしたことが発生しないように最善の努力を傾けます。


※余計なクチを挟む隙を与えない先手必勝的発言、でもなんとなく煙に巻かれている気も。。。いや、多くは語るまい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。