★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ‘るつぼ’児童性暴行場面が不便でしょうか
2011年09月30日 (金) | 編集 |
[批評]映画'るつぼ'子役俳優後遺症心配する言論、終わらなかった焼き付け学校事態

コン・ジヨン作家の同名小説を映画化した'るつぼ'の人気が尋常でない。 22日封切りした'るつぼ'は累積観客90万人を突破して興行1位にのぼった。 去る8月序盤封切りして6百万観客を突破した'最終兵器弓'の興行傾向が停滞されるクァク・キョンテク監督の'痛み'など関心を集めた作品が予想ぐらい力を発揮できないなど目につく競争作がない点も'るつぼ'興行の原因だが言論は映画が持った'本当の力'に注目した。

2000~2004年まで光州焼き付け学校で広がった校長と教職員による障害者学生性暴行事件が権力によって埋められたようにした事件は2005年11月< PD手帳>の報道で世の中に知らされた。 コン・ジヨン作家はこの事件を取材して'るつぼ'という題名の小説で2009年ポータルサイト ダウムに連載した。 その後俳優コンユは軍生活当時中隊長の推薦でこの小説を見て'これが実話だなんて'という怒りとともに27枚映画請願書を出版社に出すなど映画化に精魂を込めたし主演まで引き受けて話題を呼び起こした。

言論は'原作ぐらいよく作られた映画'という評価とともに'信じられない残酷な真実'に対する'観客の怒り'がシナジー効果を起こしたとし映画の興行に注目した。 コン・ジヨン作家の小説がポータルに連載される時も'信じられない事件'に対する読者の怒りが起こったが'映像が持った力'がその怒りをより大きく発火させたとのことが言論の分析だ。

また、スター俳優コンユが多い言論を通じて'残酷な事件が真実'というメッセージを投げたのも功を奏した。 多くの観客は映画の重たいメッセージに驚いてこの事件が実際に広がったことであったという事実に二度驚いた。

20110930-1.jpg
東亜日報9月26日付13面.


興行成功を眺める言論の視線

だが、一部言論は'見にくい' '子役俳優の性暴行場面に問題がある'という論理で映画を眺めることもした。 韓国映画で試みられなかった残忍な場面が実際子役俳優たちの演技と表現されたという事実と共に'子役俳優の後遺症'を心配する姿だった。

映画'るつぼ'は封切り前から'児童性暴行'場面で言論の関心を受け入れた。 実際に小説を映画に移したファン・ドンヒョク監督のインタビュー大部分が'児童性暴行'場面をどのように撮影したかに集中しているほどであった。 監督は数回"両親立ち会いの下で場面を撮影したし敏感に見える場面などは編集の結果であるだけ実際撮影会場の姿は違った"と解明したことがある。

東亜日報は26日付記事を通じて"(るつぼ)が子供性暴行場面などを行き過ぎるほど具体的に描写してその主題意識と違い子役俳優はまともに保護されなかったという批判が出てきている"として問題意識を表わした。

また、映画会社が"両親立ち会いの下で場面を撮影した"という解明を出したがこれには"児童保護に不足するということが専門家たちの指摘"としながら"(専門家たちは)映画的に必要でこのような描写を入れたといっても子役俳優の心理状態などに対して事後措置が必ず必要だ"という指摘を継続した。

また、米国のシステムを例にあげて"子役俳優は6時間以上撮影をしないで、スタッフに子供に対する方法を教育することなどがマニュアルに定められた点が印象的だった"と伝えた。 最後に関係者の話を祈って"ハリウッド映画では児童に対する虐待や性暴行を詳しく描写した作品を見たことがない。 私たちの映画が唯一過度に刺激的に行くようだ"と厳しい忠告を与えた。

インターネット言論OSENも26日付記事を通じて'るつぼ'の'不必要な刺激的再現'この問題とし"に充ちた俳優らを相手にした描写は不必要なほど程度が高いという指摘がある"という記事を送りだした。

言論のこのような指摘は'るつぼ'の児童性暴行場面が向き合うのが難しい程不便だという認識から出発する。 見ても大変な程残酷な場面を実際に演技した成長期の子役俳優らに悪い影響を及ぼす恐れがあるという指摘だ。

画面で見ても不便な真実、実際には...

言論の指摘は妥当だ。 'ルツボ'には向き合いにくい場面が出てきて彼を演技した子役俳優は'立派だ'という言葉だけで補償を受けにくい大変な過程を経たことが明らかだ。 子役俳優の後遺症は事後にも繊細に管理されなければならない部分だ。 だが、言論が指摘するこの'不便'が心一角で'不便'日が沈むのはなぜであろうか。

それは映画が入れた現実より実際の現実がより一層残酷だったためだ。 コン・ジヨン作家は"光州焼き付け学校性暴行事件を小説で書くことに決心した後取材に出たが'とてもぞっとして'取材事実の半分だけを小説に移した"と打ち明けたほどだ。

映画'るつぼ'のファン・ドンヒョク監督は言論を通じて"映画は小説に描写された程度の半分程度を入れた"と話した。 かえって"とても弱くするならば事実をわい曲するようで心配もなったが映画ですべて見せることができないと思い全部扱うことができなくて単純にさせた"と話すこともした。 言論が向かい合いにくいと指摘した場面の何倍で実際起きたことがぞっとしたという証言であるわけだ。

ハンギョレは25日付記事<あなたもこの現実に目をとじたいのか>を通じて"'るつぼ'がぞっとすると話す前に'るつぼ'に入れられた'代替された'現実が実際広がったことの半分さえ表わしにくいという事実に悲しまなければならない"と話した。 また"そのように縮小された現実がスクリーンにあらわれるのが'とても不便だ'で不平を言う人々もいる。 不便だ、増えた話は時にこのように無責任で残忍だ"と'不便'が真実を覆ってしまうこともできるという事実に注目した。

光州焼き付け学校の性暴行事件の加害者は'前科がなくて被害者と合意したという'理由で2008年7月全部執行猶予で解放された。 その中一部は学校教職員で復職したし、真相を外部に暴露した職員は解任された。 加害者が被害者らに約束した治癒と補償などは守られなかったと知らされた。 学校は相変らず数十億ウォンの予算を支援されていて財団法人'隅石'は最近校名を変えるための手続きを踏んでいる状態だ。

焼き付け学校性暴行対策委は"事件が終わらなかった"として闘争を継続している。 性暴行対策委は25日ダウム、アゴラに請願(清原)方を作って光州焼き付け学校事態を再捜査することを要請した。 5万人を目標に始まった署名に二日ぶりに2万人余りが署名した。 だが、一度出た判決を取り返しがつかないという'一事非再審理'の原則により再捜査は不可能だという観測がある。

言論が不便だと指摘した場面の何倍で残酷なことが起きたが2005年当時言論は事件に関心を見せなかった。 < PD手帳>のように勇気ある言論もあったが多数の言論の過去記事で'光州焼き付け学校'という単語を見つけるのが難しい。

司法府が軽い処罰をおろして加害者らを世の中にまた送りだしたのも言論のこのような'職務遺棄'が一つの原因であることを察することは難しくない。 だが、このように埋められるところだった事件はコン・ジヨン作家の勇気と俳優コンユの'鋭い洞察力'で多くの人々に知らされた。 当時の言論はその事件が'不便'で冷遇したのではないだろうか?言論は映画に借りた自身の職務遺棄を反省しなければならなくないだろうか。

[メディア今日 2011-09-27 12:40] 元記事はこちらから

※12歳前後の少年少女による破格演技場面については児童保護法違反ではないかという意見も出ているそうで(>_<)。監督、コンユくんも子どもたちへのケアには細心の注意を払っていましたが、あの方が一番神経を使っていたのでは? それが誰かは次に~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。